第48話 『カクヨム』収益化で思うこと

『カクヨム』が収益化をするという。

 広告収入などを見込んでのことだろう。

 収益化自体は私はどっちつかずだ。


 利点は収益化することで作家のモチベーションが上がるというもの。

 ただ、この点は諸刃の剣だ。

 その最たる例はYouTubeだ。

 今、YouTubeは粛清の嵐だ。

 そのため、比較的規制の緩いニコニコ動画や動画自体を削除する動きがある。

 物凄い人気のある『カクヨム』作家がこの収益に頼り、収益化が無効になったらどうだろう?

 かなりやる気を削がれるか、最悪作家自体を辞めてしまうかもしれない。

 もっとも、YouTube自体は映像という直接的な刺激で過激な動画などを規制でもあるのだが・・・・・・


 もう一つは、『流行ブーム』だ。

 今ですら、「異世界転生」などが流行っているが、それが別の流行に変わった時にいったいどれほどの作家(の卵)が書き続けることが出来るのだろう?

 まして、収益化になればなおさらである。


 さて、どうなることやら。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます