—帰還の章—

真実と現実の狭間で

1話—1 封じの地 カガワの都

 地球と魔界衝突回避と言う、世界崩壊の危機を乗り越えた時代。

 しかし減少所か悪化の一途を辿る野良魔族被害。

 それらは全て、人が招いてしまった厄災であり——今この世界を覆う不穏そのものと化していた。


 世界防衛に多大な貢献を見せた日本が誇る巨大防衛組織——その伝統は、伝説となる程古き時代より受け継がれる。

 【三神守護宗家】——神代の時代より存在したそれらの始まりは、命の深淵と呼ばれた最凶の厄災……【ヤマタノオロチ】が世界を飲み込もうと生まれた時代まで遡る。

 光と闇が世界の根幹、この大宇宙に無くてはならない存在とすれば——厄災を齎す命の深淵は、それらを負の極限へと引き摺り込む【虚無】に相当する。


 しかしこの世界に於いての【虚無】は、物理法則上に生まれるエネルギーの最も低位の状態を指し——言わば宇宙の自然災害であるとされた。

 対し——【命の深淵オロチ】が引き起こすたぐいの災害は、そこへ莫大な負の霊質エネルギーが関与する霊的災害と認識されている。


 そして——

 命の存在を根底から脅かす霊災のエネルギーとなる物——それは人類が引き起こすと、

 その不毛なる闘争の歴史から生まれた惨劇こそが、その霊災に恐るべき力を与えるとされていたのだ。


 即ち……歴史上最悪とも言われる霊災【ヤマタノオロチ】は、人類の愚かさが生んだ魔の業そのものである。



∽∽∽∽∽∽



 長閑のどかな田園風景がウチの視界をくすぐります。

 八汰薙やたなぎ家に厄介になってから、それなりの月日を数え——ようやく御家の一員となれた気のする今日。

 ウチに与えられたお役目の一つ——八尺瓊やさかに家を纏める裏門当主、れい叔母様の代理として今封印の地へとSPさんの車にです。


 いる所何ですが——


「はわわっ……ちょっと!?危ないですよ!?——ああっ、そんな速度で煽らないで……!ああ、東都心トウキョウへ帰りたい……——」


 怖いです。

 かく言うウチのSPさん……運転が極端に下手と言う訳でも無いのですが、なんと言いますか——極度の心配症で……。


「いやいや沙坐愛さざめはん?あれ、普通に運転しとるだけやで?——それに煽っとる様な速度でもあらへんし……むしろ沙坐愛さざめはんの速度が、法定速度にすら達しとらへんえ?」


 長閑のどかな田園の一本道を行くウチのお付き——SPである国塚 沙坐愛くにつか さざめはん……まん丸メガネでモサッとした黒髪に、二房のおさげが醸し出す容姿は宗家内でも有名な〈ドンくさい〉美人。

 それこそ草薙の桜花おうかちゃんを護衛する完璧超人にして、ドリフトレース界でもその名を知られる綾城 顎あやしろ あぎとさんとは雲泥の差。


「そうは言いますが、自動車の運転と言う物はとても神経をですね~~はぁっ!?危ないですっ、危険ですっ!もうダメですぅぅ~~!」


「……沙坐愛さざめはん……寧ろそれは、こっちのセリフおす……。……うぷっ。」


 ガックンガックンとなる車に、ガックンガックンと揺さぶられるウチはそろそろ内臓からあらぬ物が込み上げそうで——田園を青ざめた視線で虚ろう様に眺めていました。


 ウチのSPさんは心配症が高じて、宗家内でも最も安全性に長けた装備を充実させた任務車両を運転しています。

 が——正直が、何故その車を……正確にはを選んだのかが謎で仕方がありません。


 ウチも御家の事情柄、自動車知識は一般の同級生以上に頭に入れていますが——その知識が間違いなければ、今ウチがガックンガックン揺さぶられるスポーツカーはV型6気筒エンジンを任務上改良したユニットを搭載する……その名を〈オロチ〉と呼称します。

 爬虫類を思わせるボディ外殻とヘッドライトは大蛇のそれ。

 はい……まさにウチらがの名称を持つ、ラグジュアリースポーツカーです。


 そのスポーツカーが、ガックンガックンと車体を揺さぶりながら道を行く様は……既に道行く一般のドライバーへ、【命の深淵】の如く不穏をブチまけている事でしょう……。

——違う方向の意味ですが……


 そんな中ようやく道が空き——神経質なSPさんが、やっと落ち着いた運転に戻った頃……まだ朝食も取っていない事に気付いたウチは、まあこの運転なら問題無いかとSPさんへ提案です。


