オスカー・ザ・オーク -亜人を狩る者-

作者 スガワラヒロ

29

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

エルフのオスカーは、故郷を襲われた際に体をオークに変えられてしまう。
なんとか生き延びた彼は森の泉でひとりの少女に出会うが……。

姿は凶悪なオーク、心は優しく勇敢なエルフ。
意図せぬ不幸に苦しみつつも、故郷を失ったオスカーは新しい仲間達を失うまいと戦います。

復讐と愛情に満ちた心で、強敵バウラ教団とどう戦い、平和を取り戻していくのか。
そして、もしかしたらオークに改造されてしまったことをどこかでエルフの仲間に知られてしまうのかもしれません。

彼や、共に戦う仲間がどう乗り越えていくのか今後の展開がとても楽しみです。^-^

★★★ Excellent!!!

正統派な大人向けのファンタジーなのですが
オークにされてしまったエルフが生き抜く世界という
ありそうでない新鮮な設定。

まだ序盤ですが、物語の濃厚な世界観は
まるでそこにいるかのような想像を掻き立てられ
そんな世界で戦い続けなければならない
今後のオスカーやヒルデガード達の活躍が
とても楽しみです。

それにしてもつくづく思うのは
著者のスガワラヒロさんの書く物語の
読みやすと吸収しやすさである。

文全体のバランスや配置
言語選びなど
知的かつ親切に脳へと流し込んでくれる。
文字滑りすることなくしっかりと読ませてくれる。
これはとてもすごい技なんだと思う。

例えるなら
美味しいけど冷蔵庫に入れっぱなしになっていて
カチカチでスプーンの刺さらないアイスクリームではなく
お店で注文を受けてオーダーされる本格アイスのような
素敵な歯ざわりなのだ!

文章を勉強する駆け出しの身の私として
早い段階でスガワラヒロさんの小説に出会えたことは
とっても幸運なことであると思う。

★★★ Excellent!!!

オークはエルフが変質した物と言う古式ゆかしい指輪物語の時代
を思い出させるファンタジーな世界でのダークな変身ヒーロー物語。

主人公はオークに改造されたエルフ、もはやかつてのエルフの姿には魔法で
化けるしかないだが魔法を解除して正体がばれるとまずいと言うスリルを
感じさせられる状況など昭和の変身ヒーローも臭わせる期待作です。

★★★ Excellent!!!

 邪教集団によって改造されたとあるエルフは、異形のオークと化してしまう。それでもエルフとしての心を失わず、森の民として戦う彼に安住の時は訪れるのか――。

 仮面ライダーさながらのハードなテイストで描かれる、異形の戦士の物語。まだ序盤ではありますが、今後の展開に期待が高まる作品です。