代替宮女

作者 高山良康

95

34人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

なんか、色々片付いてないというか。
結局、子宇様は宦官のまま?それ、まずいでしょ?
「表」に戻って小蘭そばにおくべきでしょ?
だって家に帰ってなにするの?
嫁にでもいくの?
家族の勝手で宮廷に放り出して、じゃあ交代なんて、酷すぎる。
家が大好き!だから帰るって言ったって、刺激的な日々から今さら普通に暮らせるはずないでしょう?
ちょっと中途半端すぎて残念。

★★★ Excellent!!!

病気になったコワーイお姉ちゃんの身代わりで、一時的に後宮の宮女として勤めることになった小蘭。

けれども、初日から美貌の宦官・子宇に目を付けられて目立ちまくり、小蘭の身代わり生活は早くも大ピンチ!


果たして小蘭は、無事に身代わり期間を務めあげられるのか⁉


もう、ヒロインの小蘭が本当に魅力的です!
いえ、子宇もすごく魅力的です!
二人のやりとりは読んでいてすごく楽しいです(*´▽`*)

……個人的には、子宇に仕える慶文さんが、小蘭に続いて、すごく好きなのですが(笑)


読みやすい文章に練られた構成。
巧みなストーリーの運びは、最後まで目を離すことができません!

ほんと面白いので、中華風に興味のある方もない方も、ぜひご一読を!