水と風

作者 文野さと(街みさお)

15

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

前線に行くことを許されないヒロインと、彼女を支えるヒーローの物語。

軍人もの好きです!とくにヒーローのデューカートのワイルドっぽいところが好きです。優しくって強い感じ!うん、いいです。「お前のためならなんでもしてやるよ」ですって?!素敵すぎる台詞。

続き読みたいです。

★★★ Excellent!!!

兵站という、決して花形ではない業務を自ら選び、部隊をまとめてきたヒロインが、「いざ!」というときになって任務を外されてしまい、葛藤している姿に
「この後、どうするんだろう」
と、興味を持たせられます。

映画「命をかけた伝令」で、たった一言、でも多くの兵士の生死に関わる命令を
伝えるために、命がけで戦場を走りぬく兵士の話のように、女性ながら、貴族ながら、命をかけて自分の職務を全うしたいと願っているヒロインの思いが伝わってきました。

できたら、続きが読みたいなと思いました。