第74話

 その瞬間に、庭灯りが一斉に消えた。


 そしてドンという太鼓のような音が遠くでしたかと思うと、夜空の天空に大きな火の華が開いた。やがて火の華はその数を増やし、麻貴が以前隅田川で見た花火大会さながらの呈で夜空を染めた。


「うわぁーすごい!今夜が花火大会だったんだ。偶然にしては出来すぎよね」


 麻貴が、花火が放つ火の粉のきらめきを瞳に映して言った。


「いえ、偶然ではありません」

「どういうこと?」

「この花火は、今夜だけ、ミス・マキのためだけに、私が打ち上げさせました」


 麻貴は、呆れてジョンの顔を見た。


「あなたがいくら金持ちだからと言っても、お金の無駄遣いにもほどがあるわよ」

「祖母が落ち込んでいる時に、祖父がやったそうです…。祖母は今のミス・マキのようにお小言を言ったあと、でも元気が出たととても喜んでくれたそうですよ」


 麻貴の胸が小さくキュンと鳴った。


「まだまだミス・マキのことをわかっているとは言いませんが、泣きたい時には、いっそ泣いたほうが、早く元気が戻るかもしれませんよ」

「私は生まれてこのかた、男に涙を見せたことはないのよ」

「私だって今まで、同席を断られた女性の横に、図々しく座るなんて非礼をしたことがありません」

「…私の涙を見たら、ただじゃ済まないわよ」

「…よく意味はわかりませんが、覚悟はできているつもりです」


 今なお盛んに打ち上がる花火。しばらく花火を見ていた麻貴の頭が傾き、やがてゆっくりとジョンの胸にあてられた。ジョンは膝においた自分の手の甲に、冷たいひと雫を感じた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます