補助魔導士という良く分からないジョブ適性だったので、取りあえず剣士やってます

作者 ウマロ

32

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

「補助魔導士が活躍する物語」として見ると(今のところ)たいして面白くはありません。
しかし「0から手探りでもがきながら前に進み続ける少年の物語」として見ると、とても面白く読みごたえがあります。

0が1になり、補助魔導士としての物語がこれからどうなっていくのか楽しみです。

★★★ Excellent!!!

作中では14歳で神の神託により職業が決められます。
憧れの職業に適正がある者、なかった者……
鍛練してきた剣士が実は商人に向いていたり、僧侶に向いていたり……
そんな中、神託を受けた神父は主人公ユクトに適正ジョブを言い放つ。
「君の職業は補助魔導士だ!」
………………補助魔導士ってなんだ?

よくわからない職業に悩みながらも、剣術を磨き切磋琢磨する主人公ユクト。
そんな主人公と共に成長していく仲間とのストーリー。
読みやすく分かりやすい描写とほのぼのとした雰囲気が作品のファンタジーの世界観を演出しています。
まさに『日本よ、これがファンタジーだ!』