「なぁなぁ、沙坐愛さざめはん!ウチお腹すいたわ~~もうお昼も近いし、あそこ行こ?」


「……はぁ、あのバイパス沿いのうどん屋ですか。ええ、了解しました……あのお店駐車場が……ゴニョゴニョ。」


 ウチの提案——この封印の地に訪れた際は必ずお世話になる行きつけのうどん屋さん〈うどん 次郎〉……彼女も昼食がてらと言う点には否定を示しませんが、お店の立地から来る駐車場の状況云々には不満たらたらです。

 と言いますか、この地の本当に美味しいうどん店の大抵は秘境に存在し——車の駐車もままならない事もしばしば……その中でもマシな方とは思うのですが……。

 流石に2m幅を持つスーパーカークラスのマシンでは、そのスペースを確保するだけでも大変なんです。


 深淵を封印せしカガワの都——かつての人造魔生命災害バイオデビル・ハザードの折にも、霊場の作る巨大な防御障壁で難を逃れたこの地……さらにこの地が保有する日本一のため池は、甚大な被害を被った日本の中での数少ないの封印の地候補。

 霊災である【命の深淵オロチ】を封じる為には、神々の霊力が宿る大自然と……巨大な鏡面に相当する、囲われた水域が八咫やた家の秘術に必要不可欠でした。


 この日本で言えば、近畿地方の湖とこの四国のため池は第一候補であり——その中でも霊的に巨大な力を持つ、二つの神域に挟まれたこの地が選ばれたのです。

 神域の一つはシマネの都を代表するイズモ——そして古の時代、異国の教徒が逃れ開いたとされるトクシマの都に存在する神域ツルギ山です。


「ほな、先入っとりますえ?沙坐愛さざめはんは、いつものかけうどんとおでんでよろしゅおすな?」


「はう……お願いします、お嬢様~~……。」


 目的であるうどん屋さんの駐車場に入った深淵紛いのスーパーカー……宗家において、お約束とも言える斜めに跳ね上がるドアを潜り抜けたウチ。

 宗家が要するこの地の別荘からこちら、1時間程のドライブで疲れ果てた沙坐愛さざめはんを置き去りさっさと入店します。

 と言いますか……普通なら2~30分で着ける距離に1時間かけたこの人の運転も大概です……(汗)


 視界の隅……入り口扉の外で退ガックンガックンするSPさんに嘆息しつつ、彼女の大好物であるおでんの卵とコンニャクを物色し——


「ああ、いらっしゃい。今日もお勤めですか?お嬢様。」


「おはようさんおす~~。今日も美味しいおうどん……食べに来ましたえ。」


「ふふっ、毎度ありがとな。今日もいつもの奴でかまへん?」


「はい~~。お願いします~~。」


 おでん物色中のウチに声をかけるは、この店を夫婦で切り盛りする片割れの奥さん——とても愛想の良い笑顔で、そのにこやかさが間違いなくうどんを美味しく引き立てる隠し味になっていると言える女性。

 その奥には黙々と、熱々に沸き立つ湯で釜に当たるそこで——出来立てうどんと格闘するイケメン店主さん。


 このお店をご贔屓ひいきにする最大要因——二人のかもし出す暖かな雰囲気が、今日もウチらを出迎えてくれます。


「はぁ~……何でこんなに止め辛いのでしょう。あまりの狭さに、危うく後ろの田んぼに転落する所で——」


「もう!沙坐愛さざめはん、失礼や!……店主はん、堪忍な~~。ウチのSPも悪気はありまへんよって……。」


「あ、ええって!立地に問題があるんは承知の上や。出口のポールとかも……ぶつけてしまうお客様さんもおるし、お嬢様もそこは気にせんでええよ。それより転落せん様……SPさんも気を付けてな?」


 ブツブツ駐車場の立地に苦情を漏らしたドンくさいSPはん——店主さんに聞こえるレベルで放ったそれを、慌ててフォローします。

 しかしそこはイケメン店主さん——とても暖かい心遣いで流してくれる姿は、やはりこのお店の繁盛する決め手だと感じました。


 そしてすでに席に着き――セルフで頂くその美味しいうどんに舌鼓を打つウチは、ここで得られる何時もの至福のひと時を味わいます。


「あぁ~~やっぱりここのうどんが、ウチの舌に合うとるわ~~☆硬すぎず、それでいて太すぎへん丁度良さ~~。ウチ太すぎるん苦手なんやわ~~☆」


「あ……わ、私もその……細いうどんが好みでして——やはりここのうどんが——」


沙坐愛さざめはんはここの卵がええんよな~~☆ここやったら、天ぷらヴァージョンの卵もありますよって。」


「お、お嬢様~~!?」


 先の失言を必死で挽回しようとする沙坐愛さざめはんへ、身も蓋も無いツッコミを献上し——身も蓋も無くなった、哀れな彼女が慌てふためきます。

 そのやり取りを、クスクス見守る店主はんとその奥さん——それがこの封印の都へ訪れた際のささやかな日課となっていました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます