優しい死神は、君のための嘘をつく(旧題:桜色に染まる空の向こうで優しい死神は笑う)

作者 望月くらげ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第27話へのコメント

    この回も良かった

  • 第25話へのコメント

    “君”っていう呼び方から“真尋”って呼び方に変わったのすごく良い!

  • 第26話へのコメント

    ホームの書籍化作品っていう所からこの作品に巡り会えたのですが、他の方が言う通り感動作です!この作品に巡り会えて良かった。☆1評価で申し訳ない。きっと何かが足りないから。全話、読みました( *´艸) この回は鳥肌が立ちました…!私が鳥肌立ったという事は泣いたと同じ意味です。いくら感動するからって小説で泣いた事ないので。

  • 第28話へのコメント

    私は39歳のおじさんですが物語の終盤で何度も泣いてしまいました。素晴らしい作品を読ませていただきありがとうございました。タグに女性向けとありますが男女問わず全世代に受け入れられる作品だと思いますよ。

    作者からの返信

    最後までお読みくださりありがとうございます。
    何度も泣いてくださったとのこと、また全世代に売れ入れられる作品とおっしゃっていただけたこと嬉しく思います。
    こちらこそ本当にありがとうございました。

    2020年7月3日 15:13

  • 第28話へのコメント

    すごく感動しました。
    小説を読んで泣くのははじめてでした。
    すてきな作品をありがとうございます

    作者からの返信

    最後までお読みくださりありがとうございます。
    小説を読んで初めて泣いたと言って頂けて本当に嬉しく思います。
    こちらこそ、真尋と死神さん、二人のお話に心を寄せてくださりありがとうございました。

    2020年7月3日 15:11

  • 第28話へのコメント

    今読み終わったけどこれはやばい、泣いた、号泣した、やばい、まじでやばい、本当にやばい。
    この作品と出会えてよかったです。ありがとう、作者さん。

    作者からの返信

    最後までお読みくださりありがとうございます。
    号泣したとのお言葉、嬉しく思います。
    こちらこそ、この作品をお読みくださり本当にありがとうございました。

    2020年7月1日 10:35

  • 第11話へのコメント

    なんやっけ?終末期医療的なやつだっけ?もう助からない患者を最後くらいは家族と一緒に…ってやつ。
    何にせよ、悲しい。

  • 第28話へのコメント

    今日で拝読させていただきました。
    この作品は人生初めの読み切り日本語の作品だった。(日本語を勉強している外国人)
    凄く感動されました。
    素晴らしいお作品です。
    死神さんは廉くんと明らかになったところ、本当に涙出てきた。

    最後まで読むと、心がスッキリした。

    上手く伝えるか分かりませんが…

    こんなに素晴らしいお作品を拝読させて頂き、ありがとうございました。

    作者からの返信

    最後までお読みくださりありがとうございます!
    人生初めての日本語の作品にこの作品を選んで頂けたこと嬉しく思います。
    二人の物語に涙して頂けてありがたい限りです。
    こちらこそ、本当にありがとうございました。

    2020年7月1日 10:34

  • 第28話へのコメント

    この小説…って言うかもう僕の中ではこの世界って感じになってるんですが、まぁ…はい。何が言いたいかって言うと、泣きました。感動です。
    何見てもなかなか泣かない僕が初めて泣いたかもです。
    割と最近、作品フォローして、それでも今日まで全く読めてなくて…。

    読んで分かりました、これは凄いです…!

    素敵な作品をありがとうございました。

    あっ…応援付けてない…行ってきます!

    作者からの返信

    最後までお読みくださりありがとうございます!
    真尋と死神さん、そして廉君の物語に涙して頂けたとのこと嬉しく思います。
    またさかのぼっての応援もありがとうございました!

    2020年7月1日 10:33

  • 第28話へのコメント

    最近読みました。
    割と最初の方で死神は廉くんだろうと予想できる物語でしたが、だからこそ、先の展開が少しわかってしまい読むのが切なかったです。
    読む手と涙が止まりませんでした。
    ティッシュ一箱使い切ってしまいました。どうしてくれるんですか(称賛)

    作者からの返信

    お読みくださりありがとうございます!
    涙が止まりなかったとのお言葉、嬉しく思います!
    ティッシュ一箱使い切るほど真尋と死神さん、そして廉君の物語に心を寄せてくださりありがとうございました!

    2020年7月1日 10:31

  • 第28話へのコメント

    ただただ感動しました(@_@)

  • 第18話へのコメント

    これはもしや、あれですか?
    廉君の線が濃くなったのか、未来から来た兄弟っていう線が高くなったっていう事ですか?

    作者からの返信

    最後までお読みいただきありがとうございました!
    一気に読み進めていただけたようで嬉しかったです!

    2019年10月11日 18:49

  • 第13話へのコメント

    え!?
    この死神は廉くんなの?それとも、生まれてくる兄弟なの?
    どっちだろ……。

  • 第28話へのコメント

    遅ればせながら拝読しました。
    一気に読めちゃって、名残惜しくもありますが、しばらく余韻に浸っています。完結おめでとうございます。
    とても暖かで切なくて愛しい作品でした。

    作者からの返信

    最終話までお読みくださりありがとうございました!
    愛しい作品と言っていただき嬉しいです。
    切ない中にもあたたかさと優しさが詰まった一作になっていればいいなと思っていたので、そう言っていただけるとホッとします!
    ここまでお付き合い、ありがとうございました!
    (そして、返信がめっっっっちゃ遅くなりましたことを、お詫びします……。ごめんね、きょーちゃん)

    2019年3月12日 23:10

  • 第27話へのコメント

    うっかり勤務前に読むのはヤバいですね。朝から泣けてくる。

    作者からの返信

    いつもありがとうございます!
    切なく悲しいですが、いつかまた会える日までしばしのお別れです。

    次回はいよいよ最終話となります。二人が選んだ未来の結果を確かめていただければ幸いです。

    2018年12月12日 01:52

  • 第26話へのコメント

    この展開は震えました。いよいよ結末が楽しみです。

    作者からの返信

    ありがとうございます!!ついにラストシーンに向けて走り出してしまいました。
    二人の物語にどうぞ最後までお付き合いくださいませ!

    2018年12月10日 21:50 編集済

  • 第24話へのコメント

    目が離せません。

    作者からの返信

    いつもお読みくださりありがとうございます!
    いよいよ物語は終わりに向けて進んでいきます。
    どうぞ最後までよろしくお願いします。

    2018年12月6日 23:32

  • 第21話へのコメント

    良い回ですね。

    作者からの返信

    ありがとうございます!!そう言っていただけると嬉しいです!

    2018年12月4日 00:17

  • 第19話へのコメント

    なんかごめん。
    私はひねくれ先輩が一番好きっす。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    そして先輩好きって言ってくれて嬉しい笑

    2018年11月24日 11:22

  • 第16話へのコメント

    「私も、死神になれば~」でウルっときました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    真尋の本音がポロリと零れ落ちた瞬間でした……。

    2018年11月24日 11:22

  • 第11話へのコメント

    切ないですね。。。

    作者からの返信

    いつもお読みくださりありがとうございます!
    約束を信じていたのは自分だけだと思い知らされた真尋です……。
    続きもどうぞよろしくお願い致します!

    2018年11月18日 21:57

  • 第5話へのコメント

    センチメンタルな死神ものは大好きです。更新を楽しみにしています。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございますー!
    どんどんと切な悲しくなっていく予定ですのでよろしくお願いします!

    2018年11月9日 20:36