狂宴―⑨―

 気付けば、ロックの視界に白い雨天が広がっていた。


 ライラが上半身に集中させた光の爆発により、吹き飛ばされたのだ。


――レーザー……いや、ビームか!?


 光は力と、そして熱も伝達する。


 ヴァージニアの撃った鉱石を散らばせた後、ライラは光の速さで移動。


 その時に発生した熱力量を収束。光熱力量を”リア・ファイル”で物質化させた剣に反映させながら、ロックの結界に衝突し爆破させたのだ。


 ロックの体は弧を描いて、グランヴィル・アイランドのパブリック・マーケットに飛ばされる。


 食品売り場の樹脂製の棚、木の陳列棚を壊した衝撃と雑音が、彼の赤い背筋を叩きつけた。


 魚屋の硝子製陳列棚が、宙を舞いながら木製棚をぶち抜くロックの背中を受け止める。


 背骨に強い衝撃が走り、意識が、一瞬だけ暗転。


 硝子の割れる音で覚醒させられながら、ロックは、血息を口から大きく吐き出した。


 仰向けに出た赤い吐息は、紅い外套よりも鮮やかに中空へ広がる。

 

 頭がざらつく感覚と、吹き飛ばされた時に入った木と鉄の味が舌上で踊った。


 上半身だけを起こすと、パブリック・マーケットの中に開いた大きな穴に気づく。


 一つは、サロメを追っかけていた時に、出来たものだ。


 その隣は、ロックが先ほど飛ばされた時に作られたのだろうか。

 

 しかし、ロックは二つの穴の先で屋外を見て、立ち上がった。


 翼剣ブラック・クイーンを構え、足元ですり潰される硝子の音が、耳をざわつかせる。


――何処から来やがる?


 電気が消え、雨の鬱屈さが広がるマーケットに、魚の生臭さと、もう一つの不快なにおいを感じ取った。


――オゾン臭……?

 

 気づいた時には、ロックはブラック・クイーンを地面に叩きつけた。


頂き砕く一振りクルーン・セーイディフ”の衝撃波が、煉瓦片と陳列台の硝子をまき散らせる。


 数欠片が煌き、宝石や鉱石ではなく、刀剣の鋭さとなり、ロックの喉を捉えた。


その煌きから生まれたのは、剣の幻影、ライラ。


 ロックは、腹の底から喉へ怒気を放つ。声ともに吐き出した横殴りに一撃で、剣を迎え撃った。目の前でライラが、力を受けた衝撃を、口の端で歪ませる。刃の様に曲げた口を作りながら、彼女は霧散。


――なんで消えた?


 そもそも、生身で戦うわけではない。その時点で、彼女たちに優位はある筈だ。


――三メートルの距離制限か?


 しかし、活動範囲についての考えを改める必要があった。


 グランヴィル・アイランドのパブリック・マーケットの天井は、硝子張りである。


 閃光が走るや否や、敷き詰められた硝子が破裂。


 曇天を背後に、鉱石の鏃の雨が、死んでいるように眠るサキを背後に携えたヴァージニアが舞い降りた。


「私たちは一緒です。それを見誤りましたね」


 雨のしずくと共に、ヴァージニアから放たれる鏃。それが、一際大きな、周辺の硝子を含め、胴体程の大きさを作った。


 巨大な硝子塊が、ロックの頭上に落とされようとしている。


 彼は、護拳に熱量を込めると、結晶に“ブラック・クイーン”越しの右拳を撃ち込んだ。


 重力熱力、物体熱力が、護拳から電気熱力の爆轟で、硝子塊が止まる。


 電流と火花が硝子塊を爆散させ、ロックの視界を覆った。


 破壊による熱力の反作用を推力に回し、ロックは背後に下がる。


 粉塵から離れ、ロックは周りを見渡した。


 赤い外套を纏った自分を映す、姿見が目に映る。


 食品に関わる者の身なりを整える為のものだろうか。


 しかし、その意図で使われることが、どころか、来ないことをロックは思い知らされた。


 ライラの急襲手段として、ロックの前にある姿見から現れる。


 鏡から現れた上半身を振り絞った刺突から熱と光が、ロックの胸を右から左に一閃した。


 致命傷には至らなかったが、血の焼ける匂いに彼は、顔を顰める。


 だが、顰めて端に釣り上げたロックの口から、衝撃により絞りだされた空気が漏れた。


 体に熱さと痛さを感じながら、振り返る。


 鏃としてはなった大きな硝子塊。


 その表面に映ったライラが振ることで、鏃から光が煌いた。


 周りを見ると包丁、測りに硝子。


 光を伝える伝導性のものが、空間を揺るがし始め、反射した光がロックへ一斉に放たれた。


「そんなのありかよ!?」


 ライラの攻撃は、指向性熱力の刃によるものかと思った。


 だが、それはあくまで副産物に過ぎないことを、ロックは身を以て味わう。


 本当の強さは、ヴァージニアの生成した物体による、反射と伝達による移動だ。


 フォトニック結晶。独特な色彩を放つオパールの様に、屈折率が周期的に変化するナノ構造体である。


 光は物体にぶつかった場合、吸収されるか分散してしまう。


 鏡は反射角を一定に保ち、鏡面反射を行っているので、鏡像を映す約90%の反射率である。


光を通さない白紙は、不安定な反射角、元の像の拡散反射の為、反射率は80%止まりだ。


 しかし、光の屈折率を100%にする方法がある。


 フォトニック結晶は、屈折率が周期的に変化する特性によって、ナノ構造が光の制御も可能にする。


 ある大学の行ったフォトニック結晶の実験は、シリコンウェハーの上に、穴の開いた窒化ケイ素の膜を加えたものに、35度の角度から、赤色の特定波長の光を当てた。


 その結果、光に含まれる光子を吸収・拡散させることなく、100%の精度で光を跳ね返すを偶然にも発見してしまう。


 フォトニック結晶の、光を吸収するが、ある角度に特定の波長の光を当てると、光源に向けて反射する性質を利用し、ヴァージニアはライラを移動させる。


 金属は、光と熱を伝える、熱媒体で光媒体と言う側面を併せ持つ。


 反射率100%でライラの熱源としての威力を減退させることなく、苦しめられたブルースの様に、周囲の反射物から死角のない集中砲火をロックにも浴びせた。


 ライラのいる静面に向き直り、ロックは右足を蹴って後退する。


 だが、ロックの左腕が光に貫かれ、二撃目は右脚を射抜いた。

 

 木製の陳列棚に身を顰める為に、ロックは上半身から右反転。


 だが、光の雨が、彼が背に置いた木製の陳列棚も打ち砕いた。


「好き放題してんじゃねぇよ!!」


 更に右反転しながら、ロックは護拳から“イニュエンド”を取り出す。


 サキの左右に立つ、ライラとヴァージニアに向けて発砲。


 半自動装填式の7発の銃弾を、連続で放った。


 撃ち終えると、ロックは装填して構える。


「銃弾なんて、効かないわよ!」


、な?」


 ロックの言葉に、首を傾げた強気のライラ。


 彼の顔を読み取った、ヴァージニアの顔。その白い肌が、更に生気を無くしていく。


 煌く弓の担い手の顔で、白い爆発が7回。


 火花と共に、電影が歪んだ。


 白い爆発と霧に、ライラの光の剣が更に乱反射を起こす。


 戸惑ったライラの顔に、ロックは右手の護拳を叩きつけた。


 サキを守るためのヴァージニアのフォトニック結晶の障壁が、目の前を遮る。


 ロックと拳がぶつかった衝撃が、周囲を吹き飛ばした。


 フォトニック結晶の盾が、ヴァージニアの前で砕ける。


 ガレアの女兵士の整った口が歪み、ライラも大きな瞳に苦悶の色を示した。


 ロックの猛禽のような目が、電影の守護女神たちの眼に爛々と輝いている。


 炎のような眼光を彼女たちに叩きつけんと、ロックはヴァージニアの顎に左の拳を炸裂。左から右に、腰を入れた回転力を伝えるよう、折りたたんだ右肘をライラに叩きこんだ。


 ”リア・ファイル”の熱出力による、電磁と空間を歪ませる程の紅い拳撃が、二人の守護者を襲う。


「剣が……出ない!」


「動けませんわ……これは、一体」


 ロックの放った銃撃は、ではない。


命熱波アナーシュト・ベハによる”定めに濡らす泪フアスグラ・ウイルイエアダサン”だ。


 水は摂氏100度になると蒸発するが、その話には語弊がある。


 例えば、熱したフライパンに水を落とすと、玉のような水滴を作る。接触する部分の水が膜を作り、そこを熱せられた場合、水蒸気が水滴の下から対流して推力を得る。


 その結果、異なる物質間の摩擦力が、無くなる。


 これをライデンフロスト現象という。


 製鉄所や鉱山で熱した鉄に、何らかの工程で誤って水を入れ、水蒸気爆発が起きるのは、その際に気泡を多く取り込んだ体積膨張によるものだ。


 ロックは、ライデンフロスト現象で変化した摩擦力が、無い水の膜をであるライラとヴァージニアに狙いを付ける。


 熱せられた空気を含んで、膨張する高温の水をに仕立てたのだ。


 本来このような攻撃は、煙幕くらいにしかならない。


 雨の中で、火花を散らせながら像を歪ませているライラとヴァージニアの姿を見て、ロックは考えた。

 

 どれだけ、命熱波アナーシュト・ベハが、”リア・ファイル”を通して、神羅万象を操っても、この世界の現象や事象を介している限り弱点はある。


 彼女たちにとって、それが水だっただけだ。


「さっさと、消えやがれ!!」


 ブラック・クイーンに銃を戻し、左袈裟斬りの斬撃を放つ。頂き砕く一振りクルーン・セーイディフによる剣の静止荷重から逆算して放たれた衝撃波が、ライラの剣を砕いた。


 破壊から生じた斥力で、サキと二人の守護者が吹き飛ぶ。


 その背後では、ヴァージニアが右手の弓を構えてロックに照準を合わせていた。


「させるか!!」


 ”迷える者の怒髪ブイル・アブァラ”の噴進燃料の炎が、右殴りにヴァージニアの弓と鉱石の矢を爆散させる。ロックが振り返り様に放った、左からの二合目で炎が更に燃え上がった。


 サキを守る電磁障壁の温度上げ、白色にして抉る。

 

 二つの力の拮抗が摩擦を呼び、力の波が周囲を震わせた。


 命熱波アナーシュト・ベハ同士の攻撃からの斥力が、ロックとサキを引き離そうとする。


 本来、戦闘の時、拮抗した場合、後ろに下がり距離を取る。


 まして、ライラがその間合いに現れたのならば。


 しかし、ロックは違った。


 右足へ掛けた全体重で、ライラの刺突を護拳で止める。


護拳の中で、全てを貫かんとする熱力を電気に変換。発生する磁場が、空間を歪ませた勢いで、護拳越しに拳を振り切った。


 苦悶のライラが更に驚愕する。


 ロックの怒号と共に、ライラの剣が折れた。


 電磁の肉が、雨の中で電散し、腕が衝撃で折れ曲がる。


 ライラの方が競り負け、後へのけ反った。

 

 ロックはその間に、電体の女剣士へ右殴りに剣を叩きこむ。


頂き砕く一振りクルーン・セーイディフの励起した電子により、鋼鉄並みに強化された刃の破壊出力が衝撃波を更に強化。


 武器一つ一つの粒子を弾かせながら、二体の電影の守護者と一人の少女を光の波が覆った。


 食品売り場の棚どころか、床も引き裂きながら、三体は、空に放たれる。


――逃がさねぇ!


 間合いを詰め、ライラとヴァージニアに肉迫。


 瓦礫を撒き散らせながら、守護者を追ってロックは雨天の空を飛ぶ。


 ”リア・ファイル”の攻撃で、命熱波アナーシュト・ベハの熱出力を奪いきれば、ライラとヴァージニアを引っ込めることが出来る。


 サキを傷つけてまで戦う程、命熱波アナーシュト・ベハの少女たちの物分かりが悪い筈も無い。


 しかし、ロックは、その考えが誤りだと知らされた。


「アンタも”リア・ファイル”を使っているなら……」


 ライラの眼に煌きが戻った。その眼に作為は無いが、サキを守るためのが宿っている。


 ロックの周囲で巻き上がった瓦礫の中で、スパンコールのような煌きが混じった。


――まさか、フォトニック結晶を極小のレベルで砕いていたのか!?


 息を呑んだロックの視線に、ガレアの女戦士の眼光がぶつかる。

 

「ヴァージニア……!!」


 声を出した時には、サキの周囲に光が煌き始める。


 無数の粒子からの光の刃が、ロックの背後を抉った。


灼熱が体幹から続けて全身を蝕み、脳から激痛が全身に伝わる。激痛は痛覚を麻痺させ、ロックの脳は重力に落ちる感覚しか感じえなかった。


 重力の軛から解放されたばかりの、足が頭と反転。


 頭から海に落ちていく。


 その上には、サキを守る二体の守護者。


 彼女たちは、落ちていくロックを見下ろす。


「サキに危害を加えないとか言いながら、殴りまくってバカみたい!」


「でも……あの人の力。何かが……」


 別々の反応を示す二人の守護者が、グランヴィル・アイランドのヨット乗り場に降り立つのが、ロックに見えた。


 ライラの敵意は、ロックという命に係わる、お節介焼きを退けた優越感で作った蔑みの眼差しに染まっている。


 眼差しに映るロックは自分を、天から落ちてきた天使の姿へ不意に重ねた。


 しかし、ヴァージニアは現状に疑問を持ちながらも、ロックのことは既にないかのように話している。


 二人の対話が遠ざかるにつれ、ロックの内で、


『貴方は常に手が届かない。今もこれからも。そして、未来永劫ね!!』


 サロメの言葉が、パイプオルガンの演奏の様に響きあう。


 雨の音が聞こえなくなるほど、その声が大きくなり、力が入らなくなった。


 手の力が失われたまま、“ブラック・クイーン”が離れようとした時、二体の守護者に引き連れられたサキの姿が映る。

 

 苦し紛れに見えたサキの横顔。


 何も分からず、寝ているかのようで、その均整な横顔は先の行事で見せた、作られたものを思わせる。


 だが、がロックの心を掴んだ。


 彼女の頬を伝う雨粒。


 それが、涙の様に見えた。

 

 それに気づかない幻の守護者。虚像を滴る雨粒が、その体に波紋と小さな花火を作りながら地に還っている。


 ただ、サキは見ず、ロックに目を据える。


 ロックの視線が、二対のそれと交錯し、目の裏に光が宿る。


 光は像を作り、人を描き、世界の断片を描き出した。


 断片の中にいるのは、三人。


 一人は、光と血に染まりながらもロックを抱きしめる少女。


 一人の少女の背後には、二つの影。


 影には、象牙色の星が二つと紅い石榴の三日月が一つ。そして、もう一人の顔も、影の上半分が割れ、吊り上げた笑みを浮かべていた。

 

 海面に入るが、水の弾けた音がロックの耳に届かない。


 水の冷たさも感じなかった。


 ただ、大きなが、彼に伝わる全ての感覚を消し飛ばす。


 彼の中を流れるのは、高炉で溶かされた銑鉄か、地脈を巡る溶岩か。


はたまた、脈動する自らのの鳴動だったのか。


 目の前を雨と共に落ちる、”ブラック・クイーン”を見て、一際大きくなったが思考を遮断。


 紅黒い光が、ロックの体から一斉に噴き出た。


 ロックの頭の中の思考は、血色に染まり、激痛がのたうち回る。


――止めろ……!?


 彼の頭に、かつてが過る。


 ロンドンとダンディーで、失った悲しみと共に上げた咆哮で、血に染め上げた路地。


 ただ、破壊を行う涙を流した少女。


――……とは、違う!!


 ロックは、過去を振り払う様に、右腕を突き出した。


 海中を漂うブラック・クイーンを手に取り、血の色の光に包まれる。


 ロックの周囲を、血色の光が、水の壁を築く。壁はブラック・クイーンの護拳を中心に、水の渦を巻きあげていた。中心に力を感じ、熱と電気がロックの全身を駆け巡る。


 彼の体から電子が励起、ブラック・クイーンを左から右へ振り上げた。


 水飛沫と電流の奔流が、フォルス川で紅と黒の爆発を打ち上げる。


 ライラとヴァージニアは、その爆心地にいるロックに茫然とした。


 ロックは、茫然とする彼女たちの二対の目に焼き付けた、自らの会心の笑みを認める。


 二人の守護者の目に映るのは、紅黒い竜巻とその中にいるロックと、彼を囲む沸騰し切った水だった。


 水の沸点は、摂氏百度。しかし、海水の沸点は、水のそれよりも高い。


 ライデンフロスト現象の様に破裂せず、熱力を長く維持し、その形を保つことを可能にするのだ。

 

 熱量は、ロックの体を浮かせる推進力を与える。


 荒れ狂う海がロックを守る様に覆い、聖書の海獣の様な咆哮を上げながら、赤黒い竜巻が突き進んだ。


 巻き上げられた波が、サキの守護者の眼の中で、赤黒い龍の体を作る。

 

 ヴァージニアの鏃が、ロックのいる赤黒龍の咢めがけて、放たれた。


 だが、届く前に、灼熱の波風に遮られる。


 ライラの剣が、ヴァージニアの前に出て、ロックを突き刺さんと伸ばした。


 しかし、光の刃が海の熱出力によって消える。


 だが、サキに近づけさせんと、体全てを張ってロックに突っ込んできた。

 

 刹那、ロックは、渦の中で一回転。その海の渦が、大きくなるや否や、赤黒い胴体をのたうたせる。


 グランヴィル・アイランドの近くで停泊しているヨットを壊しながら、サキの命熱波アナーシュト・ベハの守護者に迫った。


 紅黒い龍の胴体の鞭を、ヴァージニアが受ける。


 攻撃を防ぐ為に出したフォトニック結晶が、光を散らして砕かれた。


 ライラも加勢するが、その身を削られていく。


 ロックはそれを見て、力を加える。


 渦が三人を巻き込みながら、グランヴィル・アイランドのパブリック・マーケットを進んでいく。


赤黒い竜巻が、魚をまき散らし、美術館の絵画や彫刻もそのあとに続いた。


 ロックを纏う海水が、剣を覆う。そして、紅黒い海竜の尾の一撃として、守護者たちに放たれる。


 力が可視化され、電気熱量が血の様に四散した。


 ライラはジャケットと剣、ヴァージニアはガレアと胸部装甲を剥がされ、力の奔流による爆発に巻き込まれる。


 光に変わり、ロックの前に広がった。


 光の中で力を失い、肌を晒しながら消えていく二人の守護者。


 その中の一人、ヴァージニアと目が合う。


「まさか……あなた。いや、これは――!」


 鎧が弾け飛び肌を露わにした、弓使いの守護者の叫びが消える。


 ヴァージニアが消え、サキの前に現れる光。


 光がロックの前で爆発し、視界と言葉が閃光に覆われた。

 


 ※※※



 雨天の齎される雫が頬に打たれて、ロックは目覚めた。


 そう気づいた時、彼の背中に激痛が走る。


 微かに鼻腔を擽る鉄と肉の焦げた匂いに、顔を顰めながら目を開ける。だが、全身を駆け抜ける激痛で、瞼は半開きに終わった。


 その代わり、右の頬と腹が濡れていることに気付いた。


 雨音と共に駆け付ける、ブルースの足音が響く。


 彼の眼で、俯せて居る紅い外套を纏ったロックの姿。


 何かを言っているようだが、聞こえない。


 激痛を感じさせながら、ブルースに仰向けにさせられた。


 転がる視点の先に、サキがいた。


 彼女はエリザベスによって、抱えられている。


 制服が雨に濡れ、肌が浮いてきたので、エリザベスはジャケットを被せていた。


 だが、ロックは、そんな二人に目を見開いた。


 エリザベスがサキを抱えている背後にいる、一人の女の存在。


 二人を見下ろした彼女の顔が、弧を浮かべる。


 つまり、笑顔。


 まるで、雨と夜の帳に浮かぶ下弦の月。


 弧月が、サキの体に向けて近づくと消える。


 ロックは、光の中でヴァージニアのが、頭の中で反響した。


『これは、の罠よ!!』


 弧なる嘲笑を浮かべた女の影に、ロックの意識が暗転する。


 雨に冷えた体に伝う冷気と、を感じながら。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます