第12話 仲間なんて


「……リデム……」


 グリーンはよろよろと立ち上がった。

 兄の仇が目の前にいる。

 どうして、怒りの衝動を抑えていられようか。


「覚悟っ」

 ふらつく足で走り出す。

「あ、グリーン、ダメですよ……待って!」

 ビターン、とグリーンは転んだ。まだ調子が戻らないのだ。

「ああ、だから言ったのに」

 レッドはそう言って、朦朧とした様子でビームガンを構えた。その場から撃つつもりらしい。

「手柄を立てるのはわたしなんですからね……!」


「二人とも何やってんだ落ち着け。早まるな」

 ブルーが冷静に呼びかける。しかしレッドが止まる様子はない。

 照準を合わせようとしながら、ふらふらっと標的に近づいていく。


 リデムは、にじり寄ってくるヨルベに一瞥をくれてから、誰にともなく言った。


「面白い。まさかこれほど早く、這い上がって来るとは」


 特に面白くもなさそうな暗い声音である。


「あ、当たり前……だ!」

 レッドが珍しく語調を荒げた。グリーンは驚き、うつぶせの状態から頭を起こした。

「あなたなんか、今すぐ粉々に……っ、しますから!」


 言うや否や、彼女は引き金を引いた。

 グリーンは固唾を飲んだ。

 レッドの破壊力がリデムに通用するものなのかどうか、これで分かる……。


 しかしレッドは、撃った衝撃でビターンと仰向けに吹っ飛んでしまった。やはりグリーン同様、本調子ではないらしい。


 そうして射出された、ちょっと頼りない赤い光の柱が、へろへろへろとリデムとヨルベを包み込もうとする。しかしその直前に、リデムは槍の穂先を振り回して“悪の魔道”で壁を作り出し、瞬時にバリアを張った。

 バチバチッと、両者の魔道がせめぎ合い、しばらくののち両者ともぱっと消え失せた。互いに勢いが相殺されたのだ。


「あ!」

「消えた!」


 ホワイトに匿われたギャラリー含め、それぞれが反応を示した。

 しかしレッドはというと、ついさっきヘルメットの後頭部をしたたかにコンクリートにぶつけたばかりらしく、ひっくり返ったまま「うう〜」と唸っている。


 リデムはそんなレッドに興味も示さず、相変わらず単調な声色で言った。

 触れたら毒に侵されてしまいそうな危険なオーラに、グリーンだけでなくヨルベも怯えているようだった。


「ヨルベ。お前……コアが壊れかけている」

「は、はい、すみませ──」

「……随分と無駄なことをしてくれた。大した損害も出せずに……。お前は、役に立たなかった……」

「リ、リデム様」

 ヨルベが焦った様子でボス怪人の顔を見上げた。

「リデム様、あたくしはまだやれますわ。確かに今日はしくじりましたが、一度出直してコアを回復させたらきっと──」

「黙れ」

「……!」

「お前の嬌声は聞き飽きていたところだ……。丁度いい。どちらにせよ、半壊した怪人など大して使い物にもならない……邪魔なだけだ……」


 リデムの持つ槍から悪の魔道のオーラが消えた。鈍く銀に光る刃が、座り込んでいる怪人ヨルベに向けられる。


「リデム様ぁ……! お、お願い、やめて」

「……」


 別れの言葉すら口にせず、リデムは槍でヨルベの胸を突いた。


「ガァッ……!」


 真っ黒な血液が、先ほどとは比べものにならないほど噴き出した。

 ヨルベは地面に倒れ伏した。


「なっ……」

 グリーンは思わず声を上げた。

「何をしている! 仲間に対して!」

「……。私は帰る……」

「無視をするな。おい!」


 リデムは煩わしそうな目でグリーンを睨んだ。


「……うるさい……。私はいらん荷物を捨てただけだ……」

「荷物って」


 グリーンはヨルベを見やった。

 レッドが彼女の元に駆け寄って、注意深く様子を確かめている。それからほっとしたように肩を落とし、近くのグレー達に指示を出し始めた。

 どうやら辛うじて息があるらしい。


(……敵には一切容赦しないあいつも、弱った者には手を差し伸べるのか……)


 そんなことを思った隙に、リデムは黒い翼を広げ、大きな尻尾で地を打って飛び立った。


「ま、待て!」

 慌てて振り返ったグリーンが叫ぶと、ははは、と乾いた笑い声が降ってきた。


「これ以上はやりすぎというものだ。お互いにな……。だが、次は私が直々に、お灸を据えるから……」

「何だって!? 降りてこい、降りておれと……勝負をしろっ!」

「そう慌てなくてもいい。いずれ近いうちに、あいまみえることになるのだから……。ふふ」


 声がだんだん遠ざかる。やがて豆粒ほどの大きさになった彼は、じわりの空の青に溶けて消えた。


「く、くそ、せっかくのチャンスを」

 グリーンは拳を握りしめた。

「まあまあ。ぼくらの勝ち、でいいんじゃないかな?」

 変身を解いた拓三は、能天気にグリーンの肩を叩いた。

「拓三……」

「最後は変な形になっちゃったけど、ぼくらはヨルベを追い詰めたんだ。リデムが彼女を見捨てるレベルにまでね。ぼくらは、勝ったんだよ」

「……そうだな。お前のお陰でな……」


 恒輝も変身を解いた。解いて、拓三の筋肉質だが細めの肩に掴みかかった。


「拓三お前、独断であんな、危ないことをしては駄目だろう!」

「ごめんね。捕まっちゃったから仕方がなかったんだ」

「何とか撃退できたからいいものの……!」


 グリーンが言い募っていると、ホワイトも寄ってきて労をねぎらった。

『拓三サン、おつです。怪我はありませんか』

「うん。確かにちょっと疲れたけど、大丈夫……わっ」


 いきなり後ろから星奈が拓三に飛びついたので、拓三は目を丸くした。


「この野郎、あんたまで寝返ったんだと思っちゃったじゃねーか! ちょっと泣きそうだったんだぞ!」

「ごめんね。でも敵を騙すにはまず味方からって、思ったから……」

「このバカ! サイコパス! すっとこどっこい! 図太い精神しやがって! こんちくしょー!!」

 どしどしと背中を殴られて、それでもいつもの笑顔の拓三だった。


「……勝てたんだな」

 恒輝は言った。突然の来襲でどうなることかと思っていたが、自分たちは勝ったのだ。

「うん。やったね」

「わはは。大勝利だ!」

 拓三と星奈も同調し、ほんわかとしたお祝いムードとなった。

『もう大丈夫ですよ、皆サン』

 ホワイトは、魅了が解けた人々を優しく誘導している。

 ああ──よかった。無事にみんな元に戻って、本当に……


 ……みんな?


 恒輝は振り返った。


 ヨルベが持ち去られた後の地べたに、千陽が膝を抱えて座っていた。

 全く喋らないし、全く動かない。

 どんよりした雰囲気を醸し出している。

 いや、どんよりどころではない。もっと差し迫った何かを感じる。

 恒輝は彼女の前に立て膝で座った。


「どうかしたか、千陽」

「わたし……」


 彼女の顔面は蒼白だった。

 俯いて意気消沈し、静かな焦燥とパニックで、その身を焼いている。


「どこか具合でも……」

「わたし、全然、役に立ちませんでした」


 彼女は苦しそうに言葉を吐き出した。まるで、とんでもない過ちを犯してしまったかのように。


「え」

「わたしなんて……」

「ま、待てよ」


 恒輝は面食らっていた。


「き、気持ちは分かるが、勝ったんだからそれでいいだろう? それに今はほら、拓三に文句とか礼とかを言うのが筋じゃないか」


「……ああ……そうですね」


 千陽は胡乱な仕草で立ち上がった。


「拓三さん。お陰でみんな助かりました……ありがとうございます」

「ううん、ぼくも。演技のためとはいえ、傷つけちゃってごめんね」

「いえ、そんな。むしろ感謝してるくらいで」

「……千陽さん、もしかして元気無い?」

「う……」

「魅了の効果がまだ残っているのかな? 今日はもう切り上げて、部屋で話でもしようよ」

「あ……ハイ」

 千陽は伏し目がちに頷いた。


 やはり、様子がおかしい。


 ☆☆☆


 傷は実際、大したことはなかった。

 医務室で手当てを受けた後、休憩室でコーヒーが淹れられるのを待ちながら、恒輝は千陽の様子を窺った。

 ずっと下を向いている。ときおり力なく愛想笑いするくらいで、あとはただ俯いている。思いつめた表情だった。

 恒輝は落ち着かない気持ちになった。申し訳なさそうに縮こまっている背中が、初めて会った日を彷彿とさせる。あれから四か月ほど経ったろうか、共に死線をくぐってきた戦友なのに、急に距離を置かれてしまったかのようだった。


「入ったよ」

 拓三が、マグカップを四つ載せたトレーを運んできた。

 恒輝は千陽の前にマグカップを置いた。

「あ、ありがとうございます……」

「何故そんなに元気をなくしているんだ」

 他の隊員にもカップを配り、自分のぶんに砂糖とミルクを投入しながら、恒輝は問うた。

「あ、わたし……ですか?」

「そうだ。折角あのヨルベに勝ったというのに」

「で、でも、わたしは何も貢献していません。足を引っ張っていただけなのに、喜ぶ資格など」

「そんなことは」

 気にするな、と言おうとしたところで、星奈が「あのさあ」と割って入った。千陽はびくりと肩を震わせた。


「は、はひ……」

「ちはるん、あんた、自分一人で戦ってるつもり?」

「え……」

「あたしらは仲間だろうが。助け合ってやっていきゃあいいんだ」

「な、仲間だなんてっ」

 千陽が意外にも噛みついたので、恒輝は驚いた。

「千陽……?」

「そんな綺麗事……! おこがましいです。わたしは、わたしなんかは、魔道で役に立たなければ!」


 千陽は言葉を詰まらせ、一旦深呼吸をした。

「すみません」

 それから下を向き、幾分声量を抑えて、続けた。

「一番強くなくちゃダメなんです。だって、強いからレッドになれた……強いからみんな認めてくれた。こうして仲間にのも、わたしが使える奴だから……。使えない──役に立たないのなら、わたしはもうただのごみで……誰にも認めてもらえなくて、仲間でいる資格はなくて。だから、ここに居場所はなくなるんです……!」


 恒輝は唖然として聞いていた。

 こいつはもしかすると、とんでもない馬鹿なのではないか、と思った。

 そして思い出していた。



 ──わたしが先代に劣る、とでもお考えですか。



 あの妙ちくりんなプライド。

 気弱なくせに好戦的な性格。


 きっと全部、このせいだ。

 千陽は最初から、強くないと仲間として認められないと思って、必死になっていたのだ。そして、仲間に見捨てられることを、ずっと恐れていた。


 そこまで思い至った時、恒輝はハッとした。


 ──おれはあの時、なんと言った?

 ──「千陽の人柄とに惚れた」。

 ──確かにそう言った。でもあれは、そういう意味ではないのに。


 厭な感情が、腹の底から湧き上がる。

 それは、怒りでもあり、ショックでもあり、また悲しみでもあった。

 そりゃあ、強くないと本隊には居られない。だがそれとは別に、共に戦いながら築いた絆というものがある。それが、こうも簡単に失われると思われていたなんて、そんな──遣る瀬無く虚しいことがあるか?


「千陽は馬鹿だ」


 気づけば恒輝は、思ったことをそのまま叫んでいた。


「ヒェッ」

  千陽は臆病な仔犬のように体を震わせた。

「この馬鹿者。何でそんなことを言うんだ!」

「あわばばば」

「ちょっと恒輝くん、落ち着いて」

「落ち着いてなどいられるか。おれたちの信頼関係を何だと思っているんだ!」

「分かってるから、落ち着いて」


 拓三の声はいつも通り穏やかだった。


「千陽さん」

「ひゃい」

「そんなに自分を卑下しないで。きみを大事に思っている人に対して、それじゃあ失礼だよ。ぼくらを含めてね」

「……? 大事に……」

「ぼくらは千陽さんが好きだよ。ちょっと失敗しちゃったところで、それは変わらないよ」

「……」

 千陽は不思議そうに拓三を見つめている。

「千陽さんはぼくらが好き?」

「? ハイ……皆さん強くてお優しくて」

「ぼくらも千陽さんが好き。それじゃダメ?」

「……」


 千陽は下を向いた。それから、細い細い声で、



「ダメじゃ……ない……」



 そして目をこしこし擦り、今度は消え入りそうな声で言った。


「……です。ごめんなさい。そんな……そんなこと考えたこともなくて……」


「ちはるん」

 星奈が唐突に言って、ガバッと千陽を抱きしめた。

「ちはるん。あたしたちは友達だ。ちゃんと仲間として大事に思ってる。だからちはるんも、信じてくれよ。あたしはちはるんに信じて欲しいよ」


「はい。……あのう」

 千陽はくぐもった声で言った。

「なんだ。何でも言ってみろ」

「わ、わたしも皆を信じたい……」

「おう。信じろ」

「でも、まだ、頭が混乱していて。えっと、その……ちょっとずつでも……いいですか?」

 星奈は千陽の目を真っ直ぐ見つめ、それからにっと笑った。

「もちろんだ」


 千陽のふさふさした頭をぽんと叩く。


「今からでもゆっくりやり直せ」

「……はい。そうしま——そうする」

「うん」


 星奈は恒輝を振り返った。


「これで大丈夫か?」

「あ、ああ」


 恒輝は戸惑いがちに頷いた。

 何やら小難しそうな事情がありそうだが、もう、怒る必要はない。

 彼女は、見えない殻を被っていた。そしていまそれを破り始めたのだ。喜ばしいことだ。

 だから、かける言葉は多くなくていい。


「共に頑張ろう、千陽。これからも」

「うん」


 千陽は照れ臭そうに顔を上げ、恒輝を見て遠慮がちに微笑んだ。


「ありがとう。よ、よろしくね」

「……うむ」


 恒輝は目を逸らしてしまった。

 諦めたとはいえ、可愛いと思ってしまうのは止められなかったのだ。


「星奈さんも」

「おう」

「拓三さんも」

「うん」

「ホワイトも」

『やったー』

 棒読み、と星奈が茶々を入れた。

『では……「ぃやっとぅぁああああ」』


 千陽が小さく吹き出した。拓三はケラケラと笑いだす。星奈はその様子をニヤニヤしながら見ている。


 いい方向への風が吹き始めたように感じる。

 今までよりも、確実に。

 

 ——これから本隊は、より強い“絆”で結ばれることになるだろう。

 もしうまくいけば、の話であるが。


「それじゃあ、戦勝祝いに」

「飲みにいくぞ、野郎共! ヒャッホーイ!」


 拓三と星奈が喜び勇んで部屋を後にする。恒輝は千陽とホワイトの手を取って、二人の背中を追いかけた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます