第20話

 外へ出たドナの手首を取ったのは、追ってきた佑麻だった。


「Wait a second, Donna !(ちょっとまって、ドナ!)」

「触らないで!」


 ドナは彼の手を振り払う。


「待ってくれよ」


 佑麻がまた片腕をとる。


「いやよ。もう、帰るんだから」


 しかし、今度は両腕を取られてドナは身動きできなくなっていた。彼女は佑麻の目を睨みつけた。自然と涙が溢れてきた。


「なぜ私を誘ったの?わたしは自分のすべての勇気を振り絞ってついてきたのよ」


 ドナの涙を見ながらも、佑麻は何も答えなかった。


「私がそばにいるのが恥ずかしいなら、誘わなければよかったのよ」

「わかったよ、ドナ。家まで送って行くよ。だから、頼むから車に乗ってくれ」



 シートのドナは、佑麻にそっぽを向くように外を眺めていたが、涙で目が曇り何も見えていなかった。

 たったひとりで日本人だけのパーティーへ出席することに、怖れがなかったわけではない。しかし一方では、佑麻に承諾の返事を伝えて以来、わくわくしながら今夜を迎えたのも事実だ。自分は佑麻に何を期待していたのだろう。今なんでこんなに悲しくなるのか、自分でもよくわからなかった。


「Donna, we are here.(ドナ。着いたよ)」


 佑麻に助手席のドアを開けられて、ドナは我に返った。外気がドナの頬にあたる。しかしそこは彼女の家の前ではなかった。


「ここはどこ?」


 不安になったドナの手を取って、佑麻が言った。


「家に帰る前に見せたいのもがあるんだ。少しでいいから、僕につきあってくれないか」


 この後に及んで、佑麻は自分に何を見せるつもりなのか。

 しかし、こんな見知らぬところからひとりで帰ることもできず、ドナは仕方なくついていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます