第5話 帰り道

 腕組みをしながらこちらを睨む理奈。

 その表情で何を言われるか大体分かってしまう。


「ねえ、陽。確か私、一緒に帰ろうって言わなかったっけ」

「お、おう。だから今から帰ろう」

「藍田さんいるじゃん」

「二人で帰るとは言ってなかったぞ」

「陽介?」


 ニッコリとする理奈だが、その笑顔に怯えを感じずにはいられない。

 昨日の登校時の様子から考えるに、理奈と藍田は仲が良いとは言えない関係であることは分かる。

 確かに、その藍田と一緒に三人で帰るという言い訳は無理があったかもしれない。


「香坂さんと約束してたの?」


 藍田は少し困った顔をしながらこっちを見てくる。


「そうなんだ、ちょっと忘れてた……ごめん」


 部活を挟んで約束がすっかり頭から抜け落ちてしまったなんて、間の抜けた話だ。


「まったくアンタは……そういうことだから、ごめんね藍田さん。こいつにはまたしっかり怒っておくから」


 呆れた口調で「許してあげて」と謝る理奈に、藍田は快く頷いた。


「ううん、大丈夫だよ。私から誘ったんだから、あんまり怒らないであげて」

「え、藍田さんから? 珍しいわねあなた、帰り道に男子誘うなんて。てっきり陽からだと思った」

「珍しいっていうか、初めてかな。結果は残念だったけど」


 意外そうな顔をする理奈に、エヘヘと苦笑いをして見せる藍田。男なら思わず見惚れてしまいそうなその苦笑いも、理奈にとってはどうでもいいことらしく平然としている。


「一体どういう風の吹きまわし?」

「どうって、一緒に帰りたかっただけだよ?」

「ふーん。そっか」


 今の理奈には、普段のおちゃらけた言動からはあまり想像できない、いつになく真剣な空気があった。


「それじゃあ、私たちは帰るね」

「うん、また明日ね」


 こちらに手を振る藍田に、俺は手を振り返す。

 理奈も一度だけ手を振ると、そのまま先に帰路に進んでいった。


◇◆


「おーい理奈、まだ怒ってるのか?」


 学校から出て暫く経っても俺の一歩先に進んでいく理奈に声をかける。


「別に怒ってないわよ。ちょっと驚いただけ」


 理奈はやっとペースを緩めて俺の横に並ぶ。


「そこまで驚くことか?」

「驚くわよ普通。陽あの子に中三の時振られたんでしょ?」

「そうだけど。もう半年も経ってるし」

「半年も、ね。あんたがそう思うなら別にいいんだけど」


 理奈はため息を吐くと共に、唐突に昔の話を振ってきた。


「高嶺の花がついに他校の男子に告白されたーって聞いたときは別に興味なかったけど、それが陽って分かったときはびっくりしたのなんのって」

「あー、あの時はショックで理奈からのライン無視してたな」

「そうよ、こっちは心配してラインしたげたってのに」

「ごめんごめん。でも心配してたって割にはキツい言葉が飛び交ってた気が……」


 あの時の送られてきたラインを思い出す。

『あんた大丈夫? 振られたからって気に病んじゃダメよ!』

『ちょっと、生きてるの?』

『おいコラ! 家まで突撃されたくなかったら返事しなさい!』

『次会ったら覚えときなさい』


「……最後はもはや脅迫だったような」

「あれは心配の裏返しよ」

「ほんとかー?」


 冗談ぽく茶化す俺に呆れたように「当たり前でしょ」とそっぽを向く。

 その様子を見ると本当に心配していたかなど疑う余地もない。


「あの時はありがとな」


 頭をぽんぽんとすると「や、やめてよ!」と逃げられた。


「お、照れた?」

「照れてないっつーの! 調子乗んな!」

「あっはは、ごめんごめん」


 カバンで殴ってこようとする理奈を軽くあしらうと、理奈はますます不服そうな顔をする。

他の女子にはとてもじゃないがこんな言動は出来ない。昔から関係を築いている幼馴染だからこその振る舞いであることは、間違いない。


「それにしてもお前と帰るの久しぶりだな」


 話を逸らすと、意外にも理奈はすぐに機嫌を治した。


「ねえ、久しぶりついでに陽介の家に寄っていい?」

「いいぞ、母さんはまだ帰ってないだろうけど。姉貴ならいるはずだから」

「お姉さんいるの? やった、いつ振りかしら!」

「二年振りくらいか?」

「それくらい経つかもしれない、早く行こ!」


 すっかり上機嫌になった理奈に引っ張られながら、俺は自宅へと帰った。


◇◆


「ただいま」

「お邪魔します!」


 家に帰ると、玄関先から見えるリビングにちょうど聡美がいた。二人の再会は、二年ぶりくらいだろうか。


「おかえり……あれ、理奈ちゃん! 久しぶりね、元気にしてた!?」

「久しぶりお姉さん! 元気元気、超元気です!」


 嬉しそうに聡美に抱きつく理奈は一気に小さな頃に戻ったみたいだ。


「やだ陽介ったら、理奈ちゃんが来るなら事前に連絡してよ! もっとばっちしメイクしたのに!」

「母さんみたいなこと言うな、何歳だよ一体」

「歳なんて関係ないわ! 今時高校生でもメイクしてるっての、ねえ理奈ちゃん?」

「えーと、まあ外出する時はすることが多いですね」


 その答えに少し驚く。理奈もメイクするのか。


「それにしても綺麗になって、ほんと陽介も幸せ者ねぇこんな幼馴染がいて! モテない男子に言ったら発狂するんじゃない?」


 うりうりと肘でこちらを突いてくる聡美を躱す。


「中身は変わってないよ」


 俺の言葉に理奈は一瞬ジロッとこちらを一瞥したが、聡美を前にしているからか、言いたいことは抑えたようだ。


「あらよく見たら胸も結構大きくなって、触っていい?」

「はい? え、あっちょっと!」


 唐突に聡美の手が理奈の胸に伸びる。

 健全な男子としてその場に残りたかったが、後が怖いので二人を放って二階の自室に戻った。


「そういえば、理奈をうちに入れるのって小学生の時以来か」


 自室のドアを閉めながら、ふと呟く。

 中学時代は姉と祖母の家に居候していたため、その間この家に住んでいたのは、夜遅く帰ってくる母と、単身赴任から稀に帰ってくる父だけだった。

 こうしてみると、学生ながら時の流れを感じずにはいられない。

 小学生の時は男子に混じって汗水垂らしていた理奈が、高校生になったらあんなに女子らしい容姿になって、メイクまでしているというのだから、時が経っているのは道理だろう。


 そう思いを巡らせているとコンコンとノックの音がした。


「入ってますかー?」

「トイレじゃねえぞここは」

「冗談冗談。陽、入っていい?」


 小学生の頃は問答無用で突撃してきた理奈が一応ノックをして確認してくるところなど、細かいところでの変化が窺える。


「どうぞ」


 カチャッという音と共に、理奈が遠慮がちにソローっと入ってくる。


「わあ、変わったね」


 小学生の頃は仮面ライダーやウルトラマンなどのグッズで溢れていた俺の部屋も、今やバスケのポスターのみ。後は少しの漫画や雑誌など、普通の男子高校生の部屋に様変わりしていた。


「このポスターの選手、好きなの? NBA見てるんだ」


 意外そうにポスターを眺める理奈に、俺は否定する。


「いや、見ないよ。裏面に中学の後輩たちの寄せ書きがあるから飾ってるだけ」

「え、なんでこんなとこに書かせたのよ」

「中学生特有のノリ」

「馬鹿ねえ」


 そう言う理奈の目は言葉に反してとても優しい。

 その表情が小さい時の理奈とあまりにも違っていて、不覚にもドキッとする。


「あー、ていうか何の用?」


 心を隠すように話を逸らす。


「お姉さんから避難しにきただけよ。文句があるならお姉さんを止めてきて」


 そう言われてしまえば部屋から追い出すわけにもいかないが、今しがた感じた理奈へのいつもと違う感情のせいで、少し一人になりたかった。

 だが理奈は俺の部屋に置かれている漫画や雑誌を漁り、その中の一冊を取るとゴロンと床で横になった。

 バスケの雑誌を眺めながら「そういえば」と話しかけてくる。


「私って陽の中学時代、バスケの成績以外あんまり知らないんだよね」

「試合会場以外では会わなかったしな、家も離れてたし」


 その試合会場でも藍田と話すことの多かった俺は、中学時代は理奈とほとんど会っていなかったことになる。もっとも、ラインではたまにやり取りをすることもあったが。


「陽って、ずっと藍田さんと話してたよね」

「向こうが男バスのマネージャーだったから、色々バスケのこと教えてたんだよ」

「知ってるよ、ラインで一回聞いたことあったし」


 そこまで言うとガツンという音と共に凹んだ物が転がった。


「痛っ! 何これ、目覚まし時計?」


 理奈は蹴飛ばした目覚まし時計を拾い上げる。


「なにこれ、凹んでるじゃん」

「ああ、それか」


 朝目覚めが悪い俺は、時計を止める際も眠っていることが多いのでたまに時計を落としてしまう。その結果が、ボコボコに凹んだ目覚まし時計だった。


「相変わらず朝に弱そうねえ」

「お察しの通りで」


 そう言いながら気軽にベッドの上に座る理奈に、少しは女子としての自覚を持ってほしいと思ってしまう。

 今まで学校では感じなかった感情に、俺自身が困惑する。

 理奈を家に入れてからというもの、もしかして俺はこいつを女と意識してしまっているのではないか。そんな思いがグルグルと頭の中に回るので、早く一人になっていつも通りに戻りたかった。


「ねえ、明日の朝起こしに行ってあげよっか」

「はあ? 本気かよお前」


 理奈の唐突な提案に狼狽する。冗談じゃない、この状態で朝起こしに来られようものなら益々意識してしまうかもしれない。


「なによ、普通の男子なら喜ぶと思うんですけど」


 文句ある? と言いたげな顔でこちらを見つめてくるが、なぜ文句を言われないと思ったのだろうか。


「俺は寝起きを見られたくないんだけどな」

「女子みたいなこと言うのね。いいから諦めなさい、一回起こしたらもう来ないから!」


 一方的に告げると、理奈は部屋から出て行った。

 返事も聞かないで出て行った幼馴染に、ため息を吐く。

 ああ言うと、理奈はほんとに起こしにくるだろう。あいつの型破りな行動には脱帽せざるを得ない。

 しばらくすると、聡美のふざける声と理奈の叫び声が聞こえてきた。


「うるせえなあ」


 ベッドに身体を預けて天井を見上げる。


 明日理奈が起こしにくる。普通の男子高校生からしたら、結構凄いことなのかもしれない。


「明日は早起きして、あいつに起こされないようにしないと」


 そう呟くと、理奈が玄関から出て行く音がした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます