隠れ武術家、怪奇狩り

作者 楽山

1,458

517人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

達人級空手家の主人公、でもボッチ気質のオタク趣味で女の子ともまともに話をしたことないヘタレが、ある事件で全てを手に入れる?

どんな困難でも決して諦めない胆力を持った主人公が、武人の生き様を体現して理不尽へと対峙していく。
まさに王道の展開だが、そこに古臭いテンプレは存在せず、だがどこか懐かしさを感じさせる作品だと思います。
作者さんの文章表現力が兎に角凄まじい。
スピード感があり、ドキドキが止まりませんでした。
間違いなくおすすめの一本です。

★★ Very Good!!

SIRENを思い出させるネットの都市伝説と閉ざされた村に、高校生という組み合わせがラノベでは新しい感じでした。

空手で倒せるという安心感がすごい。※褒めてます。
ネタバレになるので詳しく書きませんが、空手があっても安全地帯が襲撃されたときは結構ハラハラしました。
夢中で読み進めて最後「どうあがいても絶望」じゃなかったときはホッとしました(´▽`)

ただ私の読み方が悪いのか、ヒロイン格の女の子3人が見分けられなくなる時があるのが気になりました。
男の子たちは異常事態での行動が差別化されていてよかったです。不良を助けたら良いやつになるのは様式美ですね!好きです!
また、主人公と梓さん以外ほぼ役に立たなかった点が残念…。


色々書きましたが大変面白かったです。
二章楽しみにしています!

★★★ Excellent!!!

 怪異にステゴロで立ち向かうという、そんな紹介の一文だけでは物足りないほどの、濃密で微細な本文であります。

 特に格闘技経験者なら、その動きを文字情報に書き起こすだけでも苦労するとは思いますが、それをわかりやすく且つイメージしやすいように描写している所が素晴らしいです。特に『熊殺し』のアレは、やってみた人間でも表現するのは難しいかと。

 一旦区切りがついたようですが、まだまだ続く様子も。今後に期待大です。

★★★ Excellent!!!

突如巻き込まれた怪異の謎。武術家は異形に出会う。
徐々に明らかになる怪異の全貌。手に汗を握る戦闘。個性豊かなクラスメイト。

これは、不気味で怖い怪異に巻き込まれた話。けれど、そこに武術家がいたのなら、物語は少しだけ意味合いを変える。

けっして忘れることのない青春の物語だ。

★★★ Excellent!!!

主人公は対人関係が苦手?ではっきり言うと影が薄い。
ただ、武術を学んでるせいか自分の中には曲げれない信念みたいなものを持っている模様。
また、自身の武術を簡単に見せる事を良しとしない。
その為、余計普段のクラスの立ち位置では低い位階にいる。
武術を学んでるお陰か非日常に舞きこまれた際も常在戦場のような気持ちを持ってるのか即座に行動を起こし怪を撃退してみせた。
この激しい対比が文面以上に主人公のキャラを際立たせてくれる。
また、他のキャラも個性的でいい塩梅であり場がシリアスになり過ぎず気軽に読めるのもまた素晴らしい。
特に、ありそうな日常的なやり取りをしそれがクスッと来るせいで没入感が増し次は次はと読むのが止められない。
この作品はまだまだ出来て間もないが付箋が既にいくつもあり少しずつ情報を開示しまたリアルにある都市伝説もモチーフにしてるせいか読者自身がこの怪はなんだと考察もできる。
本当に素晴らしい作品だ。

★★★ Excellent!!!

コアなファンが多い「中年社畜カードゲーマーの魔法少女狩り」の作者さんの新作。

登場人物の中心は高校生ですが、同世代の人だけでなく、二十代、三十代にも読んでもらいたい。それぐらいクオリティ高いです。
都市伝説
民俗学
怪異
山の怪
古武術
古流空手
どれかひとつでも引っかかれば、読む価値ありです。たぶん読んでたら時間忘れてしまいます。

文章に定評のある作者さんなので非常に読みやすいですし、武術家の主人公の動きや立ち振る舞いは格闘技経験者から見ても違和感なく、納得性が高いです。
ここまでのアクションが書けるって、作者さんは経験者どころか相当な手練れなんじゃないか、と勝手に想像しています。

まだまだ始まったばかりですが「中年社畜カードゲーマーの魔法少女狩り」ばりの熱い展開を期待しています。