アンドロイドと夢を見る

作者 野上獅子

37

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

今より少し文明の進んだ世界。
アンドロイドが人類の隣人として人間社会に隷属している、そんな世界のハードボイルドSFアクションです。

一部上級市民の住む整然と整えられた表社会の街並みと、猥雑に澱んだ裏社会のスラム。
目に見える格差として人々が分断された都市が、この物語の舞台です。
汚職、犯罪、なんでもござれのスラム都市「パノプティコン」で荒事含む便利屋を営む主人公は不自然に高額な報酬の依頼を受ける。
そんな所から物語は始まります。


ハリウッドの名作映画「ブレードランナー」のような退廃的で陰鬱とした世界観でありながら、主人公のジョンのパワーあふれる行動や展開される物語の容赦なさに、ある種ジェイソン・ステイサム映画のような爽快感を感じさせます。

ダークでハード。
それでいてスタイリッシュなSFアクションのこの作品。
「全米No.1」「映像化不可能と言われたあの作品が~」
そんなフレーズに弱い方、ポップコーン片手に本作を楽しんでみてはいかがでしょう?

★★ Very Good!!

ダークな雰囲気が漂う冒頭から、裏と表と言った2つの相容れない立ち位置。
一昔前のハードボイルド作品を思わせる世界観ながらも、未来を強く連想させる“機械”が合わさる事で、懐かしくも新しいという印象に落ち着いた。
話数が少ない事から、これからの展開に期待しながら更新をお待ちしたあと思います。
掘り出し物の予感満載ですので、是非追いかけてみてはいかがでしょうか?

★★ Very Good!!

ファンタジー系という事でしたが、いつかこんな世界が、地球に来るのではないかと思うと、ある種のドキュメンタリー性を感じました。

まるで映画を観ているように、場面場面を頭に思い浮かべられるのは、作者様の文章力のおかげでしょう。

ある意味、考えさせられるような、そんな作品でした。