第92話

 ドナとジョリービーで会ったおかげで帰りのデルタ航空に乗り遅れそうになった佑麻だが、テレビ局GMAが社用車で彼を空港まで送ってくれた。


 慌てて空港に飛び込むと、入口の警備員が彼の顔を見て言った。


「Sa muling pagkikita!」 


 デルタ航空のカウンターでチェックインを終えると女性スタッフが彼の顔を見て言った。


「Sa muling pagkikita!」


 入管ゲートで、オフィサーが佑麻の顔を見ると、彼のパスポートに判を押しながら言った。


「Sa muling pagkikita!」


 ボーディングゲートで飛行機に乗り込もうとブリッジを渡る佑麻に、エアポートスタッフ達が集まってきて彼に叫んだ。


「Sa muling pagkikita!(またお会いしましょう!)」


 佑麻は笑顔で手を振った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます