ひとり舞台は晴れ舞台

作者 猫田芳仁