第39話

 西浜の海岸線はとうに日が落ちて、暗闇から波の音だけが繰り返して押し寄せて来る。足元も見えにくい浜で、彰夫はようやくテルミに追いつくことができた。


「テルミ、俺が悪かった。テルミの言う通りだ」


 彰夫は、テルミの片腕を取ると、彼の方を向かせた。テルミの黒い瞳に反射する光が、揺れているように感じた。テルミも涙ぐむことがあるのだろうか。


「テルミをちゃんと家族に紹介するべきだった。家に戻ろう。これから姉貴夫婦に紹介するから…」

「いまさら遅いわよ」


 テルミはそう言いながら彰夫の腕をはらうと、見えもしないのに波の音が聞こえる闇を見つめていた。


「彰夫は、あたしを頭の悪い女だと、馬鹿にしてるでしょう」

「馬鹿になんかしていない」

「彰夫の考えている事が、わからないとでも思ってるの」

「何のことだ?」


 しばらく闇を睨んでいたテルミだが、やがてゆっくりと言葉が口からこぼれ始めた。


「あたしとあの女を切り離して、あたしを消すつもりでしょう。それで、あの女とおとぎ話の結末みたいに、いつまでも幸せに暮らすつもりね」

「そっ、そんなことは、考えていない…」


 そう言いながらも、答える表情と少しカミ気味の返事は、その言葉の真偽を証明するには、はなはだ不適当なものになっていた。彰夫は慌てて言葉を足した。


「テルミの誤解だよ」

「だいたい、わたしとあの女とどっちが好きなの?」

「どちらも…好きだよ」

「嘘つかないで!この前あたしを抱こうとしなかったじゃない。なのに、あの女の真似をしたら抱いたわよね」

「いや、それは…」


 テルミは話を打ち切るかの様に彰夫の返事も待たずに歩き始めた。彰夫はすぐ追いかけて、彼女の前に立ちはだかる。


「テルミは、テルミ自身と好美さんとの関係がわかってものを言っているのか?」

「好美って誰よ。それがあの女だとしたら、わたしとは何の関係もないわ」


 ここから彰夫は慎重になった。

 切り離された人格に、基本人格との同一性の自覚を、どのように芽生えさせたらいいのだろうか。他人があからさまに暴露して、同一化を強要してはならないことはわかる。あくまでも自らが自然に気付くように導かなければならない。彰夫は慎重に言葉を選んで言った。


「いいか、俺が好美さんを好きなのに、テルミが嫌いになれるわけないだろう」

「意味わかんない」

「いいか、よく考えてみろ。好美さんを大好きだと言うことは、テルミの事が大好きだと言っているのと同じことなんだぞ」

「それって、いわゆる二股でしょ」

「だから…」

「あの女と並べて言われるのは気に入らないけど、わたしのこと大好きだったらそれを証明してよ」


 テルミがまた悪戯っぽく笑いながら言った。彰夫は彼女から受けた様々な仕打ちを考えると、身を固くして警戒せざるをえなかった。


「どうやって…」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます