第34話

「ぼーっとして、何考えているのよ」


 頬杖を突く肘を信子に払われて、克彦は我に返った。


「別に…」

「まったく…。かっちゃんは、昼はぼーっととしているくせに、夜になるとやたら元気になっちゃって…。最近毎晩遊び過ぎじゃない」


 確かにキャバクラ通いの夜が続いて、寝不足なのは事実だ。それにしても、昨夜は衝撃的だった。あそこで彰夫の顔を見るなんて…。


「最近。彰夫が変だと思わない」


 考えている事といきなりシンクロして、信子から彰夫の名前が出てきた。

 克彦はぎょっとしてテーブルに置かれたお茶を倒してしまった。慌てて手元にあったトイレットペーパーで、こぼれたお茶を拭く。信子は克彦の失態に首をふりながらも言葉を続けた。


「どうもさ、彰夫のやつ女と暮らしているみたいなのよ」


 入口に近いデスクで仕事をしていた美穂が、ピクリと反応した。信子は美穂に聞こえないように、顔を克彦に近づけて声をひそめざるを得なかった。


「犯罪じゃなければ、彰夫も大人だし何してもいいんだけど…。でも、たったひとりの肉親としてはやっぱり相手と会っておくべきだと思うのよね」

「やっ、やめた方がいいと思う」


 克彦は、即座に信子を否定した。日頃から従順な克彦にしては珍しい反応だ。


「どうして?」


 克彦に本当の理由が言えるわけが無かった。詰め寄る信子。


「どうしてよ?」

「…たぶん、今の同棲なんか長続きしない。すぐ別れちゃうと思うよ。すぐ別れちゃう相手と会っても無駄だろう」

「なんですぐ別れるって思うの」

「気難しい彰夫くんの性格を考えれば、一緒に暮らす相手もそのうち…。信子もそう思うだろ。」


 信子はしばらく考えていた。


「そうかもしれないけど…でも決めた。やっぱり会うわ」

「やめた方がいいって…だいたい誘っても彰夫君が連れてくるわけないよ」


 その時、事務所の自動ドアが開いて、彰夫が建て売りの建築現場から帰って来た。思いついたら、すぐやらねば気がすまないのが信子の信条だ。


「彰夫。今夜家でご馳走作るから、同棲している彼女を連れておいで」


 あまりにも突拍子もない信子の申し出に、一瞬眉をしかめた彰夫だったが、あっさりと返事を返した。


「わかった。都合を聞いてみるよ」

「えーっ?」


 克彦の絶叫に、さらに彰夫が言葉をかぶせる。


「それから、言っておくけど、同棲じゃないから。ルームシェアだから」


 それだけ言うと、彰夫は設計図面を持ってまた外へ出て行った。


「さて、今夜は何を作ろうかしらね…」


 思案顔で奥に戻る信子の背を見送りながら、克彦の膝は小刻みに震えていた。

 テルミが我が家に来るなんて…。信子がテルミに会ったら、絶対に修羅場になる。信子がテルミを気に入るわけが無い。傍若無人なテルミの言動で、こちらにも火の粉が降りかかって来るのは明らかだ。ふと顔をあげると、克彦のデスクの前に美穂が立っていた。


「なんだよ?」

「あたし…辞めさせてもらいます」


 美穂の手に退職届があった。


「だから、彰夫君の同棲なんて長続きするわけないからぁ…」


 その後事務所を閉めるまで、克彦は泣きくれる美穂を説得することで一日を費やした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます