月のライン 6-2


 フラワーショップ・ナヤのドアを開けると、ドアに取り付けてあるベルが、涼やかな音を響かせた。


 一歩中へ入って、窓から外を眺めると、雨はまるで滝のように店全体を打ち付けていた。


「ごめんなさい、お客様。今日は店はお休みなんです」


 奥の間から、ナヤのか細い声が聞こえた。


「ナヤ」


 キトはたたんだ傘を、ドアの横に立てかけながら、話しかけた。


「僕だよ」


「キトね」


 店舗に出てきたナヤは、やわらかい微笑みをキトに向けた。


 天使みたいだ、とキトは思った。


 微笑み返しながら近寄ると、ほんのりラベンダーの香りがする。


 キトの想いに、ナヤは気づいているはずだった。


 しかし少し年下だからか、キトを大人の男として見てはくれない。


 ちょっともどかしかったけど、それでも今のキトには、安心できる唯一の存在だった。


「お休みって、珍しいね」


「兄さんが、昨日の昼、本土へ行ったきり、帰ってこないの」


 ナヤは荒れた両手をさすっている。


「花の配達と、仕入れをしに行ったはずだったのに……電話をしても繋がらなくて」


「大丈夫だよ」


 何の根拠もないのに、心配そうなナヤを見て、思わずキトは励ました。


「セドはしっかりした人だから。そうだ、この大雨で、船の時間が延びているのかも」


「それなら、いいけれど……」


 ナヤの表情はすぐれなかった。


 キトも少し悲しくなった。ナヤが不安だと、キトも不安になってしまう。


 すり合わせるナヤの両手を、キトは見つめた。


 手に手を取って、慰めたかった。


 そんなふうに思ったその時、また店のベルが鳴った。


「郵便でーす」


 明るい声と健康的な笑顔が、店の中にやってきた。


 透明な雨合羽の下、紺色の帽子のひさしから、水がしたたり落ちている。


「はい。それでは、たしかに」


 ナヤに手紙を渡すとき、ちょっと会釈した。


 そして再びドアを開け、忙しそうに去ってゆくメールボーイ。


「誰からかしら」


 ナヤは封筒裏を見た。とたんに笑顔になって言う。


「兄からだわ!」


「よかったね」


 キトの言葉に、「うん」と頷いた。


 一度、店舗の奥に行き、ナヤはハサミを持ってきた。


 封筒の端を切り開き、手紙を取り出す。


 キトは居場所なさげに、お店の壁を見回していた。


 飾られたリースが愛らしい。今度、これも買ってあげよう……。


「えっ……!」


 ナヤの口から短い悲鳴がして、キトはすぐに駆け寄った。


 手紙をナヤから受け取ると、キトは素早く目で読んだ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます