#12 家族の団欒はいつでも和やかで

 久々に自分の部屋で目覚めた。モリアに豪快に起こされて。


「おはよう兄さん! 朝ご飯作って!」


 こいつの俺への関心は飯だけか。そう思いながらも、サミエルは重い頭をどうにか上げる。「うー……」とうめく様な声が漏れた。


「解った……すぐに行くから……待っててくれ……」


 サミエルが開かない眼をしょぼしょぼさせながら言うと、モリアはサミエルの胸ぐらを掴んでいた手を離し、笑顔で言った。


「よろしくね!」


 そうして颯爽さっそうと部屋を出て行く。同じ親から生まれたと言うのに、この寝起きの差は何だと言うのか。


 とにかく起きなければ。サミエルは無理矢理に眼を見開いて、上半身を起こした。と、したところで眠いものは眠い。しかし2度寝は許されない。次は胸ぐらでは済まないだろう。


 両眼をこすり、どうにか意識を覚醒させようとした。


「お、おはようございますカピ!」


 既にしっかりと目覚めているだろう、はっきりとしたマロの声が耳に届く。


「ああ……おはようさん……」


「あの、あまりご無理をされない様に……」


 数日一緒に暮らしていて、マロはサミエルの寝起きの悪さを知っている。気遣う様に言ってくれるが、そうも行かない。


 しかし今朝はいつも以上に疲れている。昨日の移動もあったが、それだけだろうか。


 サミエル本人が気付かないところで、負担が掛かっていたのか。


 今日はゆっくりすると決めた。なら1日使って疲れを取れば良いのだ。まずは朝食を作らなければ。


「よっしゃあ!」


 サミエルは気合を入れる様に声を上げると、ベッドから立ち上がった。顔を洗えばしゃっきりもするだろう。




 今朝はサンドイッチにする。


 まずは卵とオリーブオイル、ビネガーと塩でマヨネーズを作る。


 先に作っておいた茹で卵をマッシャーで粗く潰してマヨネーズと和え、塩と胡椒こしょうで調味。トーストした食パンにバターを塗り、スライスしたチェダーチーズとレタスを一緒に挟んだ。


「ほらよ、朝飯」


 出来たサンドイッチを、家族とマロが待つテーブルに置くと、各々おのおの「いただきます」と手を合わせ、我先とサンドイッチを掴んだ。


「ん〜この卵の味付け絶妙〜」

「チーズと合うわね〜」


 そんな感想を口々に言いながら、サンドイッチを頬張る。


「朝からこんな旨いものを食べられたら、今日も1日仕事を頑張ろうと思えるなぁ。勿論母さんの料理もとても旨いんだが」


 父親の仕事は書店員である。そんな父親が頬を綻ばせながら言うと、母親は「あら、ほほほ」と小さく笑う。


「そう言ってくれるのはとても嬉しいけど、私は楽が出来る上に美味しいものが食べられるんだから助かるわ」


「えっ、母さん料理が面倒なのかい?」


 母親の台詞に父親が驚くが、母親は何ひとつ表情を変えず。


「料理は好きだけど、毎日の事だもの、面倒に思う事もあるわよ。貴方も仕事が面倒だって思う事だってあるでしょう?」


「ああ、まぁ、それはそうか」


 父親が母親の例えに納得していると、モリアがうんうんと頷く。


「私が勉強を面倒だと思ってるのと一緒よね」


「それは違うだろう」

「それは違うわよ」

「それは違うだろ」


 父親と母親、サミエルの突っ込みが重なり、モリアは「えー?」と不満げに唇を尖らせた。


 マロはもぐもぐと美味しそうに口を動かしながら、そんな家族の団欒だんらんを楽しそうに眺めている。


「マロ、いっぱい食って大きくなれよ」


 サミエルもサンドイッチをつまみながら言うと、マロは「はい!」と元気に返事をする。カピバラを始め動物は子どもが特に可愛いとは思うが、成長は順調にして欲しい。


 まろやかな味の卵に、チーズのほのかな塩気が良く合っている。しゃきしゃきレタスの食感がアクセント。


 パンは焼いてあるので、香ばしさも美味しさを助長させている。


「あ、そろそろ学校に行かなきゃ」


「僕も仕事の時間だ。サミエル、晩ご飯楽しみしてるぞ」


 気付けばサンドイッチはすっかり空になっていた。競争に負けたか。サミエルは物足りなさを感じた。今度からは大皿では無く、それぞれに盛り付けようと思う。


「行ってらっしゃい」

「行ってらっしゃい」


 母親とサミエルに見送られ、父親とモリアは「行って来まーす」と軽やかに出て行った。


「さて、と」


 サミエルはまたキッチンに立ち、冷暗庫から卵とゴーダチーズを出す。


「あらサミエル。また何か作るの?」


 食後の珈琲コーヒーを傾けていた母親が訊いて来る。


「母さんたちサンドイッチ食い過ぎ。足りなかったから、チーズオムレツでも作ろうかと思ってさ」


 サミエルは言いながら、ボウルに卵を割った。


「あら、いいわねぇ。私も食べたい」


「だから食い過ぎだっての。あ、マロは食って良いからな」


「何それ。マロくん羨ましい〜」


 母親が拗ね、サミエルは苦笑する。マロはそんなふたりを見ておろおろと。


「あ、あの、あの」


 マロが焦った様に言うと、母親はすぐに機嫌を直し、マロの頭を撫でた。


「もう〜マロくん沢山食べて良いのよ〜」


 何ともころころと気分が変わるものだ。サミエルはまた苦笑し、オリーブオイルとバターを熱したフライパンに、塩と砂糖で調味した卵液を流し込んだ。




 午前中をゆっくりと過ごし、昼ご飯は3人分を作る。


 フレッシュバジルとから炒りした松の実、にんにくを乳鉢にゅうばちを使って潰し、オリーブオイルとしっかり混ぜたらジェノベーゼソースの出来上がり。


 オリーブオイルでにんにくの微塵みじん切りをじっくりと炒め、パスタの茹で汁を加えて少し煮詰める。


 そこに茹だったパスタ、リングイネを入れて良く混ぜて、塩と胡椒で味付け。


 そこにジェノベーゼソースを入れてしっかりと絡め、り下ろしたパルミジャーノ・レッジャーノと黒胡椒を加えて混ぜたら、ジェノベーゼパスタの出来上がり。


「私がサミエルのレシピで作っても同じ味にならないの、どうしてかしら」


 母親が満足げな表情で何口かを食べた後、そう言って首を傾げた。


「調味料の違いじゃ無いんか?」


 サミエルはしれっと応える。


 ユリンの調味料もそうだが、恐らくはサミエルの2つめの能力も大いに関係しているのだろう。


 が、その事は家族にも言わないと、マロと示し合わせてある。心苦しいが、どこから世間に漏れるか判らない。人の口には戸が立てられない、だ。


「だから、その調味料のお店、私にも教えてよ」


「こっちの取り分減ると困るから駄目」


「もう」


 母親は少し拗ねるが、次の一口でまた機嫌を直す。


「やっぱり美味し〜い。堪らないわね!」


 マロもはふはふと嬉しそうに頬張っている。


 摘み立てのフレッシュパジルを使用しているので、新鮮な爽やかさを生み出している。


 松の実がまろやかさとコクになり、にんにくが味を締める。


 香りが豊かでとても美味しいジェノベーゼパスタだ。


 サミエルも満足げに口を動かした。




 昼食を終え、母親は仕事に出掛けて行った。父親と同じ書店に勤めている。


 サミエルはマロと共に、部屋で横になったり、気分転換を兼ねて散歩に出たり。その帰りには夕飯の買い物の為に市場へ。


 体調はまだいまいち戻らないので、今夜も簡単なもので許してもらおう。サミエルは家にあったものを思い出しながら、足りないものを買い足して行った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます