第10話 IMAGE関数とおれたちの優位性

 浮かび上がってきた雲形の関数を見てサイトウが言った。


「あいつはIMAGE関数だ」


「いめーじ関数?」


「まあ平たくいやあ画像をセルに表示する関数だな」


「それってから画像貼るのとは違うんですか?」


「ぜんぜん違う。説明してやるよ」


 そう言ってサイトウは壁に説明を書きはじめた。どうやら壁は全面ホワイトボードだったらしい。さすが世界的IT企業のツールの中だけあってファシリティが充実している。


 =IMAGE(URL, [モード], [高さ], [幅])


 サイトウはその関数の基本構文を書いて説明しはじめた。


「オプションの引数が3つあるが、おれの経験上じゃあ指定があることは稀だ。引数のURLの画像をWEB上から引っ張ってきてセルに表示する、そう思っといて処理し損なうことはほとんどねえ」


「Excelで画像貼ったときってセルの大きさ変えたりしたときに別の行に配置がずれちゃったり変な縦横比になったり面倒なんですよね」


「ああ、ありゃあセルの配置とは無関係だからな。IMAGE関数はあくまで関数だ。画像は関数が実行されるセルの中におさまる。オプションの引数で指定するのは画像の表示方法だ。デフォルトのモード1は縦横比を維持したままセルのサイズに画像を押し込む。その他のモードは縦横比を変えたりもとのサイズを維持してトリミングしたりするわけだ」


 そういいながらサイトウは図を書いてそれぞれのモードの挙動を説明をした。このおっさん、意外と文字や線の引き方が丁寧だ。言う通りその操作はシンプルだったしサイトウの図解は非常にわかりやすく、おれはこの関数のことをだいたい理解した。


「へー、便利。Excelにない関数もあるんですね。というかなんでExcelになかったんだろう」


「おれたちゃあインターネットにつながっていることを前提として動いてるからな。オフライン出身のExcelさんとは違うんだよ。じゃなきゃURLなんて引数でてきやしねえだろ。ほかにもこういったインターネットからものを引っ張ってくる関数がいくつかある。こういうところがおれらのってやつだな」


 Excelに対する競合優位性を語るサイトウは妙に得意げだ。


「わかったらそいつの処理だ。構文はシンプルだからいけんだろ?」


「やってみます」


 おれは頭上に浮いたIMAGE関数に手を伸ばし、実行した。


「イメージ」


 ゆったりとしていたその雲形のうごめきが激しくなる。やばい、なんかミスったか?おれは少しびびって手をはなし後ずさる。振り返ってサイトウに目配せすると腕を組んだまま無言でウンウンとうなずいている。特に問題はないようだ。


 ズドンッ!!


 数秒の沈黙の後、唐突にIMAGE関数からセルに雷が落ちた。びびったおれは「うわっ」と叫んで情けなくうしろにとびのいた。サイトウとイノウエはニヤニヤと笑っている。こいつらわざと黙ってやがったな。くそっ、どうしてこうもExcel職人は性格が悪いんだ。


「おいタカハシ、ちゃんと関数のほう見とけ」


 サイトウにうながされて見ると、ゆっくりとIMAGE関数が雷が落ちたセルに吸い込まれていった。


「げっ、これって……」


 吸い込まれたあとのセルに、ぼんやりと画像が浮かび、徐々に解像度が上がるようにそれはくっきりと描かれる。


「きちいな、こいつは……」


 男同士が絡み合っているマンガの広告だった。アニメーションGIFらしく、ちらちらと画像が切り替わっていく。どの画像もヘテロセクシャルの男性が見るにはかなり厳しいものがある。そうして白塗りにされた局部がうつしだされたとき、おれとサイトウは無言で目をそらした。イノウエだけが興奮した顔つきでまじまじとその画像を見つめていた。


 沈黙の中でさらに10個ほどのIMAGE関数が浮かび上がってきていた。



 ※今回の関数

 IMAGE https://support.google.com/docs/answer/3093333



 *************************


 こういう話を書いていきたいね、という感じの第10話でした(少なくとも前半については)。


 GoogleSpreadsheets、IMAGE関数はキラー関数のひとつでWEB上で創作活動する人とも相性がよいので趣味用途にもおすすめです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る