第3話 藍田の誘い

 体育館前に出向くと、理奈は女バスの先輩たちに囲まれていた。


「香坂さんの中学って去年全国大会に出場してたよね!?」

「しかも背番号4のエース!」

「すごいよね、うちも県大会は常連だけど、香坂さんが入ってきたらインターハイも夢じゃないかも!」


 女バスの先輩たちは興奮気味に喋り合っている。

 先輩たちの言う通り、理奈の所属していた女バスは去年全国大会に出場した。

 結果は三回戦敗退だが、全国選りすぐりのチームに二回も勝てたことは誇るべき結果だ。


「私なんて、全然です。周りに支えられて、やっとあの全国大会の舞台に立てたんですよ!」


 社交辞令と共に先輩たちへ笑顔を振りまく理奈。

 ラインで『私のおかげ!』と冗談を言っていたのが嘘みたいだ。

 ここは女バスの先輩に絡まれないように理奈ごと通り抜けよう。

 知らない女の先輩たちがはしゃいでいる空間に、俺はあまり入りたくなかった。


「あ、陽介。先輩、これ私の幼馴染なんですけど、こいつも県大会常勝校のスタメンですよ!」


 通り抜けようと身を縮こめていたが、首根っこを掴まれて引っ張り出された。


「俺スタメンじゃねえよ、シックスマン」


 仕方ないので渋々返事をする。


「こだわるわね。スタメンより活躍してたんだからもうスタメンってことでいいじゃない」

「なんだその暴論!」


 俺が反発したが、理奈の言葉を聞いた先輩たちは興奮した面持ちで駆け寄ってきた。


「え、スタメンより活躍するシックスマンってすごいかっこいい!」

「……そ、そすか?」


 先輩たちに囲まれると、まんざらでもない気分になる。そんな俺に、理奈は目敏くつっこみを入れた。


「はいそこ、すぐ鼻の下伸ばさない。じゃあ先輩方、このままだと陽が調子に乗っちゃうんで私たちは行きますね!」

「あらー香坂さんったら、そういうこと? 悪かったわね、彼に近付いちゃって! じゃあ香坂さんまた後で、部室はさっき教えた所だから!」

「はい、ありがとうございます!」


 おい、今先輩が言った「彼」って彼氏の「彼」だと思うんだが。

 気付いてもいないのか、理奈は先輩たちと別れると平気な顔で話題を変える。


「それで陽、今日バスケ部に入るよね? 別に仮入部期間だからって正式に入部できない決まりはないんだし」

「いやちょっと待て。まだ俺、バスケ部に入るって決めてないぞ」

「え、なんで?」


 さも不思議そうにする仕草をしていることから、この幼馴染の中で自分がバスケ部に入部することは既に決定事項になっていたらしいことが分かる。

こいつは昔から、俺の意思を聞かずに話を進めてしまう節がある。

困った幼馴染だ。

 そう思いながら体育館に入ると、男たちの盛り上がった声が聞こえた。


「噂には聞いてるよ、藍田さん! まさかあの高嶺の花がうちにマネージャー志望だなんて……おいお前ら! こりゃ俺たちインターハイに出るっきゃなくなったぞ!」

「おー!」とふざけてはしゃぐ男たち。既に練習着に着替えていることから、あれは学年が上の先輩たちなのだとわかる。

 まだ入学から一週間程度しか経っていないのに、藍田の噂は随分広がっている様だった。


「いえあの、今日は見学しにきただけなので……」

 アハハと笑うと笑う藍田自身も少しぎこちない笑顔だ。


「気になる?」


 いきなり横から首を伸ばしてくる理奈に、思わずたじろぐ。


「え? いや別に、あいつを見てたわけじゃ……」


 そこまで言うとハッと我に返った。


「……一言も藍田さんとは言ってないんだけど?」

「ああいや、うん。俺も藍田を見てたとは言ってない」

「ふーん、まあそういうことにしといてあげる。それで陽、私思ったんだけど」


 理奈はニヤリと笑う。途端に俺はその場から逃げたくなった。理奈がこの顔をする時は、大抵ロクでもないことなのだ。


「やっぱりさ、陽介が迷ってるのって男バスのレベルをまだ知らないからだろうし。今からあの集団の中で一番上手い人呼ぶから、その人と1on1しなよ!」

「は?」

「おーい、先輩方ー!」

「おいばか!」


 俺が止める間も無く理奈が叫ぶ。


「ここにいる陽介くんが、先輩方の中で一番バスケが上手い人と1on1したいそうでーす!」


 本当に呼んでしまった理奈に唖然とする。


「おっけーい、俺行くね! キャプテンだしー!」


 そして想像をはるかに超える軽いノリでキャプテンが駆け寄ってきた。


「俺と1on1したいのは君か? さ、やろうか!」


 だめだ、この人苦手かもしれない。出会って五秒で、俺はキャプテンを苦手な部類だと決めつけた。


「おーいお前! 1on1なんて百年早いぞ、大人しく校庭走っとけ!」


 外野から飛ばされる野次に、息を吐く。

 まあ先輩方からしたら、新入生が開口一番何言ってんだって話だよな。

 キャプテンは後ろに「いきなりなんてこと言うんだ!」と野次を咎めている。

 恨めしい表情を作り理奈の方を見ると、素晴らしい幼馴染はもういなかった。どうやら部室に逃走したらしい。


「なに言ってんだ、お前に言ってんだよキャプテン! 校庭十周しろー!」

「え!? それ俺に向けての言葉だったの!?」

「おーい一年、キャプテンボコボコにしろー!」


 クスクスと笑う藍田が見える。

 どうやら先ほどの野次はキャプテンに向けてのものだったらしい。

 一安心してコートに移動すると、野次を飛ばしていた先輩の一人がボールを投げてくれた。


「キャプテン、もちろんオフェンスは一年だよな?」と言いながら。


 ボールを寄越してくれた先輩にお礼を言うと、ゴールリングの方に向く。

 ゴールリングの下にはキャプテンが既にディフェンスの構えを取っていた。


「よっしゃ、ばっちこい」


 気軽な調子で声を掛けてくれるキャプテンに、「よろしくお願いしますっ」と返しドリブルを開始する。


 ダム、ダム、ダム。

 すると先ほどまで軽口を叩いていた先輩は真剣な眼差しに変わり、周囲も静かになった。

 注目されている。

 久しぶりの感覚に血がフツフツと湧き立つのを感じる。久しぶりのバスケ。久しぶりの1on1。

 ボールが地につくたび手に納まる感覚、ズッシリとしたボールの重量感。

 俺、やっぱりバスケ好きだ。

 そんな思いが身体を駆け巡る。


 唐突にキャプテンの手が伸びた。

 ──スティール?

 伸びた手とは逆方向に身体を回転させる。周りからは「おぉっ」という声が聞こえてきた。

 フェイントもせずにただ躱しただけだが、それでも周りの先輩には声を漏らすほどの技に見えたらしい。

 だがそんなその場しのぎのドリブルで抜けたら苦労は──。

 ところが、前方を見た視線の先には誰もいなかった。

 頭の中にはてなマークが踊る。まさかわざと抜かせて後ろから?

 そう判断するや否や素早く横にステップを踏むが、ディフェンスが詰めてくる気配はない。

 怪訝に感じながらもゴール下のシュートを決め、後ろへ振り返る。


 後ろでキャプテンは尻餅をついていた。

 アンクルブレイク、身体の重心がズレてバランスを崩す現象。普通は素早いフェイントに食らいついていくディフェンスに起こる現象で、さらにかなりの実力差がないと滅多に起こらない現象なのだが、まさか今の攻防で起こるとは。


「いやー、すごい。やるな君!」


 起き上がって呑気に握手を求めてくるキャプテンについ、「キャプテン、本気でしたか?」と聞いてしまった。

 俺の悪い癖だ。後先考えずに思ったことが口をついて出る時がある。

 しかしキャプテンは満面の笑顔だった。


「本気だったって! まじで強いよ君、うちはまだ弱小だから今入ればレギュラーは確実だわ」

「はぁ……どうも」


 キャプテンの言動で悟った。このチームは、結果より楽しさを求めるのだと。俺なら2つも下の後輩にただのドリブルで尻餅をつかされてはこんなヘラヘラできない。

 例えると俺の中学バスケを部活のバスケと言うのなら、このチームは体育のバスケ。


 まあ、いいか。

 元より結果を重視するのならこの高校には来ていない。それに中学時代、レギュラー争いに凌ぎを削り続け合っていたチームに所属していたこともあり、こういった和気藹々とした雰囲気は新鮮に感じた。


「よっしゃー、一年に負けたことだし校庭でも十周すっか。おい、お前らもこい! 連帯責任だぞ!」


 キャプテンの掛け声に見物していた先輩たちは「ふざけんなてめー!」などと再び野次を飛ばしたが、有無を言わさないキャプテンに渋々付いて行った。


 先輩たちが出ていくと、あれだけ騒がしかった体育館がシンと静かになる。今体育館にいるのは俺と藍田のみ。予想外の状況に、思わず身体が強張る。


「桐生くん」

「あ……えと、藍田」

「ナイスプレー、相変わらずキレのある動きだね」

「どうも」


 気軽に話しかけてくる藍田に、少し複雑な気持ちになった。

藍田の中で、半年前のあの屋上のことはなかったことになっているのか。それとも、半年も経っているのにうじうじ考えてる自分がおかしいのだろうか。

 藍田にとってはそれほど重要な出来事じゃないのかと心の中で疑念に思う。

 ──それならそれで、いい。またこうして普通に話せるなら。これから一年間同じクラスなのに、自分だけこんな気持ちを燻らせておくのは嫌だった。


「桐生くん、本気出してた?」

「出したら先輩方に悪いって。あんまり妬まれたくもないし、こりゃ違う部活を考えるかな?」


 中学生のころのノリで冗談を交えた返事をするも、緊張してまともに藍田の目を見れない。


「ふふ、桐生君らしいね」

「だろ」


 かつて俺は、藍田とするこういった日常の会話を、とても気に入っていた。

 誰もが美人と羨む藍田と二人きりの空間を持てるという優越感、他の男子からの視線が気持ち良かった。

 藍田が"高嶺の花"と呼ばれていた中学時代、他校の生徒にも関わらず会うたびに二人で話し込んでいた俺は反感を持たれたのか、試合でよく必要以上にディフェンスマークを厳しくされていたことを思い出す。


「桐生くん」

「ん?」

「バスケ部、入りなよ」

「んー、まぁ……」


 正直、とても迷う。俺にとって部活とはレギュラー争い、そして勝ちを追求していくものだったが、このチームはいささか和気藹々としすぎている。こういった雰囲気は嫌いではないのだが、うまく馴染めるかが不安だった。


「私、桐生くんがいないと嫌」

「え?」


 藍田の突然の発言に耳を疑う。


「桐生くんのプレーが見れなきゃ嫌」

「ああ、うん」


 がっかりしたような、ほっとしたような。


「私、今日ここに来たのって桐生くんが来ると思ってたからなんだよね。ほんとは私、テニス部に入る予定だったの」

「藍田ってテニスやってたんだ」

「やってないよ?」

「おい」

「でもさ、さっき桐生くんのプレー見て、それとこのチームの雰囲気感じて、私ここのマネージャーになりたいなって思った。だからさ」


 藍田は続ける。

 俺は相変わらず藍田の口元を見ながら、なぜ藍田はこんなにも熱心に誘ってくるのだろうと考えていた。


「一緒にこのバスケ部、入ろ?」


 なぜこんなにも自分を誘ってくれるのかは結局検討もつかない。

 だが俺にとって藍田の熱心な誘いは、戸惑うものではあっても、決して嫌なことではなかった。


「……おっけー」

「……そっか!」


 藍田の誘いに応じたのは別に弱小チームをインターハイに導くだとか、そんなスポ根精神からきた理由ではない。

 単純な話、このチームなら退屈はしなさそうだと思ったから。

 加えて、この胸の中で燻っている思いをハッキリさせておきたかった。そんな理由で部活を決めるなんて、自分でもどうかしてると思う。


 気持ちに整理をつけると、いくらか緊張が解ける。

 顔を少し上がると、久しぶりに藍田と目が合った。

吸い込まれるような大きな瞳が、俺を映していた。


「やっと目、見てくれた」


 藍田の微笑みに思わず見惚れる。

 かつて俺の惚れた笑顔が、そこにあった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます