第10話 写真の話

 昨今、スマートフォンの普及により写真は身近なものになった。

 気が向いたときにボタンを押せばいい。

 私も母校の桜を撮影したり、マラソン大会に参加したときは『証明写真』として大会スタッフの人に撮影してもらう。


 なのだが、実は写真は苦手だ。

『魂が抜ける(昔の写真撮影は大変時間がかかり気絶する人が出たから)』と言うわけではないが、まず、私の顔は不細工なのが一つ。

 二つ目は、写真に撮るほどのことがあまりない生活をしているから。

 最後は写真を権威に利用する輩が大嫌いだから。


 最後のところを詳しく書く。

 SNS(ソーシャルネットワークサービス)をしていて、何が嫌かというと「正義自慢」と「有名人の○○さんに会いました自慢」だ。

 正義は、私が嫌いなものだ。

 正義とは私の考えを端的書くと「自分の思い込みを他人に押し付ける」行為だ。

 そのために責任や義務が生じるが大抵の場合、無視である。

 だから、私は最低限「正義」という言葉は極力使わないようにしている。

 もう一つの「有名人の○○さんに会いました自慢」は年配者に多い。

 これも正義の延長線上で自分の味方(だと思い込んでいる)有名人(政治家や作家、芸能人)の隣に立ちにやにや笑う姿なんぞ、正直、直視に堪えない。

 その媚びへつらった根性と顔が嫌なのだ。

 別に「有名人に近づくな」などと言うつもりはない。

 私だって好きな芸能人に会えばミーハー根性丸出しで「キャーキャー」騒ぐだろうし、敬愛する作家に会えば混乱する(亡くなっている人多いけど)。

 ただ、「俺はこんなにすごいんだぜ」という虎の威を借りる狐みたいになるのは嫌なのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます