第8話 想いは儚く


 しばし、両者の間に沈黙が下りた。身じろぎさえできない緊迫――それを破ったのは、レッドの号令であった。


っ!」


 レンジャーたちは一斉に引き金を引く。しかしその時にはもう、ニーゴスはその四本の健脚で跳び上がり、建物の壁を蹴って宙へと舞い上がった。すかさず、空から“悪の魔道”で創られた矢の雨が降り注ぐ。


 ブルーが今撃ったばかりのビームを咄嗟に引き伸ばして、大きな傘を作り上げた。それと矢とがぶつかり合って、激しく火花が散った。

 その隙にニーゴスは背後に回り、再び魔道の豪雨。レンジャーたちは散り散りになってそれを避けた。


「わあっ」


 矢に左足を貫かれたレッドが、地面に倒れ伏した。

 起き上がろうとするレッドの前に、ニーゴスが立ち塞がる。硬い蹄で彼女を足蹴にしようとしたニーゴスの肩を、イエローのビームが撃ち抜いた。彼がよろけている内に間一髪で体勢を立て直したレッドは、拳を固めて殴りかかったが、ニーゴスはそれをヒラリと避ける。


「まだまだっ!」


 レッドは二度、三度と拳を振るう。それを軽業師のように見事に躱し続けたニーゴスは、気づいていないようだった。

 自分が、背後で息を潜めていたグリーンのもとへ、誘導されていることに。


「そこだ!」


 グリーンの気合たっぷりの声にハッと振り向いたニーゴスは、その首筋にレッドの渾身の一撃を食らった。


「ぐゥ……ッ!」


 目を白黒させて苦しむニーゴスの青い顔面に、グリーンは拳を振り下ろした。そして反撃の暇も与えず、その馬の胴体に体当たりをした。

 ニーゴスは横倒しになった。必死にもがく怪人に向け、グリーンは満腔の力と魔道を込めて、パンチをお見舞いした。

 ニーゴスの体が、グリーンの魔道によって鮮やかな緑の光を発し──そしてグリーンは、彼の魔道のコアが壊れる音を聞いた。


「……」


 ニーゴスは白目を剥いて気絶している。


「勝った……」


 グリーンは呆然と呟いた。


「……勝った。勝ったぞ……!」


 喜びが震えとなって全身を駆け巡る。思わずグリーンは雄叫びを上げていた。


「よっしゃあぁぁ!」


 仲間たちが駆け寄ってくる。肩や背中を力一杯叩かれながら、グリーンは勝利の味を噛み締めた。


「勝った……勝てたぞ、おれたちは!」



 ☆☆☆



 ──そういう訳で、恒輝は、例の誓いを果たすことになってしまった。


 誰もいなくなった休憩室で、恒輝は千陽と向き合っている。

 心臓がどくんどくんと脈打つ音が、鼓膜を震わせる。制御できない焦りと緊張が、頭の中を支配している。

 今になっても、この告白をするのが本当に正しい選択なのか、本当に意味のあることなのか、ひどい迷いと抵抗感がある。

 だが──。

 恒輝は唾を飲み込んだ。


「……迷惑千万であることは承知している」

「え?」

「これはただの、おれの自己満足にすぎない。だから、頼むからすぐに忘れてほしい……」

「な、何でしょう」

「──好きだ」

「…………え」

「千陽の強さと人柄に惚れた。せめて伝えるだけでも、と思って……その、だな……」

「………………」


 千陽は目を激しく泳がせ、口をぱくぱくさせた。


「……あの」

「すまない。用は、それだけだ」

「あの……」

「む?」

「ごめんなさい……」


 囁くように言われた言葉に、恒輝は予想以上に気持ちが落ち込むのを感じた。

 分かっているはずだったのに、つくづく自分は愚かだ。


「あの、お伝えしていなかったわたしが悪いのですが、わたし、レズビアンで」

「……うむ」

「それに、好きな人がいて……」

「うむ」

「だから……お応えできず、申し訳ないです……」

「いや、千陽が謝ることではない。こちらこそすまなかった」

「そんな。謝らないでください」

「……」

「……あの」

「……では」


 そういうことだから、と部屋を後にしようとした時だった。

 ドアの外、すぐ側から声がした。


『星奈サン、拓三サン、お疲れ様です。お帰りにならないのですか?』


「!?」


 千陽と恒輝は揃って息を呑み、驚愕の表情で振り向いた。


「…………あ、お疲れーっす。じゃあなホワイト」

「ばいばーい……」


 そそくさと立ち去ろうとする音が聞こえる。恒輝は慌ててドアに駆け寄り、開け放した。


「お前ら……聞いてたのかっ!?」


 星奈と拓三は、気まずそうに視線を交わした。


「……ああ。ごめんな?」

「ごめんね」

『千陽サン、恒輝サン、こんにちは。今日もお疲れ様です』

「ああ、お疲れ。……ではなくてだな、お前ら、盗み聞きなど趣味が悪いぞ!」

『……おや! お二人は盗み聞きをなさっていたのですね。これは失礼いたしました』

「ホワイト、お前ちょっと黙ってろ。……悪い、恒輝。何だかさっきから様子が変だったから、気になってたんだよ」

「ね。まさかこんなことだったなんて、おもしろ……ううん、残念だったね」

「拓三、今何と……」

「ごめん! ごめんってば!」

「笑っているではないかっ!」

「お二人とも……ひどいですよ」


 千陽はそっぽを向いていたが、耳が真っ赤になっていた。


「悪かったって。……おし。二人とも。今日は飲みに行くぜ」

「……飲みに?」

「戦勝祝いと慰め会だ。みんなでパーッと飲もうぜ。な? いいだろ、拓三?」

「そうだねえ」

「ハイ決定。さあさあ準備して。退社退社」


「……」


 恒輝は文句が言い足りなかったが、流されるようにして居酒屋へと向かうことになった。


 ☆☆☆


 カンパーイ、とグラスが五つ合わさった。

 恒輝と星奈はビール、千陽はカシスオレンジ、拓三は烏龍茶、空のグラスはホワイトのもの。


 星奈は一杯目を飲み干し、すぐさま二杯目を注文した。

「かーっ。やっぱり勝った後の酒は美味いなあ」

「おじさんみたいだよ、星奈さん」

「花も恥じらう乙女に対しておじさんは無ぇだろーがよ、拓三」

『花が恥じらうとされる年齢には諸説あるようですが、星奈サンの場合は十年ほど遅いでしょう』

「あってめホワイト、言いやがったな。シバくぞ!」

『シバかれたら壊れてしまいます。ホワイト八号の完成には今しばらくかかります』

「あははははは」

「いーか七号、覚えとけ。女は幾つになっても乙女なんだよ。どんな女性でもレディとして扱うのが紳士の嗜みってヤツだ」

『ワタクシに性別はございませんが、承知しました。データを書き換えておきます』

「おう。そうしろそうしろ」

「……」

「ふふっ」

「……あのなぁ。二人ともいつまでもシケたツラしてんじゃねーよ。飲みの時くらい楽しくやらにゃあ、人生やってけないぜ? なあ拓三」

「まあぼくはアルコール受け付けないけどね」

「聞く相手間違えたわ。ほら恒輝、ぐいっと行けぐいっと。どうだ、気分が変わるだろ?」

「そうだな」

「ほれほれ。そしたら刺身でも食え。ほらこれやるから」

「……ああ」

「それにしてもすごかったよね〜、今日の恒輝くんの演技」

「それな。お前カタブツだから、ああいうの苦手だと思ってたんだけどよー、やるじゃんか。『おれが、お荷物だと?』とかさー! ニーゴスの奴、ころっと騙されて、お前のこと舐めきってたぞ。『なんだその豆鉄砲は。フフン』」

「……うむ」

「お、ちはるんも元気出せって。カシオレは美味いぞ。飲め飲め」

「わ、わたし、そんなに速く飲めなくて」

「じゃあほら、沢山食うんだな。何にする? 塩キャベツか? お、ちょうど唐揚げが来たな。ほれガッツリいけよ若者。肉は偉大だぞ」

「は、はい」

「いやー星奈さんは今日も調子が良いねえ」

「へへっ。だって楽しいもんよ、飲み会はよ。あ店員さん、ビールお願いします」

「テンポも早いね」

「お? 飲み比べでもすっか?」

「ふふっ、だから、ぼくは飲めないんだよ〜」

「そうだったな。わはははは!」

「ふふふふふ!」

『拓三サンは酔っていないのに楽しげですね』

「こういうのは雰囲気で酔うものだよ。それにぼくは、だいたいいつもご機嫌でしょ?」

『なるほど。して、千陽サンのご機嫌はいかがですか』

「えっ、わたし……? わたしは……うん、まあまあおいしいよ」

『それは良かったです。恒輝サンのご機嫌はいかがですか』

「お、おれは……」

『はい?』

「おれは、もう……こうなったらヤケ酒だ!!!」

『「ヤケ酒」ですか。真面目な恒輝サンにしては珍しい行動です』

「ほっといてやれ。真面目な奴ほど色々と溜め込んでて、急に暴れ出すモンだ」

『そうなのですね、星奈サン。勉強になります』

「ふふっ。何だかホワイト、余計な知識ばかり増えているねえ」

『余計ではございません。皆サンとのコミュニケーションを円滑にするために必要なデータです』

「千陽さんの魔道を制御するための容量は残しておいてね」

『留意します』

「あーあー恒輝、そんなに飲んで。いや、飲めとは言ったけどさ。吐くなよ?」

れは……よくなった。これからもふゅよくなるぞ」

「おう、そうだな」

「ちはるのとりにたてるくら、つよくなりゅぞ。そて親友になってみせりゅ。ほれがおるぇのもくひょーだ」

「おう。何となくだが言いたいことは分かった」

「しかひ、とてもつらいぞ!」

「そうだろうな。お前はよく頑張ってるよ」

「あああ〜ぁぁ」

「よしよし、可哀想な奴め」

「……うう」

「どうした、ちはるん」

「わたしのせいで恒輝さんが悲しんで……」

「誰のせいでもないんだよ。恒輝くんの運が悪かっただけだよ」

「ああ、お可哀想に!」

「まあマジで可哀想な奴だよな。でもこいつだっていい大人だ。そのうち立ち直るさ」

「ううあ〜。どうしてこうなの。わたしの恋も叶わない、恒輝さんの恋も叶わない……」

『これが三角関係というものですか』

「うーん、実に不幸なトライアングルだねえ……」

「ふにゃ」

「ありゃ、千陽さん顔が赤いねえ」

「ウッソだろ、カシオレ一杯しか飲んでないじゃん」

「ふにゃふにゃ」

「なんかちはるんが変な風になっちゃったぞ」

「わははは!」

「なんか恒輝くんはいきなり笑い出したよ」

「ついに壊れたか」

「ふにゃにゃ〜、恒輝さん面白〜い」

「うむ、そうだろう、おるぇは」

「まあ、放っとくか。さ、時間はまだある。飲むぞ」

「ぼくは料理を片付けることにするよ」

「じゃ、改めて。二人の傷心が癒されますように。乾杯」

『カンパイ』

「かんぱーい」



 こうして、恒輝のいっときの恋はキッパリと終わりを告げ、アルコールであやふやになりながら幕を引いた。

 飲み会のお陰なのか、その後、二人の関係がギクシャクしすぎるといったことは起こらなかった。恒輝はほっと胸を撫で下ろし、そして、いつもの日常が戻ってきたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます