第3話 お見舞いへ


 技術部に打診したところ、ホワイトの性能強化には数日かかるらしかった。

 もしホワイトがいない間に敵が暴れ出したら厄介だが、ついこの前にレンジャー側が惨敗を喫したばかり。この上で大規模な攻撃をしかけてくる可能性は低いだろう。

 ことこそが、奴らの目的なのだから。



 その後、トレーニングを終え、レンジャーたちは寮へ戻るために片付けを始めていた。


 千陽はメンバーと少し打ち解けてきたようである。はじめは怖がるようなそぶりを見せていた星奈に対しても、笑顔で応対している。


「ちはるんさあ、今度一緒に呑みに行かね?」

「あ、ありがとう……是非」

「つーか合コンしよ」

「ごっ!?」


 千陽はせきこんだ。


「す、すみません、わたしそういうのはちょっと……男の人苦手だし……」


 そもそも、出会って早々に合コンに誘うのはどうなんだ、と恒輝は思った。

 まあ、千陽は見た目純朴そうだし、遊び好きな星奈とは趣味が合わなさそうではある。だが星奈は断られても特に気にした様子でもなかった。


「あ、そう? いやー、最近、彼氏がヒモすぎてフッたばっかでさー。まあいいや。呑もう、とりあえず」

「えっと、その、はい」

「だーから敬語は要らないって。知ってんだろー?」

「ご、ごめ……ごめん。もう癖になってて……」

「ま、別に何だっていいけどな。さ、帰ろ帰ろ。寮はこっち」

「はーい。皆さん、お疲れさまでした」


 結局敬語で言って、千陽はぱたぱたと控室を後にした。


「ふむ。今日はくたびれたな」

「うふふ。帰っても一応、呼び出しには気を付けるんだよ?」

「当然だ」

 もっとも、夜間の襲撃は少なく、あったとしてもグレーたちが対応してくれることになっているのだが。


「……しかし千陽には驚かされたからな。理解が追い付かん」

「恒輝くんはちょっとお堅いからなあ。他人に対しても自分に対しても。もっとこう適当に、柔軟に考えていいと思うよ。レッドが女性だっていいし、グリーンがちょっと失敗することくらいあったっていいし。もっと気楽にね」

「拓三は適当すぎないか?」

「いやだなあ。これくらいがちょうどいいんだよ」

「そうだろうか……」

「そうそう。じゃあ、お先にね」

 拓三も部屋を出て行った。


 恒輝も書類をやっつけて、いったん個人寮へ帰った。

 着替えを済ませ、コンタクトを外して眼鏡をかける。鏡を睨み、焦茶色の癖っ毛を撫で付けた。再び出かけ、行きつけのケーキ屋でシュークリームを二つ購入してから、兄の入院している病院へと向かう。


 受付に辿り着くと、そこに見覚えのある背中が見えた。


「あのう、天堂てんどう明良あきらさんに面会したいのですが……ええ、はい。そのう」


 やれやれ。結局、共に行動することになった。


「千陽」

 恒輝が声をかけると、彼女は花束を抱えてこちらを振り返った。

「あれ? 恒輝さんもお見舞いに?」

「うむ。……一緒に行ってもいいだろうか」

「ええ」


 千陽を病室へと案内する。

 ノックをして病室に入ると、明良がベッドの中から「おう」と元気そうに片手を上げた。

 その隣で、髪の長い女性が立ち上がる。


「恒輝君。いつもご苦労様」

「こちらこそ」

「ちょっと、席を外すわね」

「いえ、おれたちにはお構いなく」

「ううん、いいの。それじゃあアキちゃん、後でね」


 彼女はしずしずと病室を立ち去った。すれ違いざまにいい香りがした。


「今の方は?」

 千陽が小声で訊いた。

「兄さんの彼女だ」

「ああ……。お綺麗ですね」

「だろー?」

 明良が得意気に言った。

「で、そちらはどなた様かな。コウの彼女? ついにできたの?」

「違う」

「あの、わたし、この度レッドに就任しました、太田千陽と申します」

「ああー! 君が例の極秘の子かあ!」


 明良は目を輝かせた。


「どんな人なのか、俺にも知らされなかったから気になってたんだよ。女の子なんだね! 来てくれてありがとう!」


 満面の笑みを向けられて、千陽はもじもじした。


「わ、わたしなどに明良さんの後任が務まるか不安なのですが……」

 おい、この間と言っていることが真逆ではないか。

「……きっと明良さんよりも活躍してみせます」

 同じだった。


 わはは、と明良は怪我人とは思えぬほど朗らかに笑ってみせた。

「それは楽しみだなあ! うんうん、戦士たるもの、そうでなくっちゃ」

「あ……ありがとうございます。それであの、明良さん、お加減は……」

「見ての通りぴんぴんしてるよー。魔道は全く回復してないけどね!」

「それは」

「ああ、そう暗い顔しないで。大丈夫。悪の組織と戦う以上、こうなることは覚悟してたんだから」


 恒輝は千陽から花束を貰い受け、包装紙を剥がして活けた。その間、明良と千陽は、当たり障りのない会話を静かに交わしていた。


「……それでは、あの、お会いできて光栄でした。どうぞご自愛ください」

「あれ、帰っちゃうの。ゆっくりしていってもいいんだよ。ほらシュークリームもあるし」

「おい兄さん。それはおれのだ」

「いえ、お見舞いの品を頂くわけには……。あの、またお邪魔してもよろしいでしょうか」

「いつでもおいで。君みたいな可愛い子なら大歓迎だよ」

「かっ!?」


 千陽は動揺した——いや、かなり引いている様子だった。


「可愛くなどございませんよ……?」

「兄さん、そんなことばかり言っていたら、また愛花梨あかりさんに怒られるぞ」

「確かに、歴戦のレンジャー隊員を相手に『かわいい』は失礼だったかな? でも大丈夫、可愛さと強さは両立できるから」

「ヒェッ、そそそんなこと……! あの、失礼します、また伺います!」


 千陽は大慌てで退出してしまった。


「ありゃ。行っちゃった」

「からかうなよ、アキ」

「はは、ごめんごめん」

「それは千陽に言ってやってくれ」

「……にしても」


 明良は枕にバフッと頭を預けた。


「あんまり戦士らしくないが入ってきたね」

「そう思うだろう。しかしとんでもなく強い」

「だろうね。じゃなきゃ、あの性格でここまで上ってはこられないよ」

「……うむ」

「それになんだかんだ言って、結構芯が強い子なんじゃないかい?」


 明良は愉快そうだった。


「俺より活躍してくれるっていうし!」

「そんなことをおれたちにも言っていた」

「本当、楽しみだよ。俺は嬉しい。これなら、リデム討伐も夢じゃない」

「!」


 明良は窓の外を眺めた。

 日の傾きかけた中庭では、皐月の風が木々の若葉を揺らしている。

 兄の不運とは対照的な、穏やかな日和だった。


 恒輝は、兄へと視線を戻す。

 

 明良は以前、悪の組織の首領を倒した。

 レンジャー史上じつに十数年ぶりの快挙である。

 このまま弱体化し、あわよくば解散すると思われた悪の組織だったが、その直後、新たな首領が彗星の如く現れた。

 それが、怪人リデムだ。


 リデムは、壊滅した悪の組織をあっという間にまとめあげ、すぐさまレッドを屠ったのだった。


「俺より活躍ってことは、少なくとも、リデムは倒すつもりでいるってことだからね」

「そうだな」

「いいねえ。そういう積極的なの、俺は好きだよ。ま、コウもせいぜい頑張って、俺の仇を取ってくれよ」

「言われなくても、そのつもりだ」


 恒輝はおもむろにシュークリームの袋を開けて、一つを兄に渡した。二人はしばらく無言で、はぐはぐと菓子を口に運んだ。クリームがふわっととけて、口の中が何とも幸せである。


「コウ、お前さ」

 明良は最後の一口を放り込んでから言った。

「何だ」

「あんま、気に病むなよ」

「何のことだ?」

「コウ自身のことさ。馬鹿真面目なお前のことだから、『自分が未熟なせいで俺を傷つけた』──とか考えてるんじゃないかと思って」

「うぐ……。しかし、それが真実だろう」

「そんなことはない。コウは、ちゃんと強いよ。ただ敵が一枚上手だった、それだけの話。俺はね、コウがこのまま鍛え続ければ、リデムとも渡り合えると思ってる。身贔屓とかじゃなくてね」

「……」

「だから、そう思い詰めるな。お前は強いし、強い味方が沢山いる。自信を持って、コウはコウの使命を全うしてくれよ」

「……ああ」

「俺の仇とか、余計なことは考えずにな」

「さっき、仇を取れと言ったじゃないか」

「あれはジョークだよジョーク。全く、頭の固い弟だなあ」


 明良はけらけら笑った。それから恒輝の肩を叩いた。

「ま、頑張りすぎずに頑張れよ」



 病室を退出し、ちょうど戻ってきた愛花梨に会釈して、恒輝は病院を出た。


(お前は強いし、強い味方が沢山いる……か)


 時代は変わり、人も変わる。

 本隊が新たな始まりを迎えたのなら、恒輝もまた、それに合わせて変わり続けていく必要があるのだった。

 しかもそれは、そんなに難しいことではない。


(おれはこれからも、成長し続ければそれでいい)



 恒輝は背筋を伸ばして、夕焼けに染まる病棟を背に、個人寮へと歩いていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます