#11 実家に帰ろう

 一夜が明け。


 今日はスーザの村を出て、違う村に向かう予定である。


 寝起きに弱いサミエルは、まともに動かない頭で朝食を作る。パンの切り目にマスタードマヨネーズを塗り、ふわふわのスクランブルエッグとカリカリに焼いた豚の燻製くんせい肉、新鮮なレタスを挟む。


「美味しいですカピ!」


 嬉しそうにかじり付くマロを横目に、サミエルも一口。


 簡単なものなのだが、我ながら良く出来ていると思う。甘めのスクランブルエッグと豚の燻製肉を、少しピリッとしたマスタードマヨネーズがまとめていて、レタスが清涼感を醸し出している。


 食べ終わったら、チェックアウトの準備と昼食用の弁当作りだ。




 移動の為の馬車を借りる。今回も小型の馬車で、引くのは黒い毛並みの馬である。名はツナ。


「ツナ、よろしくな」


 喉元を撫でてやると、ツナは心地好さそうにヒヒンと小さく鳴く。


 馬車部分にトランクとマロを乗せ、サミエルは操縦席へ。


「よし、行くぞ!」


「はいカピ!」


 威勢の良い声を上げて、馬車をゆったりと走らせる。ツナは軽快に道を進んで行った。


「これからどこに行くのですカピか?」


「東部、アグレルの村だ。俺の故郷でもあるんだぜ」


「そうなのですカピか! お里帰りなのですカピね」


「まぁな。しばらく帰れて無くて、呪い受けてますます帰れんくなったからな。親兄弟の顔を見るものだが、手紙や何かも来てたら受け取んないと」


「ご兄弟がおられるのですカピか?」


「妹がひとりな」


「ご家族にお会い出来るのが楽しみですカピ。お手紙などは、お家に届けられるのですカピか?」


「おう。俺は大概4日以上同じところにはおらんからな。入れ違いになったら困るだろ」


「そうですカピね」


 そうして、また馬車を走らせる。途中で弁当を食べ、ツナにも人参をあげ、休憩を取りつつ進んだ。




 アグレルの村に到着した時には、陽はすっかりと落ちて、空には月が昇り星がまたたいていた。


 この村には実家があるので、宿を取る予定は無いが、さて家族は在宅してくれているだろうか。


 馬車を返して、トランクを引きりつつ家までのんびり歩く。マロはその横をちょこちょこと付いて来た。


「あ、サミエルだ。お帰り〜」

「サミエルさん、お久しぶりね。お帰りなさい」


 実家に近付くにつれ、度々そんな声が掛けられる。


 足元のマロにも気付かれて、「あら、この子どうしたの?」などと聞かれる度にマロの紹介をし、マロは「こんばんは、初めましてカピ」とぺこりと頭を下げた。


 さて、到着した家は、そう大きくは無いが煉瓦れんが造りの頑丈がんじょうそうな建物。ドアは木製で、サミエルはそれをノックした。


「はーい」


 中から若い女性の声が返って来る。ドアが開かれると、そこに立っていたのは、声の通りの若い女性、妹だった。


「あ、兄さん。お帰り」


 妹は少し驚いた様に、小さな笑みを浮かべて言った。


「ただいま。父さんと母さんは?」


「いるよ。とりあえず入んなよ」


「おう。ほら、マロ」


「は、はいカピ」


 マロが些か緊張した様子で返事をすると、それで妹はマロの存在に気付いた様だ。


「え、子どものカピバラ? 可愛いね。どうしたのこの子。喋ってるって事はこの子も能力持ち?」


「そ。マロってんだ。今一緒に旅しててさ」


「へぇ、良いね。マロくん? マロちゃん? こんばんは」


 妹はマロの正面に屈み込むと、頭をそっと撫でた。


「ボクは雄カピバラですカピ。どうぞよろしくお願いしますカピ」


「よろしくね。私は妹のモリア。ささ、マロくんも入って入って。兄さん、ご飯は食べたの?」


「いや、まだ。何か作らせてくれ。あ、父さん母さんただいま」


「あら、お帰り」


「お帰り、サミエル。ん、そこカピバラは?」


「マロ。一緒に旅してる相棒」


「よろしくお願いしますカピ。マロですカピ」


 マロがぺこりと頭を下げると、両親は「よろしくね」「よろしく」とそれぞれ返してくれる。


 家に入ってすぐが団欒だんらんスペースになっていて、両親がゆったりと椅子に掛けて寛いでいた。その奥にはキッチンがあり、団欒スペースは食卓を兼ねている。


「すっかりご無沙汰しちまって済まんな」


 サミエルはトランクをとりあえずドアの脇に置き、空いている椅子に掛けた。マロはその足元にちょこんと座る。


 するとモリアがマロを抱え上げ、空いている椅子に座らせてくれた。


「あ、ありがとうございますカピ」


「どうしたしまして」


 モリアがにっこりと笑い、自分も椅子に掛けた。


「兄さん、晩ご飯作るんなら多めにね。私も少し食べたい」


「ん? お前らも晩飯まだなのか?」


「食べたけど、それなら私も少し食べたいわ。お前が作るんなら食べないなんて勿体無い」


「だよなぁ。僕も食いたい」


 モリアの台詞に両親も追従する。


 サミエルは苦笑すると、立ち上がった。


「移動で疲れてるから、簡単なもんだぞ? 材料何があるかな」


「食料庫と冷暗庫のもの、何でも使ってくれて良いわよ〜」


「はいよっと」


 母親の台詞に、サミエルはまず冷暗庫を開けた。




 調味料は持参のものを使う。食料庫と冷暗庫から出したものは、卵と豚の燻製肉、玉葱たまねぎにモッツァレラチーズ、乾燥パセリ。


 玉葱は微塵みじん切り、豚の燻製肉は拍子ひょうし切り、モッツアレラチーズはさいの目にカット。


 卵は解きほぐして、砂糖と塩で調味し、乾燥パセリを混ぜておく。


 フライパンを出して火に掛け、オリーブオイルを引いて、まずは豚の燻製肉をじっくり焼く。


 ほんのりと焦げ目が付いたら玉葱を加えて塩を振って、炒める。


 玉葱が透明になって来たらバターを入れる。溶けて全体に行き渡ったら、卵液を一気に流し込む。


 フライパンの縁からふんわりと固まって来るので、内側に寄せる様にして、全体が半熟状態になったら、所々にバランス良くモッツァレラチーズを埋めて、ふたをして数分蒸し焼き。


 蓋を開けてひっくり返し、今度は蓋をせずに数分焼いて。


 皿に移したら、ベーコンとモッツァレラチーズのオムレツ、完成である。


 大きく厚く作ったので、両親や妹に多少つままれても、マロと自分の分は充分にあるだろう。


 取り分けがしやすい様に、ナイフで放射線状に切っておく。


「出来たぜ。皿とか出してくれ」


「はーい」


 サミエルが言うと、モリアが立ち上がる。食器棚から小皿やフォークなどを出してテーブルに。


「お待たせ。お前ら、加減して食えよ。マロはたっぷり食えよ」


 言いながらテーブルの真ん中にオムレツを置くと、「おお〜」と歓声が上がった。


「本当に簡単なもんだからな。具の種類も少ないし。今回ばかりはあんまり期待せんでくれ」


 サミエルが言うと、モリアが「チッチッチ」と言いながら人差し指を左右に振った。


「兄さんの料理の真髄しんずいはそこじゃ無いのよ。例えきゃべつをオリーブオイルで炒めて味付けしただけでも、美味しいものが出来上がるね」


 確かに、きゃべつ炒めはともかくとして、サミエルの調味、これが第1なので、モリアの言う事はあながち間違ってはいない。


「じゃあ、いただくか」


 父親が言い、フォークを手にすると、母親とモリアもそれを追う。


「いただきます」

「いただきます」

「いただきます!」


 3人の声が揃い、早速オムレツにフォークを伸ばす。サミエルもまずはマロの分を取ってやった。


「ありがとうございますカピ。いただきますカピ」


 嬉しそうに言い、早速かぶり付く。父親たちもはふはふと夢中になって食べている。


「バターの香りが良いな〜」

「チーズがとろりとしてて美味しいわ〜」

「味付け最高〜」


 サミエルも食べるとしようか。


 うん、やはりバターと卵の相性は最高だ。炒めた玉葱の甘さ、少し塩っけのある豚の燻製肉がアクセントになり、とろりと程良く溶けたモッツァレラチーズがそれらを纏める。


 味付けは控えめなのだが、だからこそ生きて来るバターとモッツァレラチーズのコクと優しさ。


 また美味しく出来てしまった……サミエルは満足しながら口を動かした。


「サミエルさん、またまた美味しいですカピ! 凄いですカピ!」


 マロがうっとりとした様子で言う。それは良かった。サミエルは嬉しくなって頷いた。


「サミエル、この村の営業はどうするの?」


 一切れを食べ切って、食欲が落ち着いただろう母親が訊いて来る。


「あー、明日は1日ゆっくりして、営業するなら明後日かな」


 別の街や村なら、着いた翌日には営業をするところだが、折角せっかく実家に帰って来たのだから、少しは落ち着きたい。


 しかしそうサミエルが言うと、モリアが「ちょっと!」と少しとがめる様に口を開いた。


「絶対に営業して貰うよ。もー学校でしょっちゅう聞かれて面倒なの。兄さん次はいつ帰って来るのか、とか、営業は、とか」


 サミエルとモリアは少し歳が離れていて、モリアは現役の学生なのである。


 モリアに少しねた様に言われると、サミエルは苦笑するしか無かった。


「解った、解ったよ。明後日な」


「絶対よ!」


「おう」


 サミエルが約束すると、モリアは機嫌を直し、またオムレツを口に入れた。


 この村は故郷なので、当然名産品は幾つか把握している。さて、何を作ろうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます