よるとメルサワ

 よるとメルサワ


 きせつはあきです。

 なのに、はっぱはみどりいろ。あかもきいろも、ちゃいろもありません。

 公園こうえんで、アサダのくちがひらきます。

むかしっぱのいろわっていたらしいね」

「ひつようなのか? それ」

「きれいかもしれない」

 ネズコとミズキは、ちがう意見いけんでした。

 のようにえるロボットのはっぱは、いろをかえません。

 むしのようなロボットも、おおきなおとをだすことはありません。

 ずっとおなじような景色けしきをながめても、どうぶつのかたちをしたロボットが退屈たいくつおもうことはないのです。

 まちでは、へいわなときがすぎていました。


 たいようが西にしへかたむいて、もうすぐよるになります。

 こどもたちが、しろいおおきないえにはいっていきます。

 ゆうやけであかくそまるなか、アサダたち三人さんにんもやってきました。

おそいわ。2びょうおくれています」

 すこしのたかいポニーテールのおんなが、おとこをにらみつけました。

「ごめん。メルサワ、おやすみ」

 玄関げんかんのちかくでよこになったアサダは、ぴくりともうごきません。

 ネズコがそのひだりがわにすべりこみ、ミズキがみぎがわにてしまいました。

 まゆげにちからをいれたメルサワは、なにもいませんでした。よこになるとやわらかそうなかおになって、おだやかな寝顔ねがおになりました。

 四人よにんのほかにも、たくさんのこどもたちがよこになっています。

 ふとんやベッドはどこにもありません。

 じつは、スリープモードになる必要ひつようがないのに、みんなています。

 よるることしかしらないからです。むかしはきまったへやでていたという情報じょうほうを、だれもしりません。


 あさがやってきて、ほとんど同時どうじにこどもたちがをさましました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます