キズアト(2:跡になる時とならないない時)

すり傷でも火傷でも、程度が軽いとキズアトを残さずキレイに治ります。

けれど、ある程度大きなダメージを負った時は、繊維組織からなる瘢痕が形成されてキズアトとなります。

では、どこらへんが出来る/出来ないの境界なのでしょうか。

ざっくりと、目安は3つあります。


1)キズの深さ


真皮の半分の深さを超えるキズでは瘢痕を生じます。

すり傷で真皮まで削ってしまっても、半分を超えなければ大丈夫。

火傷でも半分を超えるとキズアトが残ります。


2)表皮が張るまでの時間


2週間以内に表皮が張って治癒すれば、瘢痕を残しません。

ダメージが真皮の半分より浅い場合は、この期間中にほぼ治癒します。

ただし、治りきらないうちに頻繁に摩擦して、せっかく張った真皮や表皮を削ってしまったり、くっついてきた切り口をまた開いたり、化膿してなかなか治らなかったりして2週間を超えてしまうと、キズアトを生じます。

キズは早く治すことが大切です。


3)キズの大きさ


キズが真皮の半分を超えて余裕で皮下まで到達しているのに、ぜんぜん瘢痕を残さない場合があります。

そうです。

針を刺した時です。

注射の針のキズは瘢痕を生じません。

献血する時に刺される太い針でも大丈夫。

1〜2ミリくらいの鋭くキレイに切ったキズは瘢痕を残しません。

3ミリくらいだと微妙です。

4〜5ミリ以上だとキズアトになります。


人体って不思議です。





次話、キズアト(3:人種の差)へつづく


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る