第16話 さようなら


「さあて」

 仮想空間の技術で拘束されたリデムに、星奈せいなは壁ドンして迫った。

「質問に答えてもらおうじゃねーか」


 因みに、みんな汗や涙で顔がエライことになっているので、ヘルメットのみ解除している。


「悪の組織を裏で操っている要人は誰だ? 首都にいるのは分かっている。吐け。全員教えろ。このグズ。シラミ野郎」

「……」


 リデムは様々な外傷で青や赤に変色した顔を、ふいと背けた。口を割るつもりはないらしかった。

 千陽が歩み寄り、星奈の肩を叩いた。


「まあまあ星奈さん。弱っている者をそう脅しては可哀想だから」

「はあ? カワイソウ?」

「ちょっと、わたしと代わってもらえる? ──リデム、あなたはどうして悪の組織に入ったの?」


 千陽はしゃがみこんで、穏やかに尋ねた。


「あなたには尊敬している人がいるんでしょう。『あの方』と言っていましたね。その方が勧誘をなさったの? 素敵な方なんですか? それとも怖い人?」


 リデムが黙っていると、千陽は急に同情したようにリデムを見つめた。


「そう……とても口にできないほど恐ろしい方なんだね。可哀想に」


 初めて、リデムがピクリと反応した。

 何となく恒輝の頭に、北風と太陽、という言葉が浮かんだ。

 拓三たくぞうは何か思いついたらしく、口添えをした。


「そっかそっか……『あの方』のせいで、君は戦わされて、とっても辛い思いをしてきたんだね。気の毒に。でももう大丈夫だよ。ぼくたちが君を保護してあげるから。『あの方』の脅威から、必ず君を守──」

「あの方は恩人だ……!」


 リデムは声を絞り出した。──ようやく、喋った。


 千陽は黒いどんぐりまなこで、じっとリデムを見つめた。

 その色を見て恒輝はどきりとした。


 殺し合いをした相手に向ける眼差し──そこにはもはや殺意はなかった。


 微かなる慈悲とさえ呼べるような眼、憎しみよりも、への救済を、優先すべきだとでも言うような。


「……恩人ですか?」

「あの方は私を拾って下さった……組織のボスになるために……育てて下さった」

「ふむふむ」


 千陽は親身になって話を聞いていた。


「それは……特別な時間だったんでしょうね。分かります。わたしも、レッドになるために訓練を積んできたんですよ。ずっと閉じ籠って」

「……ふん」

「あんなに頑張ってきたのに上手くいかなくて、辛いですよね。ごめんなさい、リデム。でもわたしたちは正義の味方だから、あなたを無力化する必要があったの」

「……」

「せめてもの報いとして、あなたのお気持ちを聞いて差し上げたいのですが」

「……何故、そのような必要が、ある」

「それはわたしたちが弱い者の味方だからです」

「……弱い、だと……?」

「あなたは今、心身共に弱っている。怪我をして、コアを失って、敗北して、落ち込んでいるでしょう。だからお話を聞くのです」

「誰が」


 リデムの声が震えた。


「誰がこうした。誰のせいでこうなった。白々しい……!」

「そうですね。ごめんなさい」

「私は……私はボスになって……社会の役に立つために、存在してきた。私の存在理由はそれだけだった……のに」


 リデムは呼吸を荒くした。喋るのも難儀らしかった。


「そんなことないですよ」


 千陽は優しく声をかけた。


「わたしたちはきっとあなたに、新しい理由を与えてあげるから。あなたは生まれ変われる。


 恒輝は今度はハッとして、それから何だかしみじみするものを感じた。

 あれほど魔道の強さに拘泥していた千陽から、そのような言葉が出るようになるとは。


「……嘘だ」

「嘘じゃありません。きっと他の形で、世のため人のために生きることができる」

「……そんな」

「そこまでのケアはレンジャーとして当然の務めです」

「……ふん」


 リデムはふてくされたように黙り込んだ。


 ああ、こいつも元は人間だったんだな……と、当たり前のことに今更気付く。

 恩人に報いるためだけに戦ってきた──それが失敗に終わった、その気持ちは分かってやらないでもない。

 と恒輝が思った時、千陽がぼそっと付け足した。


「……まあ、まずあなたが役に立つのは、しょせん獄中での話だけど」

「え? しょ……」

「とにかく、皆を守るのがレンジャーの仕事。弱体化した悪の組織のメンバーたちも、当然、助けて差し上げますから」

「……君、今……」

「強きを挫き、弱きを守る。罪を憎んで、人を憎まず。それが、正義の味方の基本です。あなたが更生するのなら、もう憎んだりしない。これからは、せいぜ……ゴホン、精一杯、贖罪に努めて下さいね」


 千陽は立ち上がって、ふわりと笑った。


「……」


 リデムはなんとも言えぬ表情でそれを見上げている。


 憎しみよりも慈しみを。──でも、憎しみが消えたわけではないらしかった。


 それはそうだろう。あれほど傍若無人に暴れ回って敵を蹂躙してきたレッドが、憎悪を忘れられるはずがない。

 それでも彼女はぐっとこらえて、手を差し伸べるのだ。


 そこに彼女の芯を見た気がした。

 力を振り回す者を憎み、弱者を救う。両者は渾然一体となっている。

 それは時に、敵に情けをかけることにも繋がるようだ。

 強く優しいからこそ持てる信念……。


『──準備完了』

 突如、ホワイトからの通信が入った。

『リデムを残し仮想空間から脱出。十秒前──』


 千陽はもう一度、リデムに笑いかけた。


「さようなら、リデム」


 そして視界が白い光に包まれた。



 ☆☆☆


 というわけで本隊員たちは、本部の敷地内に戻ってきた。


「ふううー」

 星奈が伸びをする傍らで、千陽は……四つん這いになっていた。

「あれ?」

「千陽?」

「ウッ……しゅ、集中してたから、酔ってるヒマなかったけど、今、急に……オエッ」

「あ」


 すっかり忘れていた。

 こいつは仮想空間が大の苦手だったのだ。


「て、手洗いはどこだ!? せめて誰かエチケット袋!」

「便所! そこ! あたしが連れてく! 耐えろ、ちはるーん!!」


 星奈が千陽の左手を取って、足を引きずりながらも猛ダッシュする。


「が、頑張れ。負けるな」

「頑張ってー!」


 男子二人が心配げに待っていると、やがて、星奈に背中をさすられながら、げっそりとした千陽が戻ってきた。


「大丈夫か」

「うう。ごめん、星奈さん。みなさんも、おつかれさまでした、ぁ……」


 千陽は、ふらっと力無く倒れ込もうとした。


「おっと。ちはるん……ああ、失血だわコレ……」

「みんな結構やられてるもんね。早く診てもらわなくちゃ」

「ああ……」


 四人は、救援に来たグレーたちに助けられながら、病院まで向かっていったのだった。


 ☆☆☆



「悪の組織を邪魔するということは、社会秩序への挑戦に他ならない」


 それが、従来からの、悪の組織の支持者の言い分だった。


「私たちは人々の不満や鬱屈をエネルギーに活動する。それで、どれだけこの国は助けられたと思う。このところ、デモも起きない。暴動もない。無秩序に怪物が出現することもない。人々は穏やかに暮らせている。更には、壊れた道や建物の修復、シェルターの配置やビームガンの販売などによって、経済も回る。これこそ平和だとは思わぬか」


 思わない、とシャインレンジャー一同は断言する。

 誰かが傷つくことが前提で保たれる社会秩序など、紛い物だ。

 得をするのは建設会社を始めとする富裕層や、防衛省や国交省、経団連などに潜り込んで不正を働くような、ほんの一部の愚か者のみ。

 そのような強欲な“死の商人”を、のさばらせるわけにはいかない。


 不満や鬱屈が蓄積して怪物が無秩序に現れるなら、それも全てシャインレンジャーが封じてみせましょう。それこそ、はるか昔から魔道士がずっとそうしてきたように。

 組織立って意図的に破壊活動を行うことには、何の正義も無い。むしろ、破壊が計画的に断行されるため、ここ数十年は被害がより拡大しているのだ。この事実は無視できない。

 だから我々は戦った。戦って組織を壊滅させるのが、我々の責務だったのだ。


 これまで通りの、健全な平和を築き上げるために。


 ☆☆☆



 仮想空間外での出来事は、予想していたよりは悪くなかったようだ。

 グレーは鳥の怪物だけでなく、組織にまだ残っていた雑魚ザコ怪人ともやりあう羽目になったらしい。相応の負傷者は出たが、今のところ幸い死者はいない。

 リデムにやられたグレーたちも即死はしておらず、何人かは意識不明の重体ながらも、病院で何とか治療を受けている。


 情報部は無事に照彦を発見、保護した。彼のコアは砕かれてしまっていたが、辛うじて命はとりとめたという。そんな彼の指示に従い、情報部員らは捕らえられた雑魚怪人の口を割らせ、様々な情報を引き出した。

 悪の組織を裏で支援していた連中の尻尾も、もうじき掴めるという。いや、元々目星はついていたが、決定的な証拠がようやく得られたと言うべきか。


 リデムを捕らえたので、捜査にはもっと大きな進展が見込める。情報部には催眠術の魔道を使える者がいるから、これはもう勝ったも同然だ。悪の組織はじきに根本から潰える。

 ──人間相手に自白剤などの投与は認められていないが、何しろリデムは人間ではなくなってしまっている。「人間」の定義については色々と論争があるが、少なくとも現行法では、彼らの権利は制限されている。


 これから情報部は忙しくなるだろう。戦士も技術部も、助っ人として駆り出されるかも知れない。



 だが未来のことは後で考えれば良い。

 戦いが終わって、本隊員たちは満身創痍であった。


 ホワイトはボディの再構築と同期のやり直し。他四人は速攻で入院させられた。


 最も重症だったのは言うまでもなく千陽で、輸血の管に繋がれてピクリとも動かないと、同室の星奈がメッセージを寄越した。


「……」


 拓三も頭など複数箇所に打撲があり、クラクラしているようだ。

 そして恒輝は腹部の傷および筋肉痛と戦うこととなった。大人しく鎮痛剤を打たれて横になる。


 ひとまず医者による処置が終わって、安静にするようにと申し付けられた。暇になったので、メンバーたちはメッセージのやりとりをしていた。


〈飲み会は退院後におあずけだな〉

〈星奈さんそればっかりだねえ〉

〈だって盛大に祝いたいじゃねーか。恒輝だって兄ちゃんの仇とれて良かったろうが。なあ〉

〈そうだな。思ったより早く片付いて驚いている〉

〈やっぱり千陽さんの力が大きかったかな。あとホワイト、みんなも、がんばったよね〉

〈千陽の容態はどうなんだ?〉

〈寝てるよ。割と穏やかそうな感じだから多分心配いらん〉

〈そっか、良かった〉

〈今日は、あんなに無茶をするとは思わなかった。以前から捨て身の傾向はあったものの〉

〈あれなー。見ててこっちがイテテテテって思ったもんな。明良あきらの二の舞になんなくて良かったぜ〉

〈そうだな……。おれも、目の前で二度もレッドがやられるのを見たくはなかったからな〉

〈ぼくもうねる(•ω•)ノ〉

〈あ〉

〈お疲れ〉

〈……本当に寝てしまった〉

〈あたしも眠くなってきたわ〉

〈そうか〉

〈おやすみィ〉



 恒輝は、メッセージ画面を閉じた。

 自分はまだ眠くはない。

 そこで端末から本棚を開き、読みかけだった本のページを表示した。


「……」


 今日の戦いで死んでいたら、これの続きも知らずじまいだったな、などととりとめもない考えが浮かぶ。

 胴体を狙われた時は流石にヒヤリとした──今思い返してもゾクっとする。

 嫌な考えを頭から振り払って、恒輝は黙々と本を読み進めた。


 そうしてどれほど経ったろうか。ノックの音がして、ウィーンと病室のドアが開いた。


「お、起きてたか。よう」

「……アキ」


 兄が元気な姿で立っていた。

 兄は実は結構前に退院していて、今は魔道のリハビリに通っているはずだった。


「調子はどう? 大丈夫?」

「おれは軽症だから。大したことはない」

「そうか。なら良かった」

「リハビリの方はどうだ」

「びっくりするほど順調だってさ」

「……流石だな。アキには才能があるからな」

「何言ってんだ。ずっと努力してきたお前が」

「?」

「自分を卑下するのはやめなよ。前にも言ったろ、コウは強いって。しかもリデムを倒した。もうコウは、俺より立派な戦士だよ」

「……そんなことは」

「ホントに仇を取ってくれるとは思わなかったけどね……でもやってくれると信じていた気もする。はは、よく分からないな」

「……うむ……」

「ま、ともあれ、よく頑張った。俺は鼻が高いよ」


 そう言って明良は恒輝の頭をわしゃわしゃした。


「お疲れ様。本当、頑張ったな」

「や、やめろ。癖がつく!」

「天パは我が家の遺伝だから諦めなよ」

「そうではなくて」

「照れんなって。かわいい奴だなあ全く」

「かっ、かわいくなどない……!」


 なんかデジャヴだね、と言いながら、ようやく明良は手を離した。恒輝は急いで髪の毛を撫でつけた。


「全く!」


 それから少々世間話のようなお喋りをして、明良は退室した。


 急に静かになったせいか、先ほどまでは無かった眠気に襲われた。


「……ふう」


 恒輝は眼鏡を外してケースに仕舞った。

 それからもぞもぞと布団を被り、目を瞑った。


 暗い。やわらかい。暖かい。安心する。


 夢も見ない深い深い眠りに落ちるまで、そう時はかからなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます