緋色の女

 最初はイラ立っていた、勇者が弱い一面を見せたことに。

 今も思い返すと目の前が赤く染まって、心の内側に荒い波が立つ。

 同時に、分かってもいた。熱くてからい感情を抱いたのは、自業自得だと。


 結局は勝手に幻想を見ただけだった。

 いくら妄想を繰り広げようと、現実は違う。勇者は彼女が思い描いていた者とは異なったのだ。

 今、自分のオーラを嗅ぐと、焦げ臭くてピリッとした匂いを感じるだろう。そう考えると冷静になった。心に生じた感情も薄まっていく。


 巫女は個室の机と向き合って、手紙を書いていた。気持ちの整理をつけるため、もしくは言い残したことを記すために、ペンを動かす。すらすらと紙に浮かぶ文字を消炭色の瞳で追いながら、文章をつむいだ。


 ついに書き終わって、ペンを置く。

 ひと息ついたのもつかの間、彼女は口で笛を吹いた。

 廊下側の窓から小鳥が入ってくる。


「届けてほしい」


 くちばしに手紙を預ける。

 小鳥は背を向けると翼をはばたかせて、部屋から出ていった。

 それを見送った直後、殺気を感じる。肌にしびれが走り、全身の毛が逆立った。


「マジな顔をされても、困りますよ」


 振り向くと、軽い雰囲気の少年が柱にもたれかかっていた。


「手紙を書くなんて珍しいと思ったんで、見てただけですよ」


 巫女は目と眉の間を近づけた顔をする。

 相手ははにかんで、冗談を言うような口ぶりで、問いを投げた。


「ラブレターですか? ハートのシールなんてつけちゃってさ」


 巫女はノーリアクション・ノーコメントを貫く。


「気配遮断など、使えたのか?」


 話題を切り替える。

 少年は口をつぐんだまま、近くまで寄ってきた。


「まあ、まあ。よろしければ、いかがです? 昼食時でしょ?」


 彼の指がカフェのある方角を指す。


「なるほど、分かった。行こう」



 二人は地下に作ってあった飲食店に、足を踏み入れた。


 あたりには香ばしい匂いがただよう。天井についたオレンジの照明が食欲をそそった。一方で壁にあるモニターは曇った空を映しており、高まった気分に水を差す。


 ひとまず、手前の席に腰掛けた。ステーキを頼む。一〇分後にウェイトレスが、皿にのった分厚い肉を届けにきた。


「なんで肉料理なんすか? きらいなんじゃ」


 山盛りのサラダをかき混ぜながら、少年が首をかしげる。


「それは先入観だ。貴様は私のなにを知っている?」


 巫女は肉を切りながら問うた。

 相手はもぐもぐと口とアゴを動かして、ゴックンとサラダを飲みこんだあとに、口を開く。


「戦場に出てましたよね? 肉料理はかつての苦い記憶をあなたに呼び起こすのでは? と感じまして」


 箸でサラダやトマトを串刺しにしながら、彼は口を動かした。


「結局、根拠は無に等しいではないか」


 彼女もフォークで肉を刺す。


「人と獣の肉は別物だ。わきまえている」


 肉を口に含んだ。噛むと肉汁がブワッと口の中に広がる。やわらかな塊は舌の上でふわっと、とろけた。


「ときに、なぜ貴様は私の過去を知っている?」

「魔王から直々に聞いたからです」


 問いと答えのキャッチボールをしつつ、お冷やで舌を切り替える。


「あなたが戦場で上げた功績はウワサ程度にしか残っちゃいないが、痕跡は確かに刻んだ。だけど、断片的にしか情報が集まらないのが現状です。どうかあなたの能力、僕にも見せてくれませんか?」


 少年がテーブルに手をついて、身を乗り出す。彼の瞳はキラキラと輝いていた。

 途端に巫女の眉がぴくんとはね上がる。

 期待のこもった眼差しを浴びながら、彼女は視線を落とした。


「断じて断る」


 ステーキを切り裂く。

 食べ進むにつれて皿の中のステーキが着実に小さくなっていった。


「昔から私はおのれの能力と血を、恨んでいたよ」


 実際に無彩色の一族としての能力は、何度も悲劇を呼び寄せた。


 幼少のころは小さな村で、悪い意味で有名になる。髪や瞳の色が黒と灰であり、特別な能力を持っていたからだ。悪魔の一族の証を身に宿した彼女は呪われた一族だと言って、みなが避ける。子どもらは石を投げて、大人はナイフで彼女を傷つけた。反撃をしようものなら相手は逃げ出して、あっという間に一人になる。


