細分化

 少女の豊かな髪が揺れると、その隙間からは三角に尖った狐の耳が見え隠れした。


「その耳。きみはまさか……」


「見られちゃったのね。そう。私は人間じゃないの。人に化けるあやかしの力を持ったフェネックギツネ。——ようフェネックなの」


 すごく語呂が悪い。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます