月のライン 8-3


 リカはレジカウンターの前に立ち、商品の在庫表に目を通していた。


「店長、そろそろイースターエッグを仕入れたほうが、よくないですか?」


 店長は店のすみに、大きな全身鏡を置き、自分に似合う服はどれか、店中の洋服をあてて見ていた。


 足もとには色鮮やかな布や、たくさんのハンガーが散らばっている。


「うーん? 3月まであと2ヶ月もあるのにー?」


 伸びたような声を聞き、リカは額に手を当てた。


「季節の先取りをして、商品の買い付けをしなきゃいけないんです。今月から、町への寄付も行うことにしたでしょう? 売上げの一部を、って。赤字だけはイヤですからね。お給料も、しっかり払ってもらいます」


 強気に喋るリカだったが、店長はどこか、うわの空。


 鼻歌など歌いながら、鏡の前で一回転して、衣装をチェックする。


 もともとこれも、店長の好みで仕入れたものだ。


 好きなものに囲まれて、店長はいつ見ても、幸せそうな人だった。


 リカは両腕を組んで言った。


「これから私、本土に行く用があるんですから。寄付金のパーセンテージくらい、ちゃんと決めておいてくださいよ」


 アクアアルタから浸水の被害をなくすため、防水壁を建てる費用を、島の住民は、寄付金として集めることになったのだ。


 寄付するかは強制ではない。


 しかしみんな、この町に住み続けたい気持ちがあるので、それなりの額が集まるはずだ。


 数十年以内には、アクアアルタのあの光景を見ることは、もうなくなるだろう。


 しかし歴史として語り継がれる。


 観光地としても、これから先、やっていけるに違いない。


「ボーイフレンドのとこに行くの?」


 突然の店長の問いに、リカはあわてた。


「ち、違います。買い付けです。ロイのとこへは、ついでに、様子を見に行くだけです!」


 店長は「もー、かわいいんだから」と言って、低い声でクスリ、と笑った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます