第56話

「いったいテルミの身に何が起きているのか…わしには到底理解できない。なんとか、テルミを救い出してくれないか」


 彰夫は急に自分に課せられた使命に戸惑った。


「おとぎ話みたいに、城に幽閉されたお姫様を助けに来た騎士だったらいいんですが…。申し訳ありませんが自分にそんな力などありません」


 彰夫のそっけない返事は、テルミの父を逆上させた。


「人が頭を下げて頼んでいるのに、なんだそのやる気のない返事は。もういい、帰ってくれ」

「わかってください。自分はただテルミさんに会いたくて、ここにやってきただけなんです。とにかく…テルミさんと話をさせてください」


 テルミの父は、酒をあおって返事を返してこない。彰夫は縁側に手をついて頭を下げた。


「お義父さん、お願いします」


 テルミの父親はそんな彰夫をしばらく見つめていたが、やがて諦めたように口を開いた。


「わかった、とにかくテルミの部屋のドアを開けさせてくれ。できるか?」

「自分には考えがありますから…。そのかわり、お義父さん飲んでいるそのお酒を少しお借りできませんか?」

「好きにしろ…テルミの部屋は、2階にあがった右だ」


 彰夫は、義父が台所から持ってきた日本酒の一升瓶を抱えると、礼を言ってテルミの部屋に向った。


「ああ、それから…」

「なんですかお義父さん」

「わしは今まで、娘に会いに来た男がわしをお義父さんと呼んだら、きっとその場で半殺しにするだろうと思っていたが…案外許せるもんだな」


 彰夫を見もせずに言ったテルミの父の言葉に、あらためて彰夫の膝は震える。なんて乱暴なんだ、この父娘は。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます