復讐


はて お前には


あの慟哭が聞こえないのか


お前が蟻のように 踏み潰していった者達の


物々しい怨嗟の声が


お前は 自らの幸福に酔い 忘れたか


その代償として 何を払ってきたかを


省みもしないのか


ならば 私も お前を赦すまい



お前は忘れたか


数え切れない者の未来が


お前の我欲のために


潰されていったのを


自覚すらないのか


ならば 私は お前に贖わせよう


お前の罪過を お前の命で




(2019年 1月 30日 作詩)


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます