第4話 仮入部!

 初めて俺が藍田と恋バナをしたのは知り合ってから半年が経った、中学二年の冬だった。


「最近、男子から告白されることが増えて」


 そう相談するような口調で話を持ちかけられた時は、かなり嬉しかった。

相談されるということは、それなりに信頼されている証だと思っていたからだ。


「どれくらい告られたんだ?」

「この一ヶ月で四人かな」


 その尋常ではない数に驚きながらも、どこか納得している自分がいた。

 こんな綺麗な顔立ちをした女子を、他の男子が放っておくはずもない。


「それもね、話したことない人ばかり。なんでかな」

「それは……」


 綺麗だからじゃない? 素直な感想としてはそうだが、とても本人には言えなかった。

きっと藍田は、そんな答えを求めて相談してきたわけじゃない。


「友達とかだったら、嬉しいと思うし考えるんだけど。話したことない人に告白されても、正直どうすればいいのか分からない」


 俺の頭の中に一つの言葉が反芻された。


 ──友達だったら、嬉しいと思うし考えるんだけど。


◇◆◇◆


「陽介、起きなさい!」


 アラームと同じ、いや今日はアラームよりも大きな母の声に、夢を引き剥がされて起こされる。

 二日続けて藍田の夢を見た。

 藍田が気にしていないのだから、こちらも考えても仕方ないと思っていたのに、夢ばかりは防げない。おかげで今日は寝坊をせずに済みそうだ。


 下に降りると、姉である聡美さとみが朝食のパンを頬張っていた。


「おはよ姉貴。今日は大学早いんだな」


俺が話し掛けると、聡美は携帯から視線を外し、こちらを見上げた。


「おはよー。そうなの、言語の授業だから休めなくって」

「出席したら点数貰えるやつだっけ。いいよな大学生は、出席するだけで点数貰えて」


その言葉に、聡美は苦い顔をした。


「あんたも大学生になったら分かるけどね、朝起きるのって大変よ。なんで高校生の時って毎日あんなに早く起きれてたのかしら」

「……俺も大学生になったら同じこと言ってそう」


 聡美は俺と四つ年の離れた大学二年生だ。

 俺と同じで朝に弱い聡美は、休めない授業がある日は母に起こしてもらっている。聡美を起こす母の声でいつもより早く起こされることがあるので、正直勘弁してほしいと思っていた。


「陽介、あんたもう部活決めた?」


 聡美はベーコンエッグにフォークを突き刺しながら唐突に聞いてきた。


「バスケ部かな」と答えると、お見通しという目をされる。

「やっぱりねぇ、絶対そうだと思った」

「なんだよ、別にいいだろ」

「うん、別にいいわ。頑張りなさいな、あんたがバスケ部に入部するってことは私としても嬉しいし。これでOGとして行きやすくなったわ」

「あのなー、部活引退した後にやたら練習に参加してくる先輩って嫌われるぞ」


 嬉しそうにベーコンを頬張る聡美に釘を刺す。

 実際俺は中学時代、練習に参加してはデカい顔をしていくOB達のことが好きではなかった。


「うぐっ……だって仕方ないじゃない、バスケサークルだけじゃ物足りないんだもの」


 聡美は元北高女バスのキャプテンだ。

 全て聡美から聞いた話だが、なんでも聡美の代は黄金世代と言われ、あと一歩で全国大会というところまで勝ち進んだらしい。

適当な性格の姉ではあるが、弟に嘯くような人でないので多分本当なのだろう。


「まあ今年は理奈がいるからな、相手してもらえよ」

「そうね、私もすごい楽しみ。久しぶりに腕が鳴るわ!」


 ワクワクして食べる手が止まっている聡美だったが、母の「聡美、大学遅れるわよ!」という一言にハッと顔を上げる。

「ごめん陽介、朝ごはんあげる!」


 そう言い残し聡美は洗面所に駆けて行った。


「仕方ねえなあ」


 いつも通りの朝ごはんと半分以下になったベーコンエッグを食べてから、俺も学校に向かった。

黄身の掛かったベーコンは、二倍増しで美味しく感じた。


◇◆


 家から出てしばらくすると、タツが前を歩いていることに気付いた。

 周りで歩いている生徒は黒髪や茶髪ばかりなのでタツの金髪は目立っている。主に悪い意味で。


「おっすタツ、おはよ」


 声をかけると、タツも元気に挨拶を返してきた。


「おっす桐生! 桐生はてっきりあの幼馴染と登校してるんだと思ってたぜ」

「学校始まってまだ一日しか一緒に登校してないぞ」

「へー、そんなもんか」

「そんなもんよ」


 幼馴染といっても決して恋人というような関係ではなく、普通の女友達より少し気心の知れる関係というだけだ。

 そのことが周りに伝わるまで、思っていたより時間がかかりそうだった。


「そういやお前、仮入部どこ行ってた?」


 昨日タツに聞いてもはぐらかされた質問を再びする。


「ああ、あれ? 吹奏楽部」

「へー、吹奏楽」


 何となくイメージで運動部しか眼中にないやつだと思っていたから、この答えは予想外だった。

 金髪が吹奏楽で演奏する姿を想像して少しおかしくなる。


「それで、吹奏楽部に入るんだっけ」

 昨日の終学活後、「行きたいところは決まってる」と言ってたことを思い出す。

 ところがタツはかぶりを振った。


「いや、入らない。ありゃダメだ、燃えられない」

「え? 決めたって言ってたのに。なんで?」

「周りとの差が開きすぎてた。ドレミファソラシドしか読めないのに、いきなり長調とかシャープとか言われて逃げ出してきた」


 どうやらタツは音楽の時間で習った程度の予備知識で吹奏楽部に行ったらしい。

 随分無謀なことをするやつだ。


「じゃあ次の部活はどうするんだよ」


 俺の問いにタツは顔を曇らせる。


「正直、これといった部活がなくてさ。俺中学の頃ハンドボール部だったんだけど、北高ってハンド部ないし」

「あーハンドボールか。体育でやったことあるけど、試合運びって結構バスケと似てるよなあのスポーツ」


 ハンドボールはプレイヤーが七人ということや、キーパーのいるゴールにボールを投げ込むという形式で、バスケとは一見全く違ったスポーツに思えるかもしれない。

 だがパス回し、ドリブル、ポジションの取り方などバスケに通じる部分も多くあることを覚えていた。


「タツ、今日バスケ部来ない?」

「え、バスケ? ていうか桐生もう部活決めたんだ」

「まあな、案外楽しい部活だよ。強豪ってわけでもないし、タツも練習すればレギュラーになれると思うぞ」

 タツは「むー」と難しい顔をした後、「マネージャーはいるか?」と聞いてきた。


 下心を感じずにはいられない質問だが、昨日の和気あいあいとした仮入部を経て一緒にバスケをする仲間を欲しくなっていた俺は、素直に答えた。


「いるよ、同じクラスの藍田がそうだ。藍田もマネージャーになること決めたってさ」


 その答えを聞いて明らかに表情が変わったタツに気付かない振りする。とりあえず練習に参加させることが、目下の課題であるからだ。


「悩んだ結果、オッケーです。それではまた仮入部でよろしくね」


 絶対悩んでいないだろうという確信はあったが、口には出さないでおく。

 そんなことより気になることができた。


「そういえばタツって今日日直じゃね?」

「あ」


 昨日名前順を勘違いして俺が日直の日に朝早く登校したタツだったが、あれは担任から仕事として認めてもらえなかったので、今日も再び日直として学校に行かなければならなかったはずだ。

 登校を終えた後、タツが担任に怒られたのは言うまでもない。


◇◆


 終学活が終わった後、俺はタツと一緒に体育館に向かっていた。

 理奈には昼休みに「今日バスケ部行くから、昨日みたいに教室には飛び込んで来るなよ」と釘を刺しておいたので昨日の様に目立つことはなかった。

 体育館は通常男バス、女バス、女バレの部活で半面ずつをローテーションで回していく。

 今日は男バスと女バスが体育館を使う日なので、体育館にはボールの跳ねる音が昨日の倍するはずだ。

 中に入ると一足先にシュート練習をしている理奈がいた。

 バスケ部は練習前、全員が揃うまでは自由練習の時間となっている。

 理奈の練習着姿を見るのは随分久しぶりのことだった。

 半袖半ズボンで、制服姿では見えない部分の白い肌がチラチラと覗く。

 普段はあまり意識しないようにしているが、ふと理奈を女子として意識をしてしまうことがあった。

 別に勝負をしているわけでもないのだが、なんだか理奈に負けたみたいで悔しい気分にさせられる。

 そんなことを考えていると、理奈が駆け寄ってきた。


「陽! それと、横の人は友達?」

「ああ、タツっていうんだ。個性のためにわざわざ金髪にするやつだから、まあ仲良くしてやって」

「へぇ、面白いことするのね……。私香坂理奈です、陽介がお世話になってます。よろしく!」


 理奈はニッコリしながらタツに握手を求める。


「よろしく、桐生くんをお世話しています」


そう言いながらタツは両手で理奈の片手を握りしめた。

 友達になって三日と経たないのに、一体どこで世話になったのか。それにその言い方は色々気持ちが悪い。


「あはは、面白い挨拶。よろしくね!」


 普通なら引いてもおかしくないはずだが、気に留めた様子がないのは流石理奈といったところか。


感心していると横から笛が鳴り、「女バス集合!」と掛け声がした。

「あ、じゃあ私行くね」


 理奈は女バスのコートに戻っていくと、途中で振り返る。


「陽、今日帰り道校門で待っててね」

「え、なんで?」

「なんでって別に、一緒に帰りたいからなんだけど」

「まあいいけどさ」


 返事を聞くと理奈は満足そうに頷く。


「じゃあまた練習後に!」


 そう言うと今度こそ女バスのコートに戻っていった。


「やわらかかった」


 横にいるタツがボソッと呟くのを聞いて、「お前女子の手握ったの初めてなの?」と思わず聞いてしまった。

 タツはムッとしたようにこちらに向き直り、「さすがにそれはねえよ。運動会で女子とフォークダンスしたことあるから」と自慢げに告げてきた。


 世間では、恐らくそういうのを"無い"と分類している。

 タツを生暖かい目で眺めながら、今度は思ったことを心の中に押し留めることに成功した。


◇◆


 練習前にキャプテンから集合がかかる。キャプテンを中心に円を作ると、練習前の挨拶が始まった。


「みんな、今日はうちに来てくれてありがとう! うちの練習日は週四で、外練での走り込みはほとんどなし。一年からボールに触れる機会はたくさんあるから、みんなぜひ入部してくれ! 今から配るのは基本的な練習メニューだから、各自目を通すように」


 マネージャーである藍田から部員に練習メニューが配られる。それを眺めると、思わず目を見張った。

 1on1や3on3、対戦系のメニューやシュート練習のメニューがほとんど。とにかく、ボールに触れないメニューがほとんどない。これでチームのレベルが上がるかはさておき、楽しさの面においては中学時代を凌駕している練習メニューだった。

 バスケの楽しいところしか集めていないようなメニューをこなせば、入部者も集まるに違いない。問題はその仮入部に俺とタツを含め四人しか来ていないことだった。


「おいどういうことだよ、やたら少なくないか?」

「昨日はもう少しいたんだけど。四人じゃ試合もできないな」


 タツの問いに俺自身も残念に思いながら答える。

 そんな会話にキャプテンが入ってきた。


「その分、君たちがレギュラーになれる確率も高くなるからな」

「まじすか!」


 それを聞くと俄然燃えてきたという表情をするタツを先輩たちは気に入ったようだった。


「おう金髪、いい目だ。初心者か? 今日は俺がずっと相手してやるぞ!」と先輩たちに囲まれる。


「よーし、今日も練習始めまーす!」


 そしてどこか気の抜けそうなキャプテンの掛け声と共に、練習が始まった。

 一旦練習が始まると俺は気を引き締め、バスケに集中する。意外だったのはバスケ部全体も練習自体にはかなり集中して取り組むことだった。

 しかし周りとのレベルが違うため、俺は思わず集中を切らし手を休めてタツのプレーを眺めたりしていると、隣の女バスのコートから「こら陽、サボんな!」と理奈のお叱りを受けたりした。


