星流夜

作者 蜜柑桜

68

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「星が好き」という共通点を持った2人が結婚して、それからしばらく経ってからのお話。
人間とは哀しいかな、環境に適応する生き物なので、「あの時の私」と「今の私」は同じだけれど同じじゃないんですよね。
具体的に言うと、「星が好きな私」は、今や「星が嫌いな私」に変貌を遂げている訳です。さて、この「私」はどうなってしまうのか?
答えをここで言うのは無粋というものですが、ひとつだけ。
このお話を読んだあなたは、きっと。
夜空を仰ぐことになると思いますよ。