ロード・オブ・ロード 天壌の支配者

作者 九崎 要

15

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 ロードと呼ばれる全長10〜15mクラスの人型ロボットが宇宙空間を駆ける! セプト反応炉が唸る!

 本作は人型機動兵器ロードが活躍するロボットアクション物であるわけだが、その舞台となるのは巨大隕石の破片が降り注いだ近未来の地球。

 しっかりと練られているであろうSF的設定の数々、カッシーニやボイジャーと名付けられた量産機、そして機体の動力源であるセプト反応炉。これらの単語がこの重厚な世界観を彩る。

 主人公は記憶を無くした少年ミハイル。そのミハイルが偶然、任務中に目撃した謎のロード。その機体には何故か見覚えがあり、失った記憶の手がかりになるかもしれない……。そう考えたミハイルだが、謎の敵が現れ戦闘に巻き込まれる。

 まだ四話とストーリー的には序盤だと思いますが、しっかりとした設定と文体に今後の展開が気になる作品です! SF要素やロボットが活躍するのが好きな人は是非!