第3章 狼男

 目が覚めた時には、既に丸一日経っていたらしい。ジェラールが気を失っている間、エリクがずっとジェラールの世話をしてくれていたそうだ。

 慎重で用意周到なエリクは、寝袋や食料といった生活必需品をきちんと持ってきていた。彼が言うには、こんなことになるのは想定済みだったので、常に携帯していたという。片手に常に矛槍を持っているのに、こんな大荷物を抱えて大変だろう。自分一人だったら今頃手ぶらだったに違いない、とジェラールは思った。

 敵の脅威が去り安堵したのも束の間、彼は此処に至るまでの道を記録しなかったことを後悔した。もはや来た道を戻れないとはいえ、あの「鳥獣人」たちの集落(かもしくは集合場所)から此処がどれぐらい離れているのか、今まで野営してきた場所からどの位置にあるのか、これではさっぱりわからないのだ。

 今まで書いてきた地図にはもう書き込めない。仕方なくジェラールは新しい紙に此処を起点として地図を記していくことにした。

 いま彼らがいるのは、草がまばらに生えた開けた場所だった。前方は崖になっていて、後方に再び森が広がっていた。朝焼けなのか夕焼けなのか、薄紫色の空に遠くの山々が青くうっすらと連なっているのが見える。周囲に川や湖はない。水や食料も底をつきそうなので、翌日此処を経つことにした。

 翌朝、空はどんよりと曇っていた。いかにも雨の降りそうな空である。ジェラールたちはカハラディアに来てから既に二度雨を経験している。マントに木の樹液を塗りつけて作られたレインコートを着て出発した。

 森の中を歩き続けてしばらくすると、ぽつ、ぽつ、と雨が降り出した。やがて雨は強くなり、瞬く間にどしゃ降りになってしまった。こんな状態では視界も悪く地面も滑りやすいだろう。彼らは適当な木陰で雨宿りして過ごした。

 ようやく雨が上がったころには、既に日は高くなっていた。今日はまだろくに食事をしていないので、ジェラールはひどく空腹だった。

 森の中をうろうろしていると、前方に地面が盛り上がっているところがあった。

 近づいてよく見てみると、小山の下からシカの頭と足がはみ出ている。何者かが中途半端に埋めたようだ。

「なあエリク、ちょっと見てくれ」

 ジェラールは後ろで茂みを探っているエリクに声をかけた。

「どうしましたか?」

 エリクが早歩きで彼に近づいた。

「これ、きっと誰かの食べ残しだよな? 取ったシカを食べきれなくて、土に埋めて隠したつもりにしてるんだよな?」

 そそっかしい狩人だと思い、ジェラールは軽く笑いながら話す。

「……何を仰りたいのでしょうか?」

 エリクはジェラールが次に言わんとすることに、既に慎重になっているようだ。

「エリク、私たちは今朝ベリーを数粒食べただけだ。なのにすごく動き回っている。このままじゃ体がもたないと思うんだよ。此処にこんな栄養価のあるものが埋まっているのは、紛れもない幸運だと思うんだが」

 するとエリクが二、三歩後ずさりして首を振った。

「何を仰いますか? 駄目ですよ! これはきっと『鳥獣人』か肉食動物が獲って埋めたものに違いありません。下手に私たちが掘り起こして、目をつけられたらどうなりますか? 今度こそ無事ではいられませんよ!」

 エリクの声には危機感が感じられる。だが此処を去るのは惜しかった。辺りを見渡して「鳥獣人」や動物がいないか確認しようとする。

「私たちがぱっと見てわかるような相手ではないでしょう。残念ですが、此処は諦めるのが賢明かと存じます」

 とエリクがジェラールに言ったとき、

「何をしている」

 彼らの背後で別の声がした。

 ジェラールは声のした方を向くが、人影らしきものは見えない。

「そこから離れろ、早く!」

 彼らからそう遠く離れていない場所で、男の声が聞こえる。しかもその声は、エスニア語を喋っていた。敵国の言語とはいえ、ジェラールはエスニア人との遭遇も想定してエスニア語を習得していた。

 地面を踏みしめる音が聞こえ、木の陰から奇妙な風体の人物が姿を現した。

 頭からオオカミの毛皮を被り、曲線の幾何学模様のあしらわれたベストとなめし革の胴着をまとっている。服装は「鳥獣人」たちのそれとよく似ているが、毛皮を被った「鳥獣人」はこれまで見たことがない。腕から特徴的な羽毛は生えていないので、少なくとも「鳥人」ではなさそうだ。

 男は弓に矢をつがえてジェラールたちの前に立ちはだかった。

「君は誰なんだい? 私たちに何の用だ?」

 ジェラールもエスニア語で答えた。この男、もしかしたら「獣人」に扮したエスニア人かもしれない。

「おれはこの辺りに侵入者がいないか見張ってるんだ。此処はお前たちが来る場所じゃない。とっとと失せろ!」

 男の口調はどんどんきつくなり、矢を向けたままじりじり迫ってくる。ジェラールたちもそれに合わせて少しずつ後ずさりするが、彼は納得がいかなかった。この男は何者なのか、「獣人」かエスニア人かさえわからないのだ。

「君は、この辺りに住む『獣人間』かい? それとも本当はエスニア人なのか?」

 エスニア語での「獣人」の訳し方が少し心配だった。エスニア人には、今のジェラールの言い方はもしかしたら「獣っぽい人間」というように捉えられるかもしれない。

 答えてくれるとも思えないが、聞かずにはいられなかった。

 そのとき、猛スピードで何かが地面を蹴って迫ってくるのが聞こえた。音のした方を向くと、褐色の巨大なクマがいつの間にかジェラールたちのすぐ目の前にいた。咄嗟にエリクが矛槍を構えてジェラールの前に立ち身構えたが、クマは鋭い鉤爪の生えた腕を振り下ろし、一瞬にしてエリクをなぎ倒した。被っていた兜が外れ、長いくせ毛の金髪が露わになる。

「エリク!!」

 クマはさらに攻撃を加えようと仁王立ちになる。その直後、クマのわき腹に矢が刺さった。

「グァッ?!」

 クマはよろめき矢が飛んできた方に向き直る。矢を放ったのは、あの毛皮を被った男だ。

 男はさらに二本ほど矢を放つ。クマがエリクから注意を逸らした隙に、ジェラールはエリクを抱きかかえた。

 そばかす顔の若い護衛は無言で苦痛に顔を歪めている。幸い胴体は鉄の防具に守られていたため無傷だったが、動きやすさと軽装のため防具を付けていなかった腿は大きく引き裂かれていた。血がドクドクと吹き出し、目を背けたいほどの有様だが、そんな余裕もなくジェラールはエリクを抱えて逃げ出した。

 だが自分と大して背丈も変わらない、しかも武装した兵士をそんな長距離にわたって運べるはずもなかった。五十歩ほど進んだところで力尽き、ジェラールは倒れるように座り込んでしまった。

 背後でクマが地響きのような悲鳴を上げている。やがて静かになり、振り返ってみるとクマは倒れて動かなくなっていた。

 ジェラールはエリクの方に向き直り、傷口に手を押し当てて止血しようとする。だが指の間から絶え間なく血が噴き出してくる。

 そこへ先ほどの男がジェラールたちにのもとへ駆けつけてきた。「どけ!」と怒鳴って割り込むと、腰の布袋から厚手の布を取り出し、それを傷口に当てて両手を乗せ、体重をかけて圧迫した。しばらくして出血が治まると、男は包帯のような細長い布を取り出し、止血する時使用していた布を被せたまま傷口をきつく縛った。

 オオカミの毛皮を被っているという、見るからに野蛮そうな風体からは想像がつかないほど、男は手際良くエリクの応急処置をしてくれた。

「傷口は心臓より高くしたほうがいい。倒木に足を乗せて寝かせるんだ」

 ジェラールは男に手伝ってもらいながらエリクを抱え、朽ち始めている倒木に両足を乗せ、頭を下にして寝かせた。

「このまましばらく安静にさせておけばいい」

「ありがとう! 助かったよ!」

 ジェラールはこの命の恩人に心から感謝を伝えたが、男はクールだった。

「こんなところで何をしてたんだ? まさかヒグマの食べかけを漁ろうとしてたんじゃないだろうな」

「………………」

 男は腰に手を当て、大きくため息をついた。

「お前たち、まったく森で生活したことがないんだな。動物の死骸には近づかないなんて、常識だぞ」

 男は動かなくなったクマを見下ろした。

「お前たちのような無知な侵入者のせいで、また精霊の使いが悪霊と化してしまった……」

 男の声は悲しげになった。

「もう何度も見ている。アナト・ピズたちが動物たちに直接食べ物を与えて適切な距離を越えさせてしまい、彼らが人を襲う悪霊となってしまったのを、おれは何度も見てきた」

 今男の言った言葉に、聞き慣れぬ単語が入っていた気がする。

「……あの埋められていたシカは、もしかしてあのクマのものだったのかい?」

 ジェラールは恐る恐る尋ねた。

「ああ、そうだ。ヒグマはああやって食べかけた獲物を地面に埋める。ものすごい執着心があるから、獲物を横取りする奴を見かけたら、ただでは済まさないんだ」

 男の声はだんだん怒りを帯びてきた。

「勘違いするなよ? おれはお前たちをヒグマから守ってやるつもりなんてなかったんだからな。むしろ、ヒグマが人間を襲う事態になるのを避けたかったんだ!」

 男は歯を剥いてジェラールを見た。――――長く鋭い犬歯が一瞬見えた気がする。

 しかしクマを守るつもりだったのなら、甲斐甲斐しくエリクの手当てをしてくれたのはなんだったのだろうか。

「それは本当にすまなかったよ。私の用心棒の怪我も手当てしてくれて、世話をかけたね」

「ふん」

 男は鼻を鳴らしてそっぽを向いた。

「……ところで……君は、本当に一体何者なんだ? やっぱり、『獣人間』なのか?」

 もし目の前の男が本当に「獣人」だとしたら、今ジェラールはとても奇跡的な体験をしている。だが、エスニア語が堪能であること、頭付きのオオカミの毛皮を被って顔を隠してしまっていることから、まだ確信はできなかった。さっき長い牙が見えた気がするが、希望的観測のために見間違えている可能性もある。

 男はジェラールに向き直った。

「さっきから言うその『獣人間』ってのはなんだ? 『獣人』と言っているつもりか? それとその『エスニア人』ってのもなんだ?」

「え……?」

 今の男の問い返しにジェラールは混乱した。今男はエスニア語を話しているのに、エスニア人を知らないとはどういうことだろう。

「えぇ……? 君は、今喋っている言葉がエスニア人の言葉だっていうのを知らないのか? もしそうならどこでその言葉を覚えたんだ?」

「ふうん。今おれが喋ってるのはエスニア人の言葉なのか。おれはアナト・ピズ――外からきた人間の使う言葉として認識している。じゃあお前たち余所者の人間は、エスニア人っていう人種なんだな?」

 男のその間違いを訂正する前に、ジェラールはあることに気づいていた。露出した肩と、手の甲を覆う布の下から灰褐色の剛毛が見えていたのだ。これは間違いない、この男は本物の「獣人」のようだ!さっき見えた犬歯も見間違いではなかったのだ!

 ジェラールは興奮で胸が高鳴っていたが、必死に平静を装った。

「ああ、惜しいなあ。アナト・ピズ? だっけ? 外から来る人間全員がエスニア人というわけではないんだよ」

 とここまできたら、もう自分の素性を語るしかない。しかし、この男に正直に全て言ってしまって問題ないだろうか。

「外から来る人間にも色々国……部族って言った方がわかりやすいかな? いろんなグループとか勢力があるんだ。アルゴメア人とかね?」

 あくまで自分のことではない、というつもりで話したはずだったが…………。

「なるほど。その言い方だとお前たちはアルゴメア人だな」

「え……?」

「お前たちがエスニア人とかいう人種だか部族の奴で間違いないなら、そんなことわざわざ言わないだろう。まあ確かに、アナト・ピズにしてはいろいろ鈍臭いなと思っていたし」

 この男はよくよく勘が鋭いのか、それとも狩猟民としての勘の良さなのか、この男を目の前に嘘はつけないとジェラールは確信した。

 ところで、「獣人」だと判明したのなら、彼はずっと気になっていたことがある。

「君はどうしてオオカミの毛皮なんて被っているんだ?」

「被っていちゃ悪いか?」

 男は開き直ったように言う。

「いや……その……君のような格好をした『鳥獣人』は見たことがなくてね」

「お前におれたちの何がわかるっていうんだ。いろんなネネ・ピズがいるんだよ」

 その言い方だと男はあくまで答えたくないようだ。その上また新しい用語が出てきた。

「ネネ・ピズ……?」

「おれたち自身の呼び名だ。アナト・ピズに対する言葉で『この地に住む人間』って意味だ。お前たちはおれたちのことを『鳥獣人』と呼ぶけど、おれたちにはおれたち自身の誇りのある呼び方がある」

 男は毅然とした態度で言った。彼らにとって「鳥獣人」という呼び方は、もしかしたら気に入らないのかもしれない。

「ところでおれもお前に聞きたいことがある。此処へ何しに来た?」

 急に答えにくいことを男は尋ねてきた。毛皮越しに睨まれているのをジェラールは感じ取った。

「さっきの話でわかるでしょ。無邪気にヒグマの食べ残しをもらおうかとして……」

「そういうことじゃない。カハラディアへ何しに来たと聞いてるんだ」

 男は間髪入れずに問い直した。

「それは……その……自然調査だよ」

 男の前で「開拓」という言葉は恐ろしくて使えなかった。

「何のために?」

 男はジェラールを問い詰めるように次々と聞いてくる。

「何のためにって……ただの好奇心だよ。私は君たちを傷つけるつもりなんてない!」

 ジェラールは訴えるように答えた。「鳥獣人」――ネネ・ピズたちがジェラールたちを敵だと思って襲うのなら、それは間違いだと、せめて言葉の通じるこの男にはわかって欲しかったのだ。

「もうたくさんだ」

 男は顔を背け、ため息まじりにそう言った。近くの苔むした岩に腰を下ろして遠くを見つめる。

「そう言って、アナト・ピズはこの地を襲い続けた。アウライたちと手を組んで。お前たちもそういう魂胆だろう。この地を調べて、欲しいものと邪魔なものが何処にあるのか確かめて、後で大群になって襲い掛かる。もうたくさんだ!」

 最後に男は大声で叫んだ。どうやら、ネネ・ピズたちがジェラールたち一行を襲ったのは、こういうことだったようだ。また知らない言葉が出てきたが、もういちいち気にしてはいられなかった。

「何があったんだ?」

 ジェラールは急にネネ・ピズたちが不憫に思えてきた。確かに自分は多くの味方を失ったが、此処で彼らに思いを寄せれば、仲良くなれるかもしれない。そんな淡い期待が彼の中で生まれた。

「お前たちに話す筋合いはない」

 男は顔を背けたままだ。ジェラールは男と向き合って腰をかがめ、男と目線の高さを合わせた。彼は下唇をなめ、軽く息を吸って話した。

「……聞いてくれ。確かに……君の言うことは全く外れてはいないんだ……。この広大な大地で、私たちは祖国の仲間たちを養うものを探しているのは事実なんだ。ただ……けっして君たちを追い払ったり悲しませたりするようなことはしないつもりさ。此処でしか手に入らないものを探して、少し分けてもらえないかと思って……」

 開拓が進んだら「少し」なんて程度では済まなくなるかもしれない、と内心は思っていた。けれど、今の言葉は単なる嘘として言ったつもりはなかった。

「此処でしか手に入らないものを探す……? お前たちはどうして、知らないものまで手に入れようとするんだ?」

 男の質問はなかなか鋭い。

「ああ、そうだな。確かに。海を越え山を越えて、何があるのかもわからないのにひたすら探し続けるなんて、馬鹿げているかもしれない。でも、私たちはそういう冒険をするのが好きな種族なのさ」

 男は無言だった。今のジェラールの言葉が理解できず、呆れているのかもしれない。

「それにね、外の勢力に怯えているのは、私たちアルゴメア人も同じなんだ。このままだとエスニア人たちに襲われ支配されてしまう。そうならないために、私たちもエスニア人に負けないくらい、経済力や軍事力をつける必要があるんだ」

「で、そのためにおれたちの住んでる場所を奪おうってのか」

「そ、そんなことは言ってないよ!!」

 ジェラールは間髪入れずに否定した。

「私たちアルゴメア人は、けっしてそんな野蛮なことはしないつもりさ。さっきも言っただろう。ちょっと此処の資源を少し分けてほしいだけだって。君たち先住民族と仲良くなって、良い関係を築きたいと思ってる」

「…………」

 男は膝に頬杖をついてジェラールを凝視していた。毛皮のオオカミの吻の下から僅かに青い目が見えた。

 互いに無言の状態がしばらく続くと、男は何を思ったかふっと笑って俯いた。

「お前たちが内心どう思っているか知らないがな、今さら仲間と会えるなんて思わないほうが良いぞ」

 男は突然感じの悪い笑みを浮かべて顔を上げた。上唇の下からちらりと牙が見える。

「実はおれはずっとお前たちの様子を遠くから見ていた。また脅威になる奴が来たなって。そしたら何なんだよ。ネネ・ピズたちにあっさり殺されちまってるじゃないか。あんなとろくさいアナト・ピズは見たことがない」

「え……?」

「そしてほとんどが殺されるか彼らに連れていかれるかだったのに、お前たちだけは奇跡的に逃げ延びている。大した戦力も戦略もないのに。だから今ここでおれが脅威に感じて殺さなくてもじきにお前たちは死ぬだろう」

 男は腰を上げてジェラールを見下ろした。太陽が逆光になって顔が全く見えない。逞しい身体と肩全体を覆うふさふさの毛皮のシルエットが、先ほど襲ってきたヒグマを彷彿とさせた。

「じゃあなんで、さっきは助けてくれたんだ。ヒグマの方が惜しかったなら、私たちのことは放っておけばよかったじゃないか!」

 ジェラールは男に莫迦にされたような気持ちになり、やや語気を荒げた。

彼はふとエリクの方を振り返った。エリクは足を上げた姿勢で寝かされたままだ。

「精霊の使いの傍にアナト・ピズの死体があるのは嫌だからな。それにちょっと、話を聞いてみたいのもあったのさ。人助けでもしない限り、間近に接触する機会なんてないだろう」

 ジェラールの背後で男が言った。優しさを微塵も感じられない言い方だ。

 ジェラールは、この毛皮の男はもっと未開人らしく純朴な人かと思っていたため、正直なところ少しショックを受けていた。しかし考えてみれば、そもそもこの男は驚くほど流暢にエスニア語を話せる。ジェラールはいつの間にか、「幻の人類」と難なく会話できている奇跡を忘れていた。

「……君、本当に『獣人』……というかネネ・ピズなのかい?」

 むしろこんな言葉が口を突いて出た。

「なんだよまた」

 男が聞き返してきたが、ジェラールにはなんとなくとぼけているように聞こえる。

「どうして、そんなにエスニア語が流暢なのさ。オオカミの毛皮なんて被って顔を隠しているのさ。君はなんだかいろいろ……不思議なところが多いな……」

 ジェラールは立ち上がって改めて男の全身を眺めた。確かに、露出した肩や手の甲は灰褐色の剛毛で覆われているのが見える。

「さっきも同じこと聞いたな。そんなにおれが珍しいか?」

 男は呆れたように言った。

「どんな言葉を話し、何を身につけようとおれの勝手だろう」

 男は腕組みをして横を向いたが、すぐにジェラールに向き直った。

「とはいえ話が聞けた人間を見殺しにするのも惜しいからな。せめてその用心棒の怪我が治るまでは面倒を見てやる。ついでにお前たちでもできそうな、この森で生きる術を教えてやるよ」

 男の口角がまたきゅっと上がった。なんだかんだ言いながら、この人は親切なのかもしれない、とジェラールはちょっと嬉しくなった。

「お前、名前は?」

 自分の素性は語りたがらないくせに、男は当たり前のようにジェラールに名前を尋ねてくる。

「……私はジェラール・ロゼット。君は?」

 ジェラールはやや抵抗を覚えつつも正直に名乗り、こちらも聞いてやった。

 男はしばらく間を置いてから答えた。

「おれのことは、『狼男』と呼べばいい」

 やっぱりな、とジェラールは思った。この呼び名は、恐らく外見由来のものだろう。

「……そうか。じゃあよろしく、『狼男』君」

 ジェラールはついユーリタニア式の挨拶で、手を差し出してしまった。

「………………」

 男――「狼男」はジェラールの差し出した手を見たが、握手はしてくれなかった。


 それから「狼男」は、しばらくジェラールたちの傍でいろいろ面倒を見てくれた。エリクの包帯を取り替えたり、ベリーや獲って捌いた小動物の肉を持ってきてくれたりした。また「狼男」は、ジェラールたちがこの地を生き抜くために、獲物を罠で仕留める方法も教えてくれた。

 例えばウサギを獲る場合は、ウサギの獣道を探し、そこにスネアをかけた枝を渡しておいたり、或いはスネアにかかるとバネ木が跳ね上がるはね罠を使ったりした。リスの場合も同様で、枝と枝の間に棒を渡してリスの通り道を作り、その上にいくつかスネアをかけておく。運が良ければ、一晩の間に一本の棒に複数リスがかかっているという。

 実際に「狼男」に教わった通り罠を仕掛け、翌日、ないし数日後に確認しに行くと、思っていたよりも高い確率で獲物がかかっていた。ジェラールはユーリタニアにいる間、標本集めのために昆虫を捕まえたり釣りをしたりする以外、自分で生き物を殺すということはなかったため、いたいけな小動物たちが罠にかかって死んでいる姿を見るのは辛かった。おまけにかかった動物がまだ死に切らず、微かに動いている場合は見るに堪えなかった。そんなときは「狼男」が止めを刺していたのだが、そのとき彼はいつも小声で何か呟いていた。

 そんな具合でジェラールたちに手取り足取りいろいろ教えてくれた「狼男」だが、彼らの前では絶対に毛皮を外さなかった。彼は頭のてっぺんからお尻まで、頭と尻尾のついた灰色のオオカミの毛皮ですっぽり覆っている。しかし毛皮の尻尾の下から、時折灰褐色の別の尻尾も見えた。しかもその尻尾は、毛皮の尻尾と違って独自に動いているようだ。あちらは「狼男」本人のものだろう。

「狼男」と過ごす日数が増えるにつれ、ジェラールたちは「狼男」に対して親近感を覚えるようになった。すると不思議と、「狼男」の被っている毛皮のオオカミが可愛らしく見えるようになった。まるで生きた動物のように毛並みは艶やかで、思わず触れてみたくなる。「狼男」の顔上半分を覆うオオカミの頭は、眠っているかのように安らかな顔をしているのだ。

 だが「狼男」はジェラールにけっして毛皮を触れさせなかった。隣に彼が座ってそっと触れようとすると、さっと体を避け、獰猛なイヌのように牙を剥いて唸り声を上げてくるのだ。


 エリクの怪我もだんだん回復し、包帯も不要になってきた。自分で起き上がって身支度もできるようになると、「狼男」はジェラールたちに別れを告げてきた。

「また何かあったら助けてやってもいいが、基本的には自分たちで全部やっていくんだ。おれが教えてやった狩りや採集のしかたで食べ物は探せ。くれぐれも動物の死骸には近づくなよ」

「狼男」の言い方は、まるでわが子を一人旅に出す父親のようだった。

「ありがとう。いろいろ世話になったよ。君も達者で」

 ジェラールが礼を言うと、「狼男」は踵を返してさっと茂みの中に姿を消した。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ここまでお読みくださいまして、誠にありがとうございました。

この物語の続きは、2021年9月12日開催の「博物ふぇすてぃばる!」にてお買い求めください。→https://www.hakubutufes.info/

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

Kajaladia ―カハラディア― 雪柳 アン @yukiyanagi-wolf

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