大和を奪還せよ!激情に焦がされしカガワの都

6話—1 隠された奇跡の真実

 被害を受けたメガフロートに、救出された負傷者——

 それも非戦闘員まで含まれた被害それを把握し……ウチらもその現状で死者が出ていない事に安堵していましたが——

 そこにささやかな違和感を覚えていました。


 さらには——


「さっき、カナちゃんさんの意識が回復したって報告があったよ!それでね若菜わかなちゃん……大和強奪にあらわれたのは、やっぱり——」


「——沙織はんが提示したものと、答えは一致……言う事おすか。」


 あらかたの情報収集を終えたウチらは、メガフロート内——強行突破されたドック型格納庫へ武蔵を寄港させ、そのまま艦内大ブリーフィングルームへと足を運んでいました。

 けれど……すでに回復を見た、大和への並々ならぬ思いを持って建造に携わったカナちゃんさん——彼女と沙織さんから得られた解のいずれを取っても、現状としては最悪の解と言えました。


 予感が的中した事で、一層の気落ちを見せた焔ノ命ほのめちゃん——ですが……その解には私達にとっても他人事ではない続きが存在していたのです。


「武蔵によるデータスキャニングにより、メガフロート内の霊力的な痕跡を辿ったのだが……妙な点が確認された。これは私達では判断しかねる事例のため、皆の判断を仰ごうと思うのだが——」


「妙な点?……レゾンちゃん、それってどんな——」


 テセラちゃんの反応へ、見るが早いと大ブリーフィングへ宙空モニターを投影し……一つのデータ照合結果を提示したレゾンちゃん。

 直後——そこから導かれる結果……真相が語られるにつれ、騒めく胸騒ぎが一層激しくなったのを覚えています。


 それは三神守護宗家に属するウチに桜花おうかちゃん——そして焔ノ命ほのめちゃんを中心に、深く……強く渦を巻き始めたのです。


「私達魔法少女は、そのシステムを起動させた際……一つの時空へ二つの霊的反応を示すと、宗家の専門家から話を聞いたのだが——」


「襲撃を受けた沙織さんにカナちゃんさん?か——そこから得られた情報で、御津迦みつかと言う少年が魔法少女システムを展開していたと聞き及ぶ。」


 ブリーフィングルームに会する一同を一瞥し……眉根を寄せて語るレゾンちゃん。

 そこに浮かぶ疑問。

 確かに魔法少女システムを男の子である御津迦みつか君が扱えるのか……その点への言及も浮かびましたが——問題はむしろそんな点など、霞んで消えるほどに重大な真相を孕んでいたのです。


「そのシステム上、霊的反応が二つ存在すべきはずの所——どのデータを確認しても、存在していないのだ……。」


「ちょっと待って、レゾンはん!何やその言い方やったら……まるで御津迦みつか君が——」


 放たれた真実を、振り払う様に叫んだのは焔ノ命ほのめちゃん。

 けど——彼女は自らが思わず放った言葉で……最も考えたくは無い、最悪の結末を描いてしまうのです。

 そこへ重い口を開く様に介入するは、天津神きっての破壊の炎神様であるカグツチはん——彼の介入は、語られる真相がとてつも無い重み物を持って突き付けられる事を意味していたのです。


「……皆様方——特に焔ノ命ほのめ嬢は、心して聞かれよ。今レゾン嬢が公開した事象は……我が何よりも恐れ——回避を試みようと神命を賭した、過去の事例に酷似する。」


「……待って——それはアカンて……。」


 突き抜けた重さをともなう言葉が、カグツチはんから漏れ出すに連れ——血の気を失った様な焔ノ命ほのめちゃんは、明らさまな狼狽に身を委ねます。

 サクヤちゃん……そしてウチと桜花おうかちゃんで、その身を支えれば——

 この手に伝わるのは、望まぬ現実が晒される事への底知れぬ恐怖に対する……震え。


 何よりその当事者であった桜花おうかちゃんが、その恐怖を和らげんと強く焔ノ命ほのめちゃんをいだきます。


 けれど、無情なる現実から決して逃げては行けないと……カグツチはんから——酷似すると言う最悪の結果が提示されたのです。


「守護宗家に於ける当主継承の儀にて――万一その失敗を見た場合……降臨した神霊により継承を受けし当主候補の命が――」


最悪の結果。……恐らくそれが——今回の事態に最も近き現実と、我は推測している。」


 直後——

 焔ノ命ほのめちゃんのか細き両の足が、何かに手折られたかの如く無情にも砕け……突き抜けた衝撃で意識を遠くへと手放してしまったのです。


焔ノ命ほのめちゃん!?焔ノ命ほのめちゃん、しっかり——」



∽∽∽∽∽∽



 メガフロート襲撃からの宗家最大戦力の強奪と言う事態。

 その非常時に加え……発覚した襲撃者が宗家身内——それも次期当主候補筆頭である少年が犯行に及んだ事実が知れ渡るや、守護宗家は上へ下への騒動に見舞われる。


 しかしそんな事実が消し飛ぶ様な真実が赤き魔王レゾンより告げられ……より近い身内——少年にとっての焔ノ命ほのめは衝撃の余り意識を手放してしまう。


 事の重さを重視し、魔法少女一行はその委細を現在八尺瓊やさかに家をまとめし者……裏門が当主、八尺瓊 零やさかに れいへと振る事にした。


『……状況は理解しました。こんな……何と言う——』


 厳重警戒を敷いたメガフロートイースト‐1【新呉市】では、施設損壊による機能不全を早急に回復すべく……宗家による部隊が修繕に当たる中——

 赤き超戦艦武蔵内部大ブリーフィングルームで、引き続き今後の対策のため詰める魔法少女と支える者達。


 が、詳細を聞き及んだ憂いの当主——肩口で切り揃えた御髪から覗く双眸は、ことごとく事態が悪い方へ転がる今……先の地球と魔界防衛作戦でも浮き彫りとなった憂いに歪んでいた。

 そして現状最前線で事に当たる少女達が直面した事態——それが一層の深き憂いを上塗りし……凛々しさのままこれまで事に当たって来た憂いの当主へ、悲壮感さえ刻み付けていた。


「カグツチはんによる霊的な波動感知も試みとりますが……その——御津迦みつか君の存在は……——」


『良いのですよ、若菜わかな……皆迄言わずとも。一先ずさらなる情報収集の後、それについて対応します。その前に——』


 艦内医務室で安静にさせる悲哀の当主焔ノ命おもんばかり、言い淀む獣宿す令嬢若菜の言葉を制し……その件から一旦事を逸らす様に令嬢を見やる憂う当主。

 彼女は宙空に浮かぶモニター越し……今は日本の東西へ離れた場所で奮闘する幼き少女を見定めていた。


 すでに宿した雰囲気に……その時が訪れたとの寂しさを宿して——


若菜わかな……あなたはすでに力を解放した様ですね。その件は炎羅えんら殿から聞き及びました。」


「はい……解放しましたえ。」


「今あなたは、ルーベンスとユニヒを今まで以上に感じている——と言う事ですね?」


「……はい。ウチに宿るビーストはんが、紛う事なくお母様の一部であった言う事実……今痛いほど実感しとります。当然そこに、お父様が宿した魔の胎動も。」


「そう……ですか。——なら、もう隠す必要はありませんね。」


 短いやり取り。

 獣宿す令嬢と憂う当主が、獣の力を中心とした言葉を交わし合う。

 そこに含まれるのは他でもない——悲劇の英雄と呼ばれたルーベンスと永遠のパートナー、ユニヒ・エラについてである。


 耳にする名は居合わせる少女達も、そして支える大人達にも知識として知れ渡る事実。

 だが——

 憂う当主は隠す必要との言葉を零し……獣宿す少女若菜金色の王女テセラ二人を交互に一瞥した。


 双眸を閉じ……深く息を吐くと、視線を金色の王女へ宿した憂う当主が——

 モニター前へとその王女を呼び寄せた。


『テセラはモニター前へ……これからあなたと若菜わかなにとっての重要な話があります。桜花おうか殿を始めとした者達も、良い機会です——そのまま話を聞いて頂けますか?』


「へっ!?私と——」


「ウチに?」


 唐突に挙げられた名前で、顔を見合わせる獣宿す少女と金色の王女。

 しかしこの後……二人の少女さえ想像だにしない、奇跡の言葉が語られる事となる。


 それは幾ばくかの時を挟んで後……必ず訪れるであろうと、全てを先見の明にて知り得た悲劇の英雄——ルーベンス・アーレッドからの贈り物。

 奇跡と言う名の……たった一人の愛娘への——たった一度の贈り物。


若菜わかな……そして、テセラ。あなた達は——』


 獣の力を解放し——

 少女が過去と向き合った今こそ、それは伝わるべきと語られる。


 何よりそれは……悲劇の英雄ルーベンスが、——

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます