1話—4 反転する守りの鏡

「〈だから言ったのだ!あの草薙の様に、儀を急くからこの様な——〉」


 そこは現世——私は神族。

 なぜここにいるかは理解している。


「〈ダメです……!このまま儀を進めては、御津伽みつか様が——〉」


 多くの神族がその儀を得て、代々この宗家へ力添えを行って来た。

 けれど——私のそれは早すぎたんだ。


「〈ごめん……ね?ボクが——身体……弱く……て——〉」


『〈主のせいなどでは無い!せいでは無いんだ……私が——私の力が、御津伽みつかを……——〉』


 守護宗家は前例が——草薙くさなぎ裏当主の継承の儀の際……それを誤った例が存在したはずなのだ。

 だが……八咫やた裏門家はそれを強行した。

 それも病弱で……立って歩くよりも、ベッドで横たわる方が日常であった少年へ——当主継承の儀を強行した。

 そして……彼の身に降臨した私が——私の神霊本体が……——


 ——彼の魂を……闇の深淵へ引き摺り込んだ喰らい尽くした——


「そう……だから私はここに居る。私が——彼の従者となるはずだった、この【ツクヨミノミコト】が——」


「この主の身体を、私が彼の地へと——根の国へと運び、蘇らせるんだ。それが例え——例え、偉大なる母【イザナミノミコト】の様な醜き姿となる結末を辿ろうとも——」


 私は、私の意思と神霊体を……主の物であったこの身体へ宿す事となった。

 しかしこのままこの身を私が使い続ければ、どの道肉体がそれに耐え切れずに崩壊する。

 だから私は決意した。


「主よ——御津伽みつかよ、待っていて下さい。私がこの身と共に、根の国へと向かいます。」


 その決意を……たった一つの願いを叶えるために必要な力——宗家が蘇らせた、あの超弩級戦艦——

 位相次元へさえも突入可能な、魔導超戦艦 大和を使い——私は封印の地〈カガワの都〉を目指す。


 ——あの根の国へと通づる龍神封絶鏡を経て……へと赴くんだ——



∽∽∽∽∽∽



 瀬戸の海を横切る巨大なる吊り橋——瀬戸の大橋が陽光を受け、輝きを振りまく。

 その吊り橋を支える支柱の一つ……天頂に佇む影——切り揃えた前髪と後頭部で束ね棚引かせる艶やかな黒の御髪は、深いあおの輝きを讃え——

 海上故の強き風にも動じぬ体躯が、ただ遠方……視線をカガワの都南へ向け——静かにひとりごちる。


「流石ですね……また封印の力が強化されました。——我が主の霊力にも劣らぬ神秘の舞いは健在……と言う事ですね。ですが——」


 紺碧の瞳は宵闇の神を思わせる静けさと、深き悲しみを宿し——


「所詮貴女はお母上には及びません。歴史上数万年に一人と言われた、魂の歌声を持つお方——〈霊言を司る者フォノンドライバー八咫 焔やた ほむら……少なくともその血を受けのは我が主——」


八咫やた家裏門当主筆頭……八咫 御津伽やた みつか様に他ならないのです。なればその封印も付け焼き刃……いずれ綻びが訪れるでしょう……。」


 双眸だけでは無い——その言葉への悲しみを宿す影は、風を纏い……やがて姿を消した。


『私は私の望みを叶えます。ですからお嬢様——そして……私の邪魔をさせはしませんから……——』


 瀬戸の潮風へ不穏をまぶす声が、姿なきそこへ響き……そして掻き消されて行くのであった。



∽∽∽∽∽∽



 龍神封絶鏡——それがこのため池に名付けられた名です。

 古き時代に龍が住まう池として知られるここは、幾度も荒ぶる龍により民草が水害に苦しめられたと言い伝えられており——

 それを憂いた高僧によってため池としての姿を成して後……その荒ぶる龍は守護神へ——日本神話や陰陽道にある、陰陽の理の元変化したと聞き及んでいます。


「まずは現状じゃがの……先程、焔ノ命ほのめが封印の重ね掛けを終えてようやく安定はしたが——正直芳しくはないのぅ。」


「この子もよくやってくれてはいるがの……あの焔と同等――と言う訳にはいかぬ。彼女の力は類稀たぐいまれすぎたからのぅ。」


「……そう、おすか……。」


 封印を見守るお社側の屋敷……十畳間へ漆の艶めかしさが輝く年代物の卓を囲むウチら——そこで重々しく口を開いた堂鏡どうきょう爺様は、眉根をしかめ鎮痛のままに語ります。

 あらかたは想定していましたが……流石に厳しい状況である実情で、少し気分も萎え始めます。


 この田舎の長閑のどかな風景を楽しんでいる場合では無い事態——その現実へ否応無しに引きもどされた感じです。


「じゃが案ずる事はない。いや――むしろ、我らがその事態で右往左往し……あまつさえ憂いで負へとその意志を落としてしまえば奴らの思う壺。と言う事でじゃ――」


 爺様がしかめた眉根と供に、両の目をくわっ!と開き――ちょっとびっくりしたウチらへ向けて語ります。


「アイシャに焔ノ命ほのめよ……サクヤと沙坐愛さざめを連れて、このカガワの都にて――しっかり田舎を満喫して来るが良い!」


 そして飛び出たトンでも事案発生――ウチの思考は一瞬、見事に停止してしまいました。


「――いや……堂鏡どうきょう爺様、何を突然……(汗)ついに爺様もが――」


「そこいらの年寄りと一緒にするでないわ、まだまだ現役じゃ!言うに事欠いてボケとは失敬なっ……!しかし、アイシャも言う様になったの。……まぁ今日の所はここまでじゃ――さっさとみなで遊んで来いっ!」


「爺様無茶ぶりやな~~。ま、ウチも若菜わかなちゃんと気晴らししたかったからええねんけどな~~。」


わらわはぜひとも、若菜わかな様と遊びとうございますっしゅ!ささ、早く参りましょうっしゅ!」


 と、完全に乗り気な二人を尻目に仕方なく……ウチもその堂鏡どうきょう爺様のトンでも案件に乗る方向で――

 深く嘆息しつつお屋敷から外へ向かいました。


 けどその直後――


沙坐愛さざめや……。今はまだアイシャの業は始まってもおらぬ――故にせめて、この掛け替えのない日常は存分に過ごさせてやるが良い……。そして事態が差し迫れば――」


「――はい、お爺様。私も心得ております。では――」


 私が背負う想像を絶する業を憂いた爺様と、ドンくさいはずの沙坐愛さざめはんがウチを想い――大切な日常へと送り出してくれていたなど――

 その時のウチはまだ、気付く事も出来なかったのです。




 程なくお社境内でこれから何をして楽しむか、四人で相談する中——実の所ウチらは皆この地でのお役目もそれなりにあり……地域的な状況を何となく知り得ていたのですが——


「……堂鏡どうきょう爺様——楽しめとは言うてくれたもんの、この界隈かいわい……遊べるとこなんてあらへんおすけど……(汗)」


「何言うてまんの!あるやないか、この……言う立派な楽しみがっ!」


「——ああ……そうやね。焔ノ命ほのめちゃん、こっちでおる方が長おしたね……。何やこう……地方格差が——」


「し、失礼な!ウチを田舎もん扱いしたな!?若菜わかなちゃん!それはこのカガワの都に住む国民へも冒涜にあたいするわっ……そこになおりなはれっ!」


 腕をそれ見よがしに振り上げて、プンスカと可愛い怒り顏の焔ノ命ほのめちゃん——まぁ、本気で怒っている訳ではないのを承知していますが……すでにこの街に馴染みすぎて故郷みたいになっている様です。


 ウチにとしても宗家の御家柄——八百万やおよろずの神々を感じる為には海に山に、訪れる機会も多い訳で……自然と戯れるのは吝かではないのですが——


「ウチ的にはこう——ウチらの年齢時分に楽しめる場所とかがあればと……——」


 と口にしたウチを見た焔ノ命ほのめちゃん……突然バツの悪そうな表情で俯いてしまいます。

 これはウチが、を蔑ろにした己への自責の念と感じました。


「いや……その、ゴメン……。ウチも若菜わかなちゃんと会えたのが嬉しゅうて……その——」


「何や、かまいまへんえ?ウチはウチ自身の生い立ちを、ちゃんと受け入れてますよって……。今更焔ノ命ほのめちゃんが、それを気にする事もありまへんて。」


 優しい思いへ、方向性は違えど重き定めを背負う友人へ——心からの笑顔を返しておきます。

 そんなウチらを同じく素敵な笑顔で見やる少女——サクヤちゃんが、まるで女神の様な空気を生み出します。


 いえ——

 日本神話になぞらえる女神の一人……【コノハナサクヤ】が、彼女の本来の姿——草薙を背負う桜花おうかちゃんへ寄り添う、天津神の炎神様ヒノカグツチ同様……八百万に数えられる神様なのです。


わらわはこんなお二人が仲良く出来るのならば、いかな遊戯もお付き合い申し上げますっしゅ!」


 咲き誇る笑顔は、すでに夏本番の今日へ……まるで春の訪れである満開の桜の如き幸せを呼び——

 それにつられたウチらまでも……自然と頰が綻ぶ様な笑顔を咲かせたのでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます