狂宴―④―

 サキが右人差し指で示した、女神バンクェット像。


 市とベターデイズによる共同制作物で、全部で三体がグランヴィル・アイランド内に設置されている。


 しかし、駐車場に立つ一体に、ロックは思わず目を見開いた。

 

 宴の女神バンクェット像の頭から出ている弱い光。


 光が、一糸ずつ絡み合い電磁の覆いヴェールを編み、天に流していた。


「ロック、見えるのか!?」


 ブルースの戸惑った問いに、ロックは首を縦に振った。


「バンクェット像、三体。頭から出ている電子の幕が、三体の頭から出てグランヴィル・アイランド全体に広がっている……」


 ロックの顔を見て、キャニスが松明の様なお下げを揺らしながら、


「まさか、今まで、”ウィッカー・マン”が見えなかったのは……」


「妨害電波だ。それに、アイツらの脳にも光が灯されている」


 ロックはサキに指摘され、ようやく明確になる。


 ”フル・フロンタル”と知らずに触れ合っていた、遺族及び関係者の頭に、光で出来た輪のようなものが掛かっていた。


 それが、ロックにも見え始める。


 市民に擬態していた、”フル・フロンタル”の熱源は頭に集中する。


 擬態を解いた場合、熱源は全身に広がっていた。


「もしかしたら、磁界による|Transcranial Magnetic Stimulation《経頭蓋磁気刺激》(TMS)の一種かもしれない。前部帯状回の感情と記憶を操作させて”フル・フロンタル”を”悲劇からの生存者”と思わせていたんだ!」


 ブルースは、闖入してきた”フル・フロンタル”の扁桃の首を右手の剣で落とし、吐き捨てた。


 オカルトの領域で、未確認飛行物体UFOによる誘拐がある。


 これには、ある科学的な見地からの検証が行われ、その過程から脳のある部分の活動に疑いが向けられた。


 UFO誘拐者は、意識を集中させ、過去のおぞましい体験を思い出す。その際に行われる催眠から、記憶再構成の作業における、望遠鏡の役割を担っている脳の部分を発見した。


 その名は、前部帯状回。


 その役割を果たす為には、最低が求められた。


 問題の脳の前部帯状回は、海馬の近くにある。


 海馬は、現実や虚構の記憶の比較を行う。


 だが、は却ってしまい、と海馬が誤認してしまうことがある。


 まして、本来なら有り得ない”ウィッカー・マン”の襲撃を、社会現象と片付けるには、余りにも影響力が大きい。


 三年の時を経過しても、当事者には存在しない。脳内の記憶も例外は無く、”壁”に遮られた人々は、何時までも、当事者のの中で生きているのだ。


 目の前でを焼きつけられた者も変わらない。


 しかし、ロックにとっては二つ引っ掛かることがあった。


 ――何故、今になって見え始めた?


 サキに促されてから、バンクェットの洗脳の力場と”フル・フロンタル”も使った大規模な催眠を把握が出来た。


 もう一つの疑問は、


 ――何故、サロメはこんな手間の掛かることを……。


 石榴色の口紅と象牙色の眼をした悪意の化身には、手痛い目に合わされていた。


 何故なら、ロック達が、を把握している時点で、彼女はその先で一手や二手打っている。


 こんなにも手の込んだことは、当事者が、多くなり間接的になればなるほど、足が付く愚を犯すことになるからだ。


「ロック、キャニス。二つのバンクェットを破壊する。三体が包囲して力場を作っているなら、二体壊せばいい。ロックは俺と一緒に美術館。キャニスはサキと一緒に、屋外レストランにあるものを頼む!」


 ブルースの指示で、一足早く動いたのはキャニスだった。彼女の”ラスティ・ネイル”から放たれた熱榴弾が炸裂させ、”フル・フロンタル”の残骸を積みながら、レストランへの道を開く。


 ロックの目の前で、サキは電子励起銃を構えていた。武器の出どころを探すと、引き金を握る右手、銃身を支える形で横たわる人型の炭だった。


 戦う意志を衰えさせていない、サキの当然の反応に、ロックは戸惑う。


 サロメが、サキのことを放っておく筈はない。


 そう睨んでいたが、


「ロック、サロメがサキに何かを仕掛けているのは、分かっている。遅いかもしれないが、今、動かないと、確実にになる」


「大丈夫、サキちゃんは私が守る!」


 ブルースとキャニスの言葉に、ロックは己を奮い立たせた。


 右手の”ブラック・クイーン”に意識を集中させる。


 翼剣の先端を右脚側に引いた、イタリア式剣術の”真・鉄の門の構え”を保ちながら、前傾姿勢で駆けた。

  

 目の前に現れた、”フル・フロンタル”の青く明滅する左手刀が、剥き出したロックの左首筋を捉える。


 彼は、両腕を構えた。青く揺らめく指刃が、逆手に持ち替えられた剣の護拳を突く。


 貫通せず、護拳に遮られ、光や音の回折性による飛沫が生じた。青い光の煙幕に、ロックは自らの左手を突き出し、”フル・フロンタル”の右手首を掴む。


 彼は、右肘を上から両断すると、勢いを殺さずに、剣で時計回りの斬円を背後まで描いた。灰色の小人の両脚の膝から下を残し、軌道にそって切り取る。


 ロックは、分離させた胴体に、右足を叩きこんだ。直蹴りで、”フル・フロンタル”の胸像が打ち上げられた。弧を描いて落下した扁桃頭の胸像は、後続の銀扁桃人形がドミノ倒しに追い込まれる。


 彼は、逆手の”ブラック・クイーン”の護拳から延びる翼の刃を、”フル・フロンタル”の胸像の左袈裟から右肩に薙いだ。

 

 切先は、あと少しのところで、”ウィッカー・マン”に当たらない。


 だが、剣から炎が噴出。まるで弾道噴進爆弾の様に、ロックは飛び出した。


 彼の繰り出した下から上の斬撃が、巻き上がる炎の髪となり、五体の”フル・フロンタル”を焼き払う。


迷える者の怒髪ブィル・アヴァラ


 噴進火炎工法に使われる航空燃料を、ナノ制御による疑似物理現象で生成。


 航空燃料による噴進火炎は、岩石の穿孔だけでなく、切削、破砕に粉砕も可能とする程、高速で高温である。


 その苛烈な熱源から得られた攻撃力と動力により、ロックは、後に続く”フル・フロンタル”の顎から眼窩に掛けて抉った。


 ロックは、背後にいた”フル・フロンタル”の三体も、返す刃の高温で高圧な炎の旋風で呑み込む。睨まれた邪な魂を浄化させんとする巨人の紡ぐ炎の煌きが、ロックを包んだ。


 炎の一撃から放たれた轟音は、ロックの周囲も震わせる。


 その音に驚いた群衆は、二手に分かれた。


 ロックの攻撃か、”ウィッカー・マン”から逃げたいのか。


 或いは、両方からか。


「ロック、サキとキャニスが気になるのか?」


 ブルースの声が、背後から聞こえる。


 陽気な声を出す、苔色の外套の男の目の前に立つのは、二体の”フル・フロンタル”――もとい、ものだ。


 銀色の小人の扁桃頭が二分化され、崩れた背後には、ブルースが立つ。苔色の翼を翻しながら、ショーテルで、”フル・フロンタル”の死の手を捌いていった。


 ブルースは左腕で作った王冠で、青白い死の右手を防ぐ。彼の左手は頭を囲む軌道にそって、斬光――否、斬雷が疾走った。


 爆音と閃光の炸裂により、人形の四肢が、切り裂かれ、頭部も爆発させられていく。


 二振りのショーテル型、命導巧ウェイル・ベオ――”ヘヴンズ・ドライヴ”。


 刃で電気を操り、鍔に備えた機関銃による電磁誘導弾で、ブルースは銀灰色の人型を一体ずつ撃ち抜いていった。


 ロックは黙したまま、右手の剣を逆手に構える。前方の”フル・フロンタル”の青白く輝く右の手刀を、彼は左手で固定した右腕から延びる護拳の剣を突き出して、流した。


 しかし、ロックは、”フル・フロンタル”の右腕に”ブラック・クイーン”を食い込ませる。懐に深く入ったところで、彼は更に身を屈めた。


 ”ウィッカー・マン”の顎に到達した斬撃がロックに伝わり、銀灰人形の胴体を左腰から右肩に掛けて刃が深くめり込む。


 腰を入れて、ロックは更に踏み込んだ。“フル・フロンタル”の頭部に付いた首と左肩を、突き上げた上半身から繰り出した右拳槌で吹っ飛ばす。


 残った”フル・フロンタル”の右胸部と両脚は、二、三歩主を探すように歩いて崩れた。


 ロックの右腕の剣は、右後方を振り切る。紡がれた刃閃によって、彼の周囲にいた“フル・フロンタル”が四体、翼剣の露となった。


「……何だって?」


「そうやって、攻撃した後に聞き返さないで……心臓に悪い」

 

 ロックの生返事に、ブルースが両の掌を見せながら後退する。


「心臓に悪いと考えているなら、初めから口に出すんじゃねぇよ……」


「いや、それ絶対に聞こえてたろ!?」


 隣のブルースが叫びながら、迫りくる”フル・フロンタル”の延髄に、後ろ回し蹴りを打ち込む。脹脛と膝の裏が灰人形の首を固定。捩じれを働かせて、遠心力に任せて飛ばした。


 巻き添えに倒れた二体を、ロックは遠目に見る背後から、


とは言わんけど……」


 ――相変わらず、痛いところを突きやがる。


 ブルースの言葉を噛み締めつつ、ロックは”フル・フロンタル”の首を一つ斬り落とす。


 キャニスは、ロックにとって姉のような存在で、初めて思いを抱いたあった。


 共に戦地を駆け抜けることで、彼はキャニスへの掛け替えのない気持ちを抱き始める。それが、恋慕となるのに時間は掛からなかった。


「だが……キャニスは」


 ロックの恋は叶わなかった。

 

 しかし、残酷な運命が、キャニスに降りかかると誰が予測しえたのだろうか。


 その場に居合わせたロックが垣間見た、キャニスの触れると消えそうな後ろ姿。


 気丈な彼女との落差は、今も彼の目に焼き付いて、離れなかった。


 パブリック・マーケットの向こう側で、炎柱が上がり、ロックの思考が現実に戻る。


 キャニスのトンファー型命導巧ウェイル・ベオ、 “ラスティ・ネイル”から放たれたテルミット火炎だ。”ウィッカー・マン”の動力源に直撃し、誘爆を引き起こしたのだろうか。


「ストップ」


 キャニスに向き始めたロックの意識は、ブルースの一声で制される。


「それは、キャニスの見ているもの。ロック、は、。自分のそれを、他人に重ねるな……じゃないと、結果として人を殺すぞ?」


 ブルースの言葉と共に、緑色の雷電が轟く。稲妻が、ロックを四方に囲み周りを蹂躙し始めた。


 ロックの背後で、青い炎の手を振り下ろそうとしていた”フル・フロンタル”。それが、四肢をまき散らしながら、ロックが扁桃頭の偉業を灰燼に還したのが、ブルースの眼に映る。


「いや、人を殺す前に、が先に死ぬ。人間、現実があるからな。他人の眼で見ることを知ったら、その時点でのと同じだからな」


 ブルースは、ロックに笑いながら言った。


 彼の笑顔につられ、ロックも口を綻ばせる。


 キャニスへの気持ちは、彼女の目にしているものが違うから叶わないことを、彼は学んだ


 ロックは痛みを得たが、ブルースの様に、人間の見える領域がそれぞれ違うことを教えてくれた存在もいた。


 自分の見えるものを、一緒に見たいと考えてくれる、存在に気付かせてくれたことも。


 ふと、ロックは、ブルースの笑顔が、揶揄のそれに変貌していたのを目にし、気まずさから周囲を見渡す。


 ロックの攻撃が功を奏したのか、美術館前に立つバンクェットへの道が開かれた。


 人影はまばらになり、屋外で逃げ惑う人々の数は少ない。


 だが、多くが屋内で、ロックがブルースと共に”フル・フロンタル”と戦っている様子を窓越しに見守っていた。


 彼は、右の逆手に構えた剣を、持ち直す。頭の右側へ刀身を掲げ、切っ先をバンクェットに向ける、ドイツ流剣術の”雄牛の構え”を作った。


 ロックは掲げた刀身を、右肩の位置に下げて据える。


“鍵の構え”。あらゆる攻撃に対応する為の構えで、相手の防御を正に様に崩すことから付けられた名前である。


 右脚に力を加え、大地から得た反作用で駆けだした。


駆け抜ける疾風ギェーム・ルー”による神経の反応速度を強化し、移動速度が音速を超える。


 前傾させた姿勢で速度に乗せながら、跳躍。


 勢いに乗せ、左腰に回転を加える。右肩から突き出された”ブラック・クイーン”の刀身は、ロックの背後に担がれていた。


“憤怒の構え”。ドイツ流剣術で、あらゆる攻撃に繋げられ、防御面でも優れている。怒り任せに単調であるが、ありふれて強烈な人間の怒りを描いた構えだ。


 バンクェットの右肩から左袈裟に向け”ブラック・クイーン”を力任せに、怒りの構えから振り下ろす。


“憤激”。上方から斜め下に斬り付ける、最強の剣戟。「親父の一撃」とも言われていた。


 だが、ロックの表した憤激は、女神像の肩に届かず、切っ先すらも掠らない。


 彼の右脚への銃撃。それで、バンクェット像への一太刀を閉ざしたからだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます