第8話 休日(2)

 13時半頃に活動場所に着くと、既にチーム分けが終えられており、見知った顔や見知らぬ顔が或いはビブスを着て、或いはそのままで同じコート上でボールを追いかけていた。その様子から、活動開始時間きっかりに始まったということが分かる。流れる汗とか、息遣いとか、そういうもので推測できるのだ。


「あ、尾崎さんお疲れ様です」


 金山が俺の姿を認めて挨拶をする。今は休憩中らしい。


「おっす。めっちゃ人多いな」

「ですよね。25人くらいいるもんなー」


 うんざりしたような声を出す。実際、コート外で待機している連中は、いつもの数倍の人のように感じる。普段は大抵10から15人くらいでやっているのである。まあ、新歓時期だから仕方ないのだけれど。


「でも、天気がよくてよかったっす。初日から中止とかシャレになんないし」


 フットサルといっても、この大学のサークルは屋内を使わない。代わりに外に設置されたコートを使用するのだ。だから、雨が降ったり雪が降ったりしてコンディションが悪くなると、練習は中止せざるを得ない。代替で使用するコートを借りればいいという話になるが、ゆるいサークルにそれを求めるのは酷だろう。

 カバンを下ろしてシューズを履く。ストレッチ、そして軽くボールを触ると、飽きるのでスマホをいじる。ソシャゲをする。あるいは本を読む。これが俺の常々のムーブだ。もはや誰も気にしない。


「ちょっと尾崎さん、新入生と話さないんすか?」


 金山が、新入生と会話する片手間に声をかけてくる。器用な奴だなあと思いつつ、俺には真似できないとも思う。


「いや、俺はそういうの苦手だし」

「とか言って、割と平気で話すじゃないですか」

「あれは気分が乗った時だけだよ」

「めんどくせー」


 口では悪態をつきつつ、笑いは崩さない。これも高い技術が要求されているのかもしれない。ちなみに俺は感情が露骨に顔に出るらしい。


「そうそう、女子がひとり来たんですよ」

「ああ……」

「ああ、って何ですかその反応。尾崎さんらしくない」

「つっても、俺が誘ったやつだしな」

「え、そうなんすか? なんだ、なかなか隅に置けないっすね」

「誰に向かって口きいてんだお前」


 そんなやり取りをしていると、試合が終わる。そうして都合よくチーム替えらしい。

 コートから引き揚げてきた人の中に、松川の姿が認められた。今日は赤の半袖半ズボンで、やや長めの髪を後ろで縛り上げている。


「よっ」

「あ、尾崎先輩……どうも」


 丁寧に頭を下げる。もう見慣れた。


「どうだ? やってみて」

「はい。ちょうどいいです。結構疲れますが……」

「はは、そうだろ。うちは意外と走る人間もいるからな」

「そうみたいですね」


 そこに、先輩の矢野やのさんが入ってくる。細い目でいつも笑っており、何を考えているか分からない。正直あまり得意ではない。


「なになに、尾崎、知り合い?」

「まあ、一応」

「いやー、まさか女と無縁なお前に彼女ができるとはなー」

「やめてくださいよ、面白くもないし」


 そもそも女と無縁って、それはあなたが観測した範囲で、でしょうが。俺だって言葉を交わす異性くらいはいる。


「ま、もしこのサークル入りたいってなったら部長に言ってね。LINEグループに招待してもらえるから」

「はい、分かりました。ありがとうございます」


 変な冗談を言われたのに、ちゃんと返す。大人だなあ、と思ってしまう。俺の方が年上なのに。


「いや、ごめんね。あの人あんな調子だからさ」

「いえ、別に気にしてませんから」

「そう? ならいいけど」

「それよりほら、もうチーム分け始まりますよ。行きましょう」

「お、おう」


 まさかの新入生に先導されて、俺は集合した。恥ずかしい。




 その後は何事もなく、3時間ほどフットサルをやって終了した。新入生を焼肉に連れて行こうと金山が企画しているが、金を払いたくないのでこっそり退散させていただくことにする。だって俺、新歓時期に奢られたことないし。

 ちらりと盗み見ると、松川のところには人だかりができていた。もちろんオール男子。まあ、今日見た感じでは普通に男子に遜色なく動けていたし、可愛いし、当たり前か。人気者は大変そうで。俺の周りに人間はいないけど。

 と、松川は俺の姿を認めると、急いで頭を下げて、こちらへ小走りで寄って来た。


「先輩、今帰るんですか?」

「ん? ああ」

「この後どこかに寄ったりするんですか?」

「いや、寄らんな。お前こそ、焼肉行かなくていいの?」

「私はああいうのが苦手なので……」

「ああ……」


 分かってしまう。知らない人間と飯を食いに行くのは、ともすれば拷問に等しい。コミュ力おばけが話しまくる一方で、口下手な人間は孤立し、黙々と焼肉を焼き続けざるを得ない。しかも焼けたらおばけにかっさらわれる。世知辛い。奢られるにしても度胸は必要だ。


「じゃあ帰るか。お前家どこ?」

「八幡です」

「ああ、無難なところだな」

「無難ってなんですか。いいとこじゃないですか」

「もちろん。俺だって去年まで住んでたし」

「あっ、そうなんですか? 現在は?」

「川内」

「近いですね」

「近いな」


 すると、松川は顎に手を当て考えこんだ。そして、


「では、今日先輩のおうちにお邪魔してもよろしいでしょうか?」

「は? なんで?」


 いくらなんでも唐突すぎる提案だ。


「晩御飯をご馳走になろうかな、と」

「たかる気満々だなお前」


 言うようになったな。


「それと、佳乃子ちゃんとお喋りもしたいので」

「ああ。なるほどな」

「佳乃子ちゃん、今日誘ったんですけど、別のサークル回るって言って……」

「お前マジで誘ったの? あいつ、運動神経は結構ヤバい方だぞ」

「そうなんですか?」

「そうなんです」

「その返し、腹立つのでやめていただけませんか?」

「はい」


 割とマジなトーンで言われる。


「本当は一緒に来たかったんです」

「まあ、それはしかたがないな。それぞれ興味あるものも違うだろうし」

「ですから、家にお邪魔して佳乃子ちゃんとお話ししようと……」

「なるほどな」


 論理的かといえば全くそうではないが、かといってこっちに断る理由もない。それに、佳乃子が会いたがったら、俺に断ることなどできない。


「じゃあ、電話して聞いてみるから待っててくれ」

「はい」




 結局、佳乃子が二つ返事でオーケーしたので、今晩は我が家の食卓に松川も加わることになった。しかもお泊り。一回家に帰ってシャワーその他諸々を済ませたいうので、19時に改めて集合ということになった。さて、今日はどんな晩御飯になるのだろうか。ちょっと楽しみな俺がいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る