第11話 魅了の魔術

 ぼんやりと煙る頭の中で、しきりに呼びかけられている。

 ——ヨルベ様に従え。ヨルベ様の魅力にひれ伏せ。ヨルベ様の虜になれ。


「う、うるさい……誰が、ヨルベ様なんか」


 む?


(今、おれは、「様」とつけたのか?)


 ……そんな馬鹿なことがあってたまるか。


 だが、なんだか心が勝手に高揚し、ほわほわした気分になっている。

 意志の力で踏み留まろうとしても、思考がじわじわと侵食されてゆく。同時に、ヨルベの望みを叶えたいという衝動が湧いてくる。


 これはもう、とんでもない屈辱だった。


(イヤだ、こんなことは認められな……めろめろめろめろ)


 グリーンの体はヨルベの声の命ずるままに動き出した。レッドと相対し、走り出し、拳を固く握り、腕を容赦なく振りかぶる。

 ヘルメットの奥に、レッドの目が丸く見開かれるのが見えるようだった。


(おれは……一体何を)


 そしてグリーンの拳は、がっつりとレッドの首筋を捉えた。

 

 ——はずだった。が、空振りした。


 レッドが避けたのだ。


 ——いや、違う。


 レッドは呆然と、地面に膝をついていた。

 上半身がふらふらと揺れている。


「あらぁん……なんでその子までなってるのぉ?」

 ヨルベが顔を顰め、不快感を露わにした。

「女なのに。気持ち悪いわね」


 グリーンは、何度か瞬きをして……そして気づいた。


 ──ヨルベは、男を意のままに操るというが、

 ひょっとして。


「レッドォォォ! あんたもかっ!!」

 ブルーが叫んだ。

「なんてこった……ヨルベが操るのは男じゃねぇ。だったんだ!」

「そうだよ〜」

 拓三は言った。

「え、じゃあ、待てよ、この場でマトモに動ける味方ヤツは……」

「……ブルーアナタだけのようねぇ」

 ヨルベは戸惑いを隠せない様子だったが、やがて、クスクスと笑いだした。

「あぁ……アナタ一人を葬ればいいだなんて、赤子の手を捻るようだわ。ふふふ……おーっほっほっほ!」


 こうしている間にも、グリーンの体はまた勝手に動き始めた。

 はっと気づけばグリーンは、新しくヨルベの手に落ちたレッドと共に、ブルーの背後から彼女の腕を捕まえて羽交い締めにしていた。

 刺された傷をいとうことさえできなかった。


「クッソ、あんたら、目を覚ませ!」

 ブルーの叫びは、焦燥と絶望と悲壮感がごちゃまぜになっていた。

『レッド、グリーン。ブルーから離れてください』

 ホワイトが健気にアームで二人を引っ張るが、それにグリーンの体は全力で対抗してしまう。


「あー」

 レッドの口から声が漏れ出た。

「ヨルベ様ー。ヨルベ様」


 精神が魅了にだいぶ侵食されてしまったようだ。このままではグリーンもいずれこうなる。そうしたらブルーは、みんなは、一体どうなってしまうのだろう。


(ぐぬぬ……)

 不本意さともどかしさに、グリーンは心の中で歯ぎしりをした。

 かつて自分たちがここまで追い詰められたことがあっただろうか?

 対リデム戦の時とはまた違うピンチ。じわじわと首を絞められて、今や本隊は虫の息。崩壊寸前だ。


「これはもう勝てちゃいますね、ヨルベ様」

 拓三が言った。

「んふふ、そうねえ、タクゾーちゃん」

 ヨルベは嬉しそうに身をよじった。


「あたくし今、とぉっても楽しいわ。レンジャーどもが、あたくし一人のために全滅しようとしているんだもの。ゾクゾクしちゃう。これでリデム様にも褒めて頂けるわ!」


 ヨルベは両手を広げた。


「さあ、あたくしの可愛い下僕たち。もう一度出番よ。あの青い女をやっちゃって!」


 グリーンとレッドのもとに、ぞろぞろと増援が歩いてくる。

 ブルーとホワイトはすっかり慌ててしまった。


「ちょ、バカ、やめろ!」

『ピーッ。警告です、来ないでください』


 その様子を拓三は、ヨルベの後ろに控えてノホホンと眺めている。


「おーほっほ。なんていい眺めなんでしょう。ねえタクゾーちゃん」

「そうですねえ」

 拓三はすっと右腕を上げた。

 とすん。

 途端に、ヨルベが息を詰まらせた。

「な……なに……えっ……」


 そして、醜い金切り声が響き渡った。


 グリーンは、ふっと夢から覚めたように、頭が明晰になる感覚を味わった。

 脳内に立ち込めていた魅了の霧も、すっかり払われた。


 力を緩めた腕の間から、ブルーがつるりと逃げ出す。それでももう、再び捕まえようとは思わない。


 何だ、何が起こった。


 顔を上げてみると、拓三が、ヨルベの背中に、深々とナイフを突き立てていた。


 そしてそこから迷いなく、力を込めてざっくりと、彼女の背を切り裂いた。

 ギャアッと、ヨルベが更なる悲鳴を上げる。


「やるなら、あなたが勝利を確信した時だと決めてた」

「……!」

「あなたは強敵だから」


 グリーンは気づいて、ゾッとした。

 どす黒い返り血を浴びた拓三の表情は、どこまでも非情で、どこまでも冷徹だった。

 静かな殺意に満ちた眼をしていた。拓三のそんな顔を、グリーンは初めて見た。


「あああああ!」


 ヨルベは絶叫している。彼女のピンクの長髪は逆立ち、顔にはビキビキと鱗が浮き出し、瞳は化け猫のように鋭く尖った。ぼたぼたと赤黒い液体が身体を伝って、足元に血溜まりができてゆく。


「どうして、どうしてよタクゾー! 魅了は効いてるはずなのに」

「うん、そのはずだったんだけど……お陰で、前から気になってたことがはっきりしたよ。ぼくは恋愛をしない。アセクシャルなんだって」

「アセ……? 恋愛しないですって!?」ヨルベは素っ頓狂な声を上げた。「はああ!? そんなの人間じゃないわ!」

 拓三の眉毛がぴくっと動いた。

「ぼくは人間だよ。きみと違って」

「……」

「とにかくね、ぼくは一秒たりともきみに屈していなかったんだ。全部、演技。グリーンとレッドにだって、かすり傷程度にしか怪我させてないし」

「……そんな……」

「男なら誰でも従えられるという慢心が、きみの敗因だよ」


 拓三は、ベルトのボタンを押した。

「へんしーん!」

 グリーンの目に、その色は温かく映った。

 いつもの拓三。いつものイエローだ。ようやく、戻ってきたのだ。


 イエローが、こちらを振り向いた。ヘルメットの奥のその目は、柔らかに微笑んでいる。



「みんな騙してごめんね。でも、これからが本当のお楽しみの時間だよ」

 イエローは腰からビームガンを引き抜いた。

「さあ、動ける人は動いて! ホワイトは、みんなを安全な場所へ誘導するんだ」

『かしこまりました。避難経路を検索します。ピピピ』


「あ……」

 レッドがふらふらとホワイトのもとを離れ、イエローへ続こうとした。グリーンは咄嗟に押しとどめた。

「まだだ。無理をしてはいけない」

 事実、自分もまだ催眠から醒めたばかりで、目眩が収まらない。しかも手負いだ。これでは足を引っ張ってしまうだろう。

「でも、でも」

 レッドはふにゃふにゃと力の抜け切った様子で、それでも真っ直ぐ前を見ていた。

「わたし、お役に……立たないと」

「そんな状態では無理だろう。だが見ろ、大丈夫だ。おれたちには仲間がいる」


 グリーンが指し示した先で、ブルーはビームガンを構えて猛突進していた。

「イエロォォォ!」

 無茶苦茶にビームをぶっ放しながら、彼女はイエローの隣に並び立った。

「イエローてめえ、よくもやりやがったな! 後でシバく!」

「うん。ごめんね」

「今は一緒にヨルベぶっ潰すぞ!」

「うん!」


 士気に満ち満ちた青と黄の影が、太陽を背負ってヨルベと対峙する。


「キィエェェェェェ!」


 ヨルベは甲高く喚きながら、鞭をふるい、背後から二体の蛇の怪物を出現させた。


「出たな」


 ヨルベの三倍はあろうかというその長躯で、二匹の蛇が、鱗を赤銅色にぎらつかせて伸び上がった。


「行くのよ、ニョロ江、ニョロ吉っ!」


 シャアッと威嚇する鳴き声と共に、鋭い牙と細い舌が、二人めがけて襲いかかる。


「こんなの」

「ちょろいね!」


 イエローは蛇よりも更に高く跳躍した。蛇の頭を足場にしながら、くるくると変幻自在に宙を駆け巡り、ビームの雨をお見舞いする。

 ブルーはヨルベに向けてビームを乱射していた。そのほとんどをヨルベは、見事なムチ捌きで弾き返してしまうのだが、その反撃を逃れた青いビームは、ヨルベの腕や脚を徐々に拘束し始めていた。


 ヨルベが足に絡まる光を解こうと目を離した隙に、イエローの一発がヨルベの右手を貫き、ヨルベはムチを取り落とした。

「やっ……!」

 その動揺を見逃すブルーではなかった。あっという間に、青い光の綱でぐるぐると巻かれた怪人ロールが出来上がる。全身にバチバチと“勇気の魔道”を食らっている上に、背中には大怪我を負っているのだから、相当痛いはずだ。

 ビームの隙間から、黒い血液が滴り落ちている。

「アアアアア」

 ヨルベは苦しそうに身をよじらせた。


 ブルーは落とされたムチを遠くへ蹴っ飛ばした。そして今度は怪物ヘビ達にビームを撃ち出し、二匹の首をまとめてくくってしまった。

 蛇たちはのたうち回り、そのせいで余計に絡まって身動きが取れなくなってしまう。

 

 コンマ数秒、ブルーとイエローは目線を交わし——


 イエローは蛇へと雨を降らせた。ブルーはヨルベを縛るビームをぎゅっと締め直した。

 長く共にレンジャーを務めてきた二人ならではの連携。

 そして二人は、とどめを刺しフィナーレにかかる。


「うおらああ!」

「えいやぁ〜!」


 かくして、駅前の広場には光が満ちた。

 眩いばかりに迸る光の激流が、怪人と怪物に襲いかかる。


「ギャアアアア」


 ヨルベは絶叫して、必死に光の園から這い出した。

 体にへばりつくブルーのビームを、必死の形相で引き剥がす。

 せっかくの扇情的な服装はぼろぼろに破れていた。身体は火傷でもしたかのように痛々しい黒色で、そこここからプスプスと蒸気のようなものが立ち昇っている。

 そして呪文のように、彼女の主人の名を連呼し始めた。


「リデム様、リデム様ぁ! 申しわけありません……見捨てないでちょうだい……これでも、どんな時でも……お慕い申し上げておりますのよ!」

「は?」


 ブルーが軽蔑したように鼻を鳴らした。

 ヨルベが前のボスにも媚を売っていたのは、グリーンも知っている。色仕掛けでその地位に座り続けてきた彼女が好きなものは、相手ではなく権力だ。

 それがよくもぬけぬけと、お慕いなどと言えたものである。それも、この土壇場になって。


「ああん、リデム様、助けて。あたくし、こんな酷い目に遭ってるのよ」

 ヨルベは、ヒビが入って魔力が漏れ出ているコアを胸に抱え、ぼろぼろに傷ついた体で、天へと手を差し伸べた。


「リデム様ぁ〜ん」


 彼女が指し示した先、青空に一点の黒い影が出現した。

 それはじわじわと染みのように広がった。

 地上に影が落とされる。漆黒の風が吹く。

 あたりは薄暗く、不気味な雰囲気に包まれた。


 グリーンは無意識に、レッドを庇うように肩を抱き寄せた。

 ……ちょっとどきどきするだとか、余計なことを考えている暇はない。


 広まった染みから、一つの影がゆっくりと降りてきた。


 悪魔の翼、竜の尾、肩まで届く青緑色の長髪。紫に光る細い瞳と、尖った耳。堅い鎧に身を包み、手にはお馴染みの、”悪の魔道”の技術が施された長い槍を携えている。


 ブルーとイエローの射撃を、あの日のように簡単にバリアしてみせた彼は、悠々と駅前に着陸し、無表情に辺りを見回した。


「……みっともない有様だな」


 ぼそっと吐かれた冷たい呟きに、グリーンは身体が芯から震える思いがした。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます