第2話 たった一撃


 

『仮想空間を構築します。ロケーション:住宅街、標的:キングマウス、難度:S、目標時間……』


 時間をかけて仮想空間を構築したホワイト七号が、模擬戦の設定を読み上げている。


 グリーンはチラと隣を見やった。レッドはやや緊張した様子で佇んでいる。

 これからこの人の本当の実力が知れる。楽しみが半分、不安が半分といった心持ちだ。


『用意……ドンど焼きっ!』


 ホワイトの掛け声に一瞬つんのめりそうになるも、気を取り直して走り出す。こいつの戯れにいちいち付き合う義理は無い。


『十時の方向、住宅地内の広場。噴水あり』


 やっと真面目に喋り出したホワイトの指示に従って、閑静な住宅街を疾走する。住人を模した人形の動きを妨げぬよう、今回も屋根の上を忍者のごとく走る。

 まあ、どれほど急いだところで、イエローには敵わないのだが……。その性格に反し、彼はスピードが最大の武器なのだ。

 早くも遠くの方で、バシバシと発砲する音が聞こえてきた。

 その音を頼りに突き進んだ先で、グリーンはまたもやつんのめりそうになった。


「何だこれはっ!?」


 ホワイトの奴はずいぶんとはりきったらしい。広場には所せましと、小さくて真っ黒な鼠がひしめいている。まるで小マウスの洪水だ。真ん中の噴水らしき場所にも群がっていて、もとの地形が想像できないほどである。


「ごめん、ぼくだけじゃ捌ききれないや。手伝って~」

 目にもとまらぬ速さで宙を駆け回る黄色の風から、間延びした声が届いた。

「もちろん手伝う。しかし、これは……」

 グリーンは手近な小マウスたちをまとめて蹴り飛ばして蒸発させながら、頭を悩ませた。

「こいつら、弱いが、数が多すぎるぞ」

「でしょう? 参ったよね。キングマウスがどこにいるのかさえ分からないよ」


 やがてブルーも駆けつけてきた。瞬時に状況を察したらしく、手際よくビームで網を編んで一度に大量に捕獲しはじめる。


「ブルー、レッドはまだなのか」

「あー、転んじゃったから置いてきた。仮想空間は酔っちゃうんだってさ」

「ええ~っ、大丈夫かなあ」「何だと!? 使えないな……!」

 イエローとグリーンが同時に言った。

「んなこと言ってる場合かグリーン。自分をよく見てみろ」

「?」

 グリーンは足を見下ろして……飛び上がった。小マウスたちがわらわらと脚を這い上ってきている。

「うげえ、気持ちの悪いっ!」

 慌てて振り落とし、蹴りとビームで焼き尽くす。尋常でない大量発生だ。さすが攻略難度Sと言ったところか。


 気合を入れ直し、三人がかりで雑魚の数を減らした。


「あ、見て。あそこ」

 イエローが、噴水のてっぺんを指さした。

「あれがキングマウスじゃない?」

「どれどれ」


 確かに、小マウスたちが蠢く中で、カピバラのようなサイズの黒い塊が見え隠れしている。ようやく居場所を特定できた。……あと一息だ。といっても、キングマウスこいつが最も手ごわい訳だが——


 グリーンは、キングマウスが投げてよこした黒いボール状の武器をヒラリとよけた。球は舗装された道路にぶち当たり、爆散した。

 なかなかおっかない。

 しかし、どんとこい、である。レッドへの対抗心も相まってか、グリーンはずいっと、キングマウスの方へと進み出た。

 気づいたブルーが鋭い声を上げた。


「おい、早まるな。下がって、まずは遠距離で対処しろ」


 グリーンがはっとした丁度その時、キングマウスが二発目のボールを投げてよこした。それはすぐ足元に落下し、爆風でグリーンは道路に横倒しになった。


 すかさず、小マウスたちがたかってくる。一匹だけなら軽くとも、こうも続々と上ってこられると重い。


「うわ、ぐぬぬ、もぞもぞするなっ」

「グリーン!」

「今助けるよ!」


 イエローが速射を浴びせるが、怪物たちは続々と押し寄せてきてキリがない。


 ……ああ、おれはまた、不覚を取ってしまった。

(すまない、アキ——)


 その時だった。高らかな声が降ってきたのは。


「お待たせしましたっ」


 振り仰ぐと、曇天の中に赤色が小さく光った。

 新レッドが、住宅の屋根の上に仁王立ちしていた。


「お気をつけを。少々、本気を出しますゆえ!」


 そう叫ぶと、彼女は何の備えも無く、ネズミの溢れる広場へと綺麗に弧を描いてダイブした。

 敵の厄介さを身をもって知ったグリーンは、咄嗟に制止しようと手を伸ばしたが、時すでに遅し。


(捨て身は無茶だと、分かったばかりではないか!)


 グリーンの心配をよそに、彼女の拳が振りかぶられる。それは吸い込まれるように噴水の頂点へ向かった。


「とりゃーっ!」


 彼女の拳がマウスを捕らえたのが見えた、その瞬間——


 ドギューン、という轟音と共に、赤みを帯びた白い光がを包んだ。


「!?」


 “勇気の魔道”による攻撃ならば、“悪の魔道”の使い手たる組織の連中にしか効果を発揮しない。レンジャーには擦り傷一つ与えずに透過していくはずである。にもかかわらず、レッドの魔道に身を包まれたグリーンは、あまりの威力に気圧されて、思わず頭を抱えて転がった。

 何とか目をしばたたいてよく見ると、彼女を中心に、魔道の衝撃が波紋のように広がっている。

 噴水に鎮座していたはずのキングマウスは、跡形もなく消滅していた。小マウスも九割がた消し飛んでいる。


 しん、と辺りは沈黙した。


「……は?」


 グリーンはやっとそれだけ言って、あとは口をあんぐり開けることしかできなかった。ブルーもイエローも、その場に縫い留められたように硬直している。


 三人がかりで何とか凌いでいたものを、たった一撃で?


 なんという化け物じみた魔道か。レッドこいつ一人で、一体何人分の戦力になるというのだ。

 豪快かつ暴力的。桁外れ、規格外、チートもいいとこだ。


 こいつは、こいつは本当に、レンジャーの切り札——


「は、はは……」


 ここまで格が違うと笑えて来る。これは現実に起きたことなのか。彼女は別の生き物ではないのだろうか。


 グリーンが道路に寝そべった体勢のままでぽけーっとしていると、レッドが小マウスの残りカスを掃討しながら歩み寄ってきた。


「大丈夫でしたか? グリーン」

「ああ……」

 すっと差し出された手を、グリーンは素直に取ることができた。ぐいっと力強く助け起こされる。


「驚いた。あれほどの魔道を操れるとは」

「……お褒めに預かり光栄、です」


 レッドはもじもじした。グリーンとは対等以上の関係なのに、彼女はやたらとかしこまった言葉で喋る。


「これでわたしのこと、信用して頂けますでしょうか?」

「うむ。その……今までの発言を、詫びる」

「そんな。謝られることなんて、何も」

「いや、おれは」

「いえいえいえ」


 二人で恐縮合戦を繰り広げているところへ、ブルーとイエローが歩み寄ってきた。

 新たに三人から賛美の言葉をもらい、レッドは恐縮しすぎて小さくなっていた。変身を解いてみれば、その顔は朱に染まっている。


「わたしの実力なんて、大したこと……あるかもですけど、皆さんだってお強いですから!」


 自信家なのか違うのか、よく分からない奴だ。


「さあ、みんなお疲れ。休憩室いこーぜ」

 星奈が手を叩いて四人を先導する。

「は、はいっ」

 ついていこうとした千陽は、また蹴躓いて転びそうになった。


「ふわあ!」

「おう、大丈夫か」

「あははは。気をつけて!」

「やれやれ……」


 恒輝は天を仰いだ。

 これは、そう……ギャップが激しすぎるのだ。全く、紛らわしいことこの上ない。強いならば、ちゃんと強そうな振る舞いをしてほしいものだ!


 その時だった。

『ピ────』

 という警告音が再び鳴り響いた。


「今度は何が——」

『仮想空間を強制解除します。お気をつけください』


 急にアナウンスが流れた。住宅街が何度か点滅したかと思えば、ブツリと風景が消え失せた。

 残された真っ白な部屋の中で、――ホワイトが、立ったまま完全にフリーズしていた。

 顔の画面には「ERRORエラー」の文字が浮かんでいる。


「どうしたんだ、ホワイト」

『容量オーバーです』

「む?」

『観測しうる魔道の上限を超え、仮想空間の維持が困難になりました。技術部を訪ね担当者にリペアの要請をブツン』

「ブツン?」

『……』

「あ。停止してしまった」


 恒輝は困り顔で仲間の方を見た。すると、千陽が顔面蒼白になっているのが目に留まった。


「千陽……?」

「うええ」


 どうやら急激な仮想空間の変化に再び酔ってしまったらしい。


「大丈夫か?」

「お気になさらず、恒輝さん。それよりもホワイトが……。ごめんなさい、わたし、またやっちゃったみたいで。魔道の使い過ぎです」

「まさか、さっきの攻撃アレが原因なの?」


 拓三は目を丸くしていた。


「ええ。その、わたし……こちらへきて初めてのバトルだから、ちょっと皆さんをビビらせようと思って……はりきっちゃいました」

「ビビらせようと思って」


 恒輝は呆れるあまりおうむ返しをしていた。何でこの人は、大人しそうな顔をしてアグレッシブなことを言うのだろう。


「まさか、先日魔トレ機器を壊していたのも、それが原因か」

「ええ」


 そんなことが、あってたまるか。

 ここにあるのは、レンジャーの中でもトップレベルの戦士たちが使う設備だ。そう簡単に容量オーバーを起こすはずがないのに。


「とにかく、わたしが責任を持ってお連れします」


 千陽は、よっこいしょとホワイトの脇の下に腕を入れた。そのままずるずると引きずって歩き出したので、恒輝は慌てて取り上げて、代わりに担いでやった。


「ありがとうございます。生身でロボットを担ぐなんて……力持ちですね」

「別にこんなことは、誰でもできるだろう」

「すみません、わたしはできません……」


 それは、レッドとしては非力すぎないか? 魔道と身体能力のギャップもまた、凄まじいことこの上ない。まあ、この点は女性だから仕方がないか。


 一行は訓練室を後にし、技術部の受付に向かう。


「しっかしハンパねえなぁ、ちはるんの魔道。もはや反則チートだよ」

「ち、ちはるん」


 いつの間にか星奈にあだ名をつけられた千陽は、恥じ入ったように俯いた。


「特訓のお陰なんでしょうか……。訓練時代は、仕事も出動もせずに閉じこもって、ひたすら魔道の強化に明け暮れていましたから」

「それだけでこんなモンスター生まれちゃうワケ? ったく信じらんねーよ」

「すみません」

「いや謝るところじゃねーから」


 拓三は会話を聞いてくすくすと笑っていた。彼は実によく笑う男である。

「味方なら頼もしい限りだよね。明良くんもとっても頼もしかったけど、それとはまた別の意味で。ね、恒輝くん」

「あ、ああ……」


 兄は——全ての面において完璧なリーダーだった。それに比べて千陽は、これといったカリスマ性も身体能力もない代わりに、魔道だけは突出している。明良をバランスがいいと評するならば、千陽は良くも悪くも極端に尖っていると言えた。


「本隊はこれから面白いことになりそうだねえ」

「そうか?」

「そうだよ。何事にも、遊び心は大事なんだよ」


 拓三はニコニコと上機嫌だった。

 その横顔を見ながら、恒輝はようやく事態を飲み込みかけていた。


 兄の背中を追う時はもう終わってしまった。

 これは、シャインレンジャー本隊の、新たな始まりなのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます