49. ある咎人の懺悔

 人の気持ちなんざ、結局は誰も理解できやしねぇ。

 ……だがよ、それは見てくれなんざより……下手すりゃ本人が思ってるよりずっとデカく深ぇもんだよ。


 知り合いに、クソ真面目な正義漢がいた。

 アイツの正義は歪んだが、そりゃあ当たり前だ。アイツはいつも上っ面しか見てなかったからな。

 エネルギーが善意や正義だったら自分は悪行を働いていいってのはなぁ……。……いや、ちっと俺の名前にもなったクソ野郎を思い出しただけだ。


 ……同じくクソ真面目な奴がいた

 生まれ持ったあれそれと、それで寄せ付けたモンに悩んでたが……アイツはとにかく必死に生きてた。立派なもんだと思ってたよ。俺なら耐えられねぇからな。


 ああ、普通にゃ耐えられねぇもんなんだよ。

 だから想像もできねぇんだよ、俺らにはな。




 その憎しみがどれだけ積もったか


 どんなふうに耐えてきたのか


 ……どんなふうに弾け飛ぶのか




 忘れんなよ、ロバート。

 奴さんは一度も味方になんざなっちゃいねぇ。

 いや、そもそも味方になる気すらねぇ。


 ……絶対に同情すんな。それは、アイツが一番忌み嫌う行為だ。


 俺ァそろそろ抜け出してぇんだよ。

 ……情けねぇ話だが、アンタ以外は頼れそうにないんでな。




 ああ、それと、……いや、これはここじゃ言えない。

 今夜、また連絡する。




 ***




 医院に向かってる途中に、こんなメールが来た。

 アドルフの心の声だろうけど……何となくわかってはいる。

 僕達はあくまで協力者であって、僕だって信頼されているわけでもない。


 ……だけど、僕は助けたいんだ。このままにはできない。

 彼が復讐心に囚われているのなら、それこそ哀れだ。


 ──哀れ?


 ピシッと、空間が凍る。

 その声はどこから?


 ──哀れだって

 ──ああ、怒るよ

 ──彼はそういうモノが大嫌イだカら


 何?この、歪な、ひび割れた声。


 ──復讐ではない


 その声に聞き覚えがある。


 ──ロバート、俺は救われる気もなければ、救う気もない


 その声は……


 ──罪人に罰を。悪には報いを。……その先にこそ、未来はある


 あまりにも真っ直ぐで、あまりにもしっかりとしていて、


 ──安心しろ、お前の敵ではない


 そうか、僕の目的も過去に向き合って、それで未来へ向かうことで……




 ──だがな、気を付けろ


 それは、確かな怨嗟。


 ──領分を弁えろ、ロバート・ハリス


 それは、確かな苦悩。


 ──道を違えるな。貴様が救うべきは俺ではない


 それは、確かな拒絶。


 ──俺も、罪人のひとりなのだから




「……ロバート、どうした」

「えっ、あ、いや……何でもない……」


 隣を歩く「彼」の翡翠の瞳に、昏い影が差したように見えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます