異世界転移やと思ったら北九州転移やったけん

作者 ぷいゔぃとん

81

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

みなさんは、北九州のイメージって何を想像しますか?

修羅の国福岡という言葉がある通り、危険な場所というイメージを浮かべる方も多いと思います。

導入部分、北九州はすでに北斗の拳並みの世紀末です。なんだこれ。

そして、読み進めて分かりました。作者の頭はぶっ飛んでいる(褒め言葉)。

頭空っぽにして読んでいくと、心の底から笑えると思います。

そして、最終的には北九州のことが頭から離れなくなっているので、是非読んでみてください。

★★ Very Good!!

世紀末世界だと思ったら、まさかの宇宙規模でした。
ってかむしろ、北九州は北九州サーバーでした。

わけが分からない? 分からなくていいんです。
とにかく、無駄にスケールの大きい北九州の世界観に茫然自失してしまいました。
さすが、スペースワールドを有していただけのことはあります。
私たちの国に、こんな半端ねえ地方があったんだなぁ……。

これから北九州へ旅行しようと考えている方、髪型はモヒカンにしとかないとヤバいですよ。ヒャッハーされますよ、マジで。

あと、新作バイ〇ハザードの舞台は、北九州で決まりだと思います。
モヒカンのゾンビが大量に襲ってくるのは凄い迫力だろうし、そこいらに不発弾が埋まってるし、ロケットランチャーも大量に製造されているから、武器にも困りません。タイラントに襲われても瞬殺ですよ。めっちゃエモいです。

今まで成人式の荒れっぷりとか、よくない偏見のイメージを抱いてしまっていた北九州ですが、この作品のおかげで、さらに重度の偏見を抱くことができました!

北九州の真実を知りたい貴方は、ぜひこの物語を繙かれることをお薦めします!
カルチャーショックを受けること間違いなし!
きっと今すぐ、バックパック片手に北九州へ旅立ちたくなることでしょう!

……私は絶対行きませんけどね!
いのちをだいじに!!

(いや、嘘ですよ? 北九州の皆さんごめんなさい。私もシロヤのパン食べたーい☆)

★★★ Excellent!!!

北九州――そこは日本の治外法権。日本の北センチネル島。毎日が世紀末。日々バイオレンス。常に車は煽り煽られ。タクシードライバーはいつもブチ切れ。バス運転手は窓から手を出して後続車にゴーツーヘル。中学の卒業式は特攻服着用のこと。終わりなき抗争。手榴弾は道にゴロゴロ。ロケットランチャーは一家に一台。

そんな北九州の聖人式の生贄として転生してしまった東京人の少女。
そして、その少女を救おうとする北九州人の少年。
相容れるはずのない東京人と北九州人の間に、種族を超えた愛は生まれるのか⁉

果たして、少女は無事に北九州を脱出できるのか⁉
少年の運命は⁉

思い出は、シロヤのパン……記憶の底に沈殿する懐かしき味。

★★★ Excellent!!!

まず最初に。北九州はいいとこですよ!
でも、この物語の北九州もまた、格別。
転移したのは、北九州。あれれ?
でも、ちょっと様子がおかしいぞ。

モヒカン? 聖人式? 生贄? 不発弾!?

物騒だけど、笑える。

そして、数々の北九州スポットをさりげなく。
個人的にはロバのパンも出してほしいとか思ったり。

それはさておき。
さあ、無事主人公 あかりは北九州から出ることが出来るか?

丁度今いいところです。

皆さまも、北九州に行きたくなるかも?
その前に、もしもの為に北九州弁?をこの物語で学習しましょう!