 紀元前一〇年、大人になった彼女は戦いの道具として、戦場に立った。戦争が起きた原因は王権の奪い合いであり、ちょうど古の神が人の世界より消え去った時期と一致する。神秘が薄れつつある世の中で、異能を扱う者は貴重だ。巫女はたくさんの人を殺める。やがて自分自身をも恐れるようになった。


 今、食事を進めるときも幼少のころや戦場での体験は、まぶたの裏に焼きついて離れない。子どもや大人たちの恐怖や蔑みに満ちた目を覚えている。彼らは巫女の正体を知っていた。そう、おのれは周りの者とは違う。完全なる悪であり、悪魔の血を引く一族なのだ。


「ところで」


 少年が口を開く。後ろに彼と同じ背丈のメンバーがすっと近寄って、動きを止めた。入口からも同じ衣をまとった者たちが現れて、二人の周りに集まる。


「あなたの真の目的はなにですか?」

「なぜ問う? 貴様にいかような関係があるのだ?」


 彼は無言を貫いたあと息を吐いてから、神妙な面持ちで尋ねる。


「魔王を倒す……違いますか?」


 残った白米に手をつけながら、巫女は眉と目のすき間を縮めた。


「しかと聞きました。あなたは王家にとっての人質であり、魔王に自ら近づき命を狙う者だと。それでもあなたが大きな顔をしてアジトに出入りしているのは、優秀だからです。魔王がその気になれば、我らはいつでもあなたを殺せる。理解しましたか?」

「なるほど、驚いたぞ。まさか私の正体を知っていたとは」


 空になった器をテーブルに戻す。

 ほかのテーブルでは空席が目立ってきた。各々の席には食事が残っている。スパイスの匂いが強くただよってくる中、少年は切り出した。


「聖辺花純……本名だと聞きました。しかし、それは化粧で塗り固めた表の顔です。裏の顔はなんですか? なにが目的なんです? 場合によっては……」


 彼の瞳が刃のごとき光を放つ。

 巫女の口元には笑みが浮かんだ。


「クッククク……アッハハハハハ」


 液晶に映った雲が晴れていく中、静けさのただようカフェに哄笑が響き渡る。巫女がガタッとイスを鳴らして、大きな口で笑いだしたのだ。


「この期に及んでサプライズだ、まったく。ああ、認めるぞ。私は貴様らの敵である」

「ならば」


 少年は箸をそろえてから、巫女へ視線を向ける。


「始末してもよろしいですね?」


 巫女の周りを同じ格好をした者たちが固める。

 仲間の中心で少年は、目の角を尖らせた。


「僕は魔王を守る。彼女に仇なす輩はたたきつぶします」


 言葉と同時、黒紅色のメンバーが巫女に刃を突きつける。

 なおも敵の渦の中心で、彼女は不敵に笑った。


「なめすぎだ」


 少年が手を上げる。彼に従う形で黒紅色の者たちがいっせいに襲いかかった。


 緋色の女も席を立つ。振り向いて、身をかがめる。手前で構える者に蹴りを入れた。攻撃を受けた相手が体勢を崩す。同時に巫女の頭上を刃が通り抜けていった。瞬間、血の色に染まった玉が、ビーズのように飛び散る。女が攻撃を避けた結果、メンバーは互いに傷つけ合う形となった。狭い範囲の床は血で濡れ、一部のメンバーがバタバタと倒れていく。


「まるでドミノ倒しだ」


 背筋を伸ばして振り向いてから、床に落ちた薙刀を拾う。


「ぐっ……」


 少年が表情が歪めた。


 巫女は武器を振り回す。刃は円を描いた。向かってきた相手をまとめてなぎ倒す。


 たちまち少年は顔から色を失った。震えながら、イスから転げ落ちる。

 実力の差を目の当たりにして、死への恐怖と目の前で荒ぶる鬼神に対する畏怖――二つの要素が混ざり合って、心の中がぐちゃぐちゃになった。


 消炭色の瞳を持った女がテーブルへ迫る。


「待て。待ってください。僕は違う。な、なんだよ、これ。数で押せば勝てるって思ったのに。こんな、はずじゃ……」


 無様に地をはう。

 床に腰をつけながら手を伸ばして、命乞いをした。

 顔が引きつり、頬には透明な汁がこぼれる。


「お前はしょせん悪魔だ。悪魔の血を引く一族だ。いくら勝者になったところで、一生血に染まったままなんだよ。お前がなりたかった者にはなれやしない。お前は一生――」


 最後まで言い終わる前に、少年の首は宙を舞う。傷口から血を垂れ流しながら、床に落ちて、足場を転がった。


 彼を切り裂いた巫女は残りの敵を片づけたあと、廊下へ出る。

 彼女が向かう先には黒紅色の集団が待ち受けていた。


 あえて敵の待つほうへと歩みだす。彼女が一歩踏み出すと、肉体が白い光を放った。

 服を変える途中、心の中で本音を漏らす。


 本当は真っ白な少年に嫌われたくなかったから、飾り立てただけだったと。

 自分を捨てたかった。ほかの誰よりも自分がきらいだった。自分以外の何者かになるために、憧れの人を演じ続けた。


 肉体から漏れる光を抑えようともせずに、足を前へ運ぶ。光はじょじょに一つの形へいたりつつあった。


 過去の記憶が脳内を巡る。いままでは色鮮やかな衣でおのれを飾り、ときには団員になりきるために黒紅色の服にそでを通した。だけど、もはや二つとも要らない。


 頭に真っ白な少年の顔を思い浮かべる。彼とは二度と会う機会はない。ゆえにこそ、彼女はおのれを形作っていた二つの要素を手放した。


 ほどなくして光が収まる。巫女は白い着物をまとっていた。シンプルなデザインでありながら、彼女の魅力を最大限まで引き出している。ちょうど、舞台で見せた姿と同じだった。

 巫女が足を止めると、一列に並んだ敵が刃を向ける。


「裏切り者には死を」

「覚悟してもらおうか」


 メンバーからは血の臭いを感じる。いくら洗ったところで決して落ちず、染み付いてしまった臭いだ。結局はおのれも彼らと同類なのだろう。皮膚がヒリつくような緊張と静けさの中、消炭色の瞳を閉じた。


 黒く染まったまぶたの裏に少年の顔が浮かび、耳の奥では彼の発した言葉が蘇る。


――『素敵な人だったから。僕を騙すくらいには、演じきったから。だからもっと誇ってもいいんですよ。表に出したものがウソだったとしても』


 澄み切った空気の中で、目を開く。


「仮りそめとはいえ私は女優だった。聖辺花純が演じる花咲彩葉を演じた」


 今こそ輝くときがきた。この地に爪痕を残すため、自分の存在を刻みつけるため、なによりもたった一人の少年のために全力を尽くす。そのためにはおのれが忌み嫌った能力も必要だ。

 ほかでもない自分のため、虹色の女優花咲彩葉として――彼女は今、大輪の花を咲かせる。


「スポットライトは譲らない」


 巫女は堂々とした立ち姿で、薙刀を構えた。


 これより彼女は聖辺花純ではなくなる。元より緋色の女は花咲彩葉としての彼女しか、演じられなかった。他人になりきることは不可能だったと、緋色の女は認める。

 目を伏せ、心の中で謝った。



 ごめんね、もうあなたを演じられないや。



 一度、目を閉じる。


 脳裏をよぎったのは、過去の情景。自分自身の心象風景だ。


 昼間はギラギラとした太陽が照りつけ、皮膚を焼く。

 一人の娘が放った炎は敵を焼き払い、ツンとくる臭いがあたりに飛び散った。おまけに大地まで焦がして、彼女が通った後には荒野が広がる。

 地上に黒い煙が上がったころに夕日は沈んで、空を血の色に染めた。



 目を開く。

 今こそ真の能力を解き放つときがきた。

 次の瞬間、白目の中にはめ込んだ消炭色の瞳が、炎のごとき光を放つ。


 瞳孔より生じた色は、瞳の全体まで広がった。

 そして彼女の瞳は鮮やかな緋色を帯びる。その眼光から火花が飛び散った。


「あの目は、カーバンクル……!」


 声が上がった。

 通路がどよめく。


 今、巫女の真の能力が覚醒した。

 宝石に似た瞳が、炎を放つ。灼熱の渦が通路へ広がった。白い床が漆黒に焦げていく。渦は熱気を放ちながら、雪崩のごとき勢いでメンバーを飲み込んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます