第5話 『タグ機能』の話

 この『カクヨム』にきて、一か月は過ぎただろうか?

 色々な作品を読みつつ思うことがある。


『タグ』という機能がある。

 希望の作品を見つけられやすいようにする機能だ。

「幕末」「探偵」「お仕事」などなどだ。

 その中に時々「感動」とか「生きる意味」とか出てくる。


 正直に書く。

 以下は、そのタグをつけている人には申し訳ないが、結構えぐることを書く。







 仮に「傷ついた」と言われても当方は一切関知しない。

 一応、警告しましたからね。























 私の本音としては、人の感情にまで『タグ』をつけてほしくない。

 感動するのも、生きる意味を見つけるのも個々であり、文学は材料になりえても(とくに本職でない場合)料理にはならない。

 もちろん、私も文学を志すものとして願望はある。

 でも、他人の感情まで『タグ』を押し付けようなんて考えたくもない。

「読んでもらいたい」

「絶対分かってもらえる」

 こういう思いはわからないわけではない。

 私だって1000PVになるような作品が書けたら、どんなにいいか想像しただけでワクワクする。

 しかし、それは独りよがりの甘えである。

 作家が読者に甘えていけない。

 逆は大いに歓迎すべきかもしれないが(加減はありますよ)・・・・・・


 それよりなにより、自分でハードルを上げてどうするのか? と。

 個々の読者は千差万別である。

 中には百戦錬磨の強者もいるだろう。

 彼らに対して安直な「お涙頂戴」は効かない。

 言葉のセンスから、もしかしたら、その人となりまで見透かされているのかもしれない。

 安易なハードル上げは自滅だ。

 最終的には自分を追い詰める結果になる。


 力まず、自然体で出来ることだけを精いっぱいやる。

 過度な思い込みや独りよがりを捨てる。

 自信と独りよがりは全然違う。


 これを自分の自戒にもしよう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます