第21話 人を信じること

(なんて、馬鹿なことをしたの。向俊と出会ったことで、ついつい疑わないといけない男のことを疑わず、かつ時間がないとせかされ承諾してしまった。

 そのせいで本来いてはいけない市井に妃の私が降りてしまった。業者は私を市井にやったことで、どんな結末になるだなんて想像もしていないだろう。

 だって私は、妃の衣ではなく下女の衣を着ていた。

 下女が一人後宮からいなっても、おそらくすぐには発覚しない。

 そもそも逃がした人物が下女であれば捜査をきちんとすることすらないだろう。

 だが、逃がしたのが妃となれば話が違う。)


「お祖父さま、いつも着ていた私の仕事着をすぐに用意してください」

「お前は本当に物事を決めたらせっかちな子だなぁ」

「ごちゃごちゃ言うのは後で、このままではお祖父さまも、大事な店もただでは済まないことになります」

 そういうと上游はあわてて部屋から出て行った。



 部屋に残った向俊が心配そうに琳明を見下ろした。

「琳明」

 名を呼ばれて、今度は迷うことなく琳明は彼の胸に飛び込んだ。

 だって、次なんてないかもしれないから。

 後宮に入ることになり、琳明が一番後悔したことは向俊のことだった。

「向俊どうかご無事で」

 離れることを惜しみ、ようやく世の恋人のように琳明は向俊にたいしてふるまった。

 向俊の腕がぎこちなく琳明の背に回った。

 本当に抱きしめ返してもいいのか? と問うようだった。



 切磋琢磨する毎日のなか、不器用ながらまっすぐで偽らない彼に惚れたのだ。

 私は今は一介の町娘ではない。手を出される可能性がほぼないとはいえ、現在は王の妃の一人である。

 それでも、琳明は手を伸ばした、愛しい人の顔に。

 彼との間に恋人らしいことなど一つもなかった。

 恋人同士をすっとばしての結婚の申し込みは幾度となくあったけれど……

 恋人らしいことを最後になるかもしれないからこそ、彼と一つくらいしたかったのだ。



 向俊の頬をなで、流石にここまですればわかるはずと、恥を忍んで琳明はそっと目を閉じた。

 さすがの向俊も琳明の意図がようやくわかり、ぎこちなく琳明の腰を引きよせ、唇をほんの少しだけ重ねた。

 ほんのひと時の離れがたい時間はあっという間に終わり、名残惜しげに琳明を部屋に残し向俊は琳明がうまくやると信じて、自分に疑いが向かにために武官の仕事へと向かった。




 思い出はできた。

 後宮には膿が沢山あるだろうが、琳明が何とかすべきことは後宮の厄介事を解決することではない。

 厄介事を解決するために琳明を犠牲にしようとする、目の前に現れた琳明の敵をなんとかしなければいけないと腹をくくった。

 勝負服である饅頭売りをしていたいつもの衣に袖を通すと、祖父に向かって琳明はグッとこぶしを握って見せた。

「うまく立ち回れ琳明。助けはいるか?」

「もう必要ないわ。後宮へは自力で戻るから大丈夫。ただ銀杯を貸してください」

「かまわんよ。必ず返しに来いよ琳明」

「もちろんそのつもりです」

「よし、わしも散歩から帰ろうかのう……」

 祖父はそういって琳明より先に部屋を後にした。



 琳明は髪をあげて一目散に目的の場所へと向かった。

 顔を隠そうとすれば余計に目立つ、だからこそ、琳明は堂々と人ごみに紛れ道を行く。

 そう、琳明を高級へ戻すことができるだろうある人物のところへ。




「孫卓様」

 表の売り子が、困り顔で孫卓のところにやってきた。

 この売り子なかなかの曲者で、たいていのことは一人で解決する。

 にもかかわらず、わざわざ自分を呼びに来たということは、売り子を遣り込めた厄介な人物が現れたということだ。

 張 孫卓は重い腰を上げた。

「安い茶葉に少しだけ高い茶葉を混ぜて出してやれ。菓子はそうだな、見栄えがいいがあまり売れ行きが良くなくだぶついたのがあっただろう。あれも出してやれ」

「菓子までですか」

 さて、厄介な客はどいつだと孫卓は思っていた。



 大店をやってれば、厄介な客など一日に2,3人は来るもんだ。上を出せといわれても普通は店の一番上のものなんて出てくるわけがない。表だけでうまく解決してしまうのだ。

 ということは、少なくとも相手は出された相手がこの店の主である孫卓ではないと見抜き、かつこの売り子が上を呼びに行くほどうまく立ち回ったのだ。

 怪しい動きをするやつが、連日店の様子を探ろうとしていた。

 表の連日もピリピリとしていた、ここらで一度顔を出しておいたほうがいいだろう。



 はてさてと重い腰を上げた張は、珍しい銀の髪を持つ客の顔をみて固まった。

 それほどの衝撃だった。

 商人として上に上り詰めるために何が必要か、それは短い時間であっても、金になる客の顔を覚えられるかどうかだ。

 張も例外ではない、人の顔を覚えることには自信があった。

 だからこそ、戸惑う。なぜここにいる……と。

 ここにいるはずがないと思うが、張はそれを口には出せない。

 それほど、張の今目の前にいる人物は本来ここにいてはいけない人物だからだ。



「いつぶりかしら、あの時はどうもありがとう。あなたが機転を利かせてくれたおかげで助かりました」

 何を言うかと身構えていた孫卓だったが、琳明があの出会った日のことを話しだした。

 間違いなく目の前にいる少女はあの時の妃さまで、話を持ち出したことから妃として自分の目の前に現れたことを知り、流石の百戦錬磨の大店の主とはいえあわてた。


「これは、お久しぶりでございます。このような店の入り口に近い部屋ではなく奥の部屋を用意いたしましょう」

 従業員に使う言葉とは違い改まった言葉を孫卓は即座につかった。

「それは助かるわ。自体は火急を要するの」

(私がここにいてはまずいことに彼も気がついたようね。さすが後宮と取引できるだけある大店の主だわ)

 琳明はニッと笑った。



 奥の部屋に行けばいくほど家具や飾りが豪華になる。さすが大店と感心した。

 今日張孫卓が身につけているものも、後宮で見た時よりもずっと上等な布のものだ。

 後宮では下級妃賓に配慮した格好だったことがすぐにわかった。

 孫卓が手で合図をすると、控えていた小間使いが去っていく、人払いをしたのだろう。



「さて、さて、市井で貴方様にお会いするとは思いませんでした」

「私もあなたの名をうかがっておいてよかったと心底思いました。要件を話してもかまいませんか?」

「えぇ、私を入れるためにわざわざ来られたのでしょう」

 人のいい笑顔で孫卓は笑う。ただ、身につけているものが豪華な衣になるだけで、なんという印象が変わるものだろうかと琳明はおもった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る