 タツは元ハンドボール部ということだけあって、ドリブルやパスなどは素人のそれより断然上手かった。

 ただ、ハンドボールはボールを持って三歩まで歩いて良し、バスケは二歩までというルールの差異がタツを苦しめているようで、頻繁にトラベリングを繰り返している。

 その度に先輩たちから丁寧に指導をされ、目を輝かすタツを見ていると仮入部に誘った側としても集中しない訳にはいかず、その日の練習は昨日よりも早く感じた。



 練習が終わると、藍田がこちらに歩いてくるのが見えた。モップを掛けながら横目に、マネージャーも後片付けかなと思っていると「桐生くん」と声をかけられる。


「なに?」


 昨日で多少慣れたとはいえ、未だに多少緊張してしまう。


「今日さ、ちょっと仮入部来た人少なかったね」

「まあ、女バスと比べられるのが嫌なんじゃないかな。女バスと男バスってかなりレベル差あるみたいだしさ」


 答えを聞くと藍田は納得したような表情になった。


「そんなものかな、男子って」

「うん、多分だけどね」

「そっか。それにしても、桐生くん昨日より練習集中してたね」

「まあ、タツがあれだけ楽しそうにしてくれたらな。こっちも気合いが入っちゃって」


 緊張している割にサラりと流れていく会話に安心する。

 高嶺の花と呼ばれている藍田だって普通の女子なのだから、まともに喋れることは当たり前なのだが、この一週間まともに男子と話していないところを見ると自分は特別ではないのかという想像してしまう。


「桐生くん、今日一緒に帰らない?」

「え、まあいいよ」


 突然の誘いに思わず二言返事で了承する。


「きまり! じゃあ私着替えてくるね」


 そう言うと藍田はマネージャーの部室に歩いて行った。

 藍田の後ろ姿を見て着替えをしている場面が一瞬頭によぎるが、その妄想を頭を振って追い出す。

 もっと大人の男になりたい。こんなことでいちいち動揺するなんて、なんだかとても格好悪いように思えた。

 部室に戻り「先に帰ってていいよ」とタツに告げるとブーブー文句を言われたが、練習中に可愛がられていた先輩達に連れて行かれた。

 金髪だから先輩ウケは悪いのではないかと密かに危惧していたが、まるで杞憂だったようだ。



 着替えを終え体育館から出ると、春特有の涼しさが練習でかいた汗を冷ましていく。


「お待たせ」

「おす」


 制服姿に変わった藍田はジャージ姿の時よりどこか大人びて見えた。同じ学校指定でも着る人によってこれほど印象の差が生まれるのだから、学校の制服は意外と侮れない。


「まだちょっと寒いね?」


 手を擦りながら温める仕草をしながら笑いかけてくる藍田と目が合うと、こちらも口元が思わず緩んでしまう。


「今日楽しかった?」


 隣で歩きながら、藍田は聞いてくる。


「うん、楽しかった。あの練習メニューだったら飽きずにバスケ続けられそう」

「ふふ、そっか。嬉しいな」

「ん? なんで藍田が嬉しいんだ?」

「あのね、あの練習メニュー考えたの私なんだ」


 まだ仮入部なのに練習メニューを作るなんて、随分信頼されていることに驚く。


「桐生くんって1on1好きだし、ちょっと贔屓して時間多めに取っちゃった」

「そ、そうなんだ。ありがとう」


 自分のことを贔屓してくれていたことはもちろん、1on1が好きというところまで知っていた藍田に俺の気持ちは混乱した。


 藍田にそんなつもりは全くないのだろうが、藍田の言葉には簡単に心が乱される。

 そのことから俺の中で未だに藍田は大きな存在なのだろうということが分かってしまい、思わずため息が出た。


「桐生くん、練習疲れちゃった?」


 少し心配そうにこちらを見上げる藍田に今の気持ちを気付かせまいと、慌てて否定する。


「いや、ほんと寒いなってさ」


 そこまで言うと、本当に寒気がした。ふと校門の方向に目を向けると、腕組みをしながらこちらを眺める女子の人影が見える。

 俺は理奈と先に一緒に帰る約束をしていたことを、すっかり失念していたのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます