転生者スレイヤー

作者 くま猫

53

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

転生者は幸せになれるか?
何をもって幸せとするか?

二度死ぬ、という奇跡が『転生者スレイヤー』では実現可能なのです。
転生者同士の殺し合いは他作品でも見かける事はあると
思いますが、この作品の凄いところは、
個人の都合ではなく、政治的な都合、解釈によって、
執行されるという点です。

それはつまり桐咲の仕事であるのですが、
彼は、いわゆる一般的な人間の感性で生きています。

幸せを感じる事はある。苦しむ事も多々ある。
でも、『仕事』はする。

これをどう捉えるかで、桐咲の違った一面を
読む事も出来るかも知れない。

尚、私はベオウルフさんが好きです。
ソフィアさんはもっと好きです。

★★★ Excellent!!!

タイトルから、んんこれは…最近の増えすぎた転生物への警鐘的なあれなのか!!正直そういうのもいいよねと思ってたんです、正直ね!
11/8レビュー記入現在、全くスレイヤー的展開が始まってないのと、第除章と第零章とのギャップに笑いました。除章であっこれは…私にはだめなやつかもと思ったのですが、読み進めた自分にGJを送りたい。
あとは、突っ込みたい。ソフィアちゃん、お前〇iriかGoo〇leやろと。

11/12レビューを修正したいと思いましたので、再度記入します。
本格スレイヤーアクションです。ぐいぐい読まされております。続き、楽しみにしています。