第70話

 ナボタス・シティに隣接するマラボン・シティ、そこには中規模な警察署があった。


 今日はその入口に、ドナやドミニクとともに群衆が取り囲んでいる。それは佑麻逮捕への抗議の集団だった。するとその集団に割って入るように、黒いリムジンが横づけされた。

 運転手がドアを開きリムジンから出てきたのは、スーツに身を固めたジョン、軽快なデニムパンツの麻貴、そして大きな書類カバンを抱えた弁護士であった。3人は入口で止められている群衆を尻目に、警官の敬礼を受けて建物の中に入っていく。

 ドナは女性が日本人でしかもそれが麻貴であると認めると、さらに心が乱れた。


 麻貴は建物の奥に進み、鉄格子の中に佑麻を発見した。数週間ぶりに見た彼は、日に焼けた肌に、身体のあちこちの筋肉のエッジが鋭くなって、以前に比べると精悍さを増したように感じる。彼は膝を抱え床の一点を見つめていた。


「佑麻!」


 急に日本語で自分の名前を呼ばれ、彼は驚いて声の主を見た。


「麻貴!何でお前がここに?」

「何でじゃないわよ!とにかく弁護士さん連れてきたから、何でこうなったか説明して」


 麻貴は、ジョンが気を利かせて連れてきてくれた弁護士を佑麻に紹介する。


「説明ならドナにしてもらおう。ドナを呼んでくれ」


 弁護士の要請で、ドナが呼ばれた。

 部屋に入り、鉄格子の内側に佑麻を認めると、潤んだ目で鉄格子に張り付き、佑麻と指を絡ませた。そんなふたりを麻貴は腕を組んで睨んでいる。

 ジョンは部屋の片隅で、佑麻、麻貴、ドナの動向を見つめ、必死にその関係性を推理しているようだった。やがてドナと弁護士が奥の机で、話し始める。

 ドナがものすごい勢いでまくし立てているのを横目で見ながら、佑麻と麻貴は日本語で話し始めた。


「麻貴は何しにここへ来たんだ?」

「あなたを連れ戻しにきたのよ」

「なんで?」

「行き先も告げず、急に出て行ったから、みんな心配しているのよ」

「そうか…。心配かけてすまないが、子どもじゃないんだから、帰るべき時には自分で判断して帰れるよ」


 そう言う佑麻の物腰に、麻貴は今までにない骨太なものを感じ戸惑った。


「それじゃ、あまりにも自分勝手すぎない!」


 戸惑いを紛らわすように一層語気を強める麻貴だが、佑麻は軽くかわす。


「ところで、麻貴と一緒にいる紳士は誰?